Unlimited Affiliateのレビュー

商材名:1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate Ver.1,5」
販売ページ:http://www.unlimited-affiliate.jp/

情報商材のアフィリエイトを入口に、
そこからインターネットを使って商材を販売する、
マーケティング技術を習得しよう、というコンセプトの商材です。

商品の内容とレビュー


上記のような会員サイトが用意されており、
ここで商品をダウンロードしたり、フォーラムを使って質問したりします。
メニューとしては、上記の構成になっています。
以下、それぞれ詳細レビューしていきます。

教材本編


全部で800ページを超える大ボリュームのメインコンコンテンツです。
以下、章ごとに詳細レビューしていきます。

第1章 基礎知識&マインドセット編

基礎知識の部分は、これからアフィリエイトを実践するにあたって、
必要となってくる知識の解説です。
例えば、わからないことは検索サイトで検索しよう、とか、
この商材で用意されているフォーラムの使い方といった内容です。

マインドセットについては、これからアフィリエイトで稼げるようになるためには、
どのようなマインドセットが必要なのか?の解説があります。
特にアフィリエイトの場合、「副業でもできる」というイメージがついているため、
軽く考えがちになってしまうことや、
個人で作業するため上司が管理してくれない、怠けても怒ってくれる人がいない、
という点から、このマインドはかなり重要となってきます。
内容としては良く、しっかりと頭に叩き込んでおくべきです。

第2章 全体構造編

この商材のコンセプトとしては、大きく分類すると、
メインサイトを作成し、そこから収益を上げるトラフィックビジネスと、
リストを集め、メールマガジンを発行することで収益を上げるリストビジネスという、
2つの媒体をうまく絡めながら収益を上げることを目的としています。

媒体としては、メインサイトとメルマガの2つの媒体が主要媒体となりますが、
上記以外にも、主要媒体を支える補助的な役割として、
トラフィックビジネスについては、上位表示させるために無料ブログやサテライトサイトを使い、
リストビジネスについては、リストを抽出するのに裏メルマガを使ったりします。
この他、リストを収集するための無料レポートや、成約を取るためのキラーページも使います。

各々の媒体の詳しい作り方、役割については、次章以降で解説されていますが、
この章では、まずはこれからやる作業の全体像を把握しておこうということで、
各々の媒体の役割について、ざっくりと解説されています。

第3章 ブログ戦略編

メインサイトは、まず各々の情報商材をレビューした上で、
他の商材との比較まで行う、比較レビューサイトを作成します。

メインサイトは、1サイトについて、1ジャンル1テーマで作っていきます。
投資系、稼ぐ系、ダイエット系といったジャンルを選び、
そのジャンルに特化した専門サイトを作ります。
さらにジャンルを決めた後は、ダイエット系ならダイエット食品なのか?
ダイエット方法なのか?といった、テーマまで絞り込んでサイトを作っていきます。
このように、ジャンル、テーマを絞み、訪問者の属性を絞り込むことによって、
成約率の高いサイトを作ることができます。
ジャンル選びにあたっては、稼げるジャンル、稼げないジャンル、
稼げるけどライバルが強いジャンルなど、ジャンルの選び方の解説もあります。

ジャンル、テーマを決めたあとは、具体的なサイトの作り方の解説です。
サイト訪問者の思考、心理に基づきいた、根拠のある作り方の解説になっています。
・検索エンジンからの集客に有利なサイトタイトルの付け方※キーワード選定
・訪問者に直帰されにくいヘッダーの構成の仕方
・成約率の高いトップページの構成の仕方※高評価~低評価一覧の掲載など
・成約率の高いサイト構成※右サイドバー、左サイドバー
・成約率の高いサイト内リンク構造、階層の構成の仕方
・成約率の高い個別記事の書き方

サイト構成については、現状の情報商材アフィリエイトサイトのほとんどが、
このマニュアルで解説されたサイト構成になっています。
おそらく、この商材を実践しているものと思われますが、
それだけ再現性の高い、確立された手法であると言えます。
それらサイトを見て真似することもできるでしょうが、
戦略をわかってやっているか?の部分で、細かなズレが出てくると思います。

サイト作成後は、実際に商材を購入し、レビュー記事を作成していきます。
商材を自分で購入して中身を確認した上でレビューすることにより、
サイトの信頼性が上がり、また独自性のあるレビューを書くことができます。
レビューする商材は、売れやすいものを選ぶわけですが、この選び方の解説もあります。
売れにくい商材を無理してアフィリエイトするよりも、
そもそも的に売れやすい商材をアフィリエイトした方が成約がとれやすいからです。
判断方法としては、一概に売上ランキングだけ見ればいいのか?というと、
そういうわけではありません。
販売者なのかアフィリエイターなのかによって、見るべきところが違います。
また、購入率についても、一概に購入率だけで判断したりはしません。
購入率とは、アクセスに対する成約数の割合なので、
成約しやすい商材でも、無駄にアクセス数が多くなれば購入率は落ちます。
では、現状、販売ページのアクセスとしては、どのようなアクセスがあるのか?
このあたりの情報商材業界の実情を把握した上で、判断されており、
「アフィリエイターにとって」、売れやすい商材を的確に見極めることができます。
このあたりの内容は、とても理論的で、よく考えられているなという印象を受けます。

商材を仕入れた後は、信頼度の高いレビューの書き方、商材の評価の仕方の解説があります。
人間の思考心理に基づた各種原理や法則を使い、
成約率の高い記事を作成する方法が解説されています。
良いと評価した商材については、積極的に販売するわけですが、
売り込みが強く、過度に煽りすぎた記事にならないように、
成約率を高めつつも、信頼度の高いレビュー記事を書くポイントが解説されています。

レビュー記事以外にも、訪問者の役に立つ記事の作成方法も解説されています。
最も重要とするのが、オリジナルコンテンツの充実で、
しっかりとリピーターがつくようなサイトを作ることを目指します。
訪問者の役に立つ記事の作成方法については、
「文章が書けないのは、そのジャンルについての知識が未熟であるから」とか、
「訪問者の役に立つネタは、悩み解決掲示板に書かれた悩み相談を参考に」みたいな、
全ジャンルに共通して言える、訪問者の役に立つ記事を書くためのアドバイスはあるものの、
そこから先の、専門知識を有しての具体的な記事の書き方までは解説はありません。
このような具体的な記事作成については、そのジャンルについての豊富な専門知識が必要であり、
この内容は各ジャンルによって多種多様なので、アンリミでは範囲外となっています。
商材内では、別途専門書籍を買ったりして、選んだジャンルについて、
訪問者の役に立つ情報を提供できるだけの豊富な専門知識をつけるようにアドバイスされています。

ある程度の数の商材をレビューし、比較して順位づけまで行えた段階で、
メインサイトは完成となります。



戦略の部分に関しては、上記のように、人間の思考、心理をうまく考慮して、
良く考えられているなという印象を持ちました。
この、戦略の部分、根本の部分を理解できれば、今回解説された以外の内容についても、
いろいろ応用してコンテンツの作成ができるようになると思います。

第4章 メルマガ戦略編

第2章で作成したメインサイトのみでも収入を得られるコンセプトになっていますが、
そこからさらに収入を伸ばしたい場合は、メルマガも併用します。
メインサイトがある程度形になり、アクセスが集まりだした段階で、
メルマガを発行し、リストビジネスを展開していきます。

メインサイトは、検索結果から流入した訪問者に対してコンテンツを返す、
「待ち」の媒体であるのに対し、メルマガの場合は、こちらが好きな時間に、
相手のメールボックスに情報を送ることができる「攻め」の媒体であり、
リアルタイムの情報を発信したい場合に役に立ちます。
メインサイト、メルマガ、どちらが優れている、とかではなく、
それぞれの特徴を生かし、うまく両者を連動させて運営していきます。

マニュアルの内容としては、まずはメルマガの運用を開始するにあたって、
メルマガ配信方法の種類の解説があります。
まぐまぐなどの無料配信スタンド、アスメルなどの有料配信スタンド、
楽メールなどの独自配信、といった、
各々の配信方法の特徴や長所/短所の解説があり、
これら複数ある配信方法の中から、リストの数や読者との信頼度、
つまり自分のレベルに合わせて取捨選択していきます。
ただ、このあたりの内容は、もう5年も前の情報なので、情報が古いです。
各配信業者のサービス内容も、5年も経てばかなり変わっていると思うので、
最新の情報を各々で別途調査し、実践する必要があると思います。
例えばエキスパートメールは、以前は月額970円のライトと
月額19700円の2プランでしたが、2013年に新サービス開始し、
現在はクラウド、ネクスト、プロの3プランがあります。
サービスが変われば料金プランも変わり、到達率などの状況も変わるでしょう。

メール本文の書き方については、まずは読者との信頼関係を築きます。
信頼を得た後でないと、アフィリエイトしても成約が取れないからです。
信頼関係を築く方法については、いろいろなやり方が解説されていますが、
最重要なのは、「読者の役に立つ情報を発信すること」だと思います。
この部分については、別途、各自で、そのジャンルについて勉強して、
読者の役に立つ情報を発信できるだけの専門知識を身に付ける必要があります。
その後、読者との信頼関係を築けた段階で、アフィリエイトを行います。
この部分の、成約率の高いメルマガを配信する方法については、
人間の思考心理に基づいた内容で、豊富な解説があります。
とくにメルマガの場合は、サイト訪問者が、自身のメールアドレスを登録する、
という行為を行っている時点で、ある程度と信頼関係を築けていると思うので、
あとはこの章で解説されている、販売力のあるライティングを身に付けることで、
大きな収入を得ることができるようになると思います。

この他、メルマガの読者を増やす戦略の解説も豊富です。
読者を増やすための戦略は、いろいろな方法が解説されています。
メイン手法は、無料レポートを作成し、メルぞう等を使ってリストを集めるやり方になります。
無料レポートのつくり方の解説や、作った無料レポートを、
多くの人にダウンロードしてもらうための戦略の解説があります。
いろいろな戦略が解説されていますが、最重要なのは、
他人に紹介したくなるような、質の高いレポートを作ることです。
つまり、ここでも質の高いレポートを作るための専門知識が必須ということです。
アンリミでは、この部分は範囲外なので、各自で別途勉強が必要です。
「まずは無料レポートの質向上に努めてください」とだけ記載してあります。
また他の手法として、読者増サービスについて、
筆者の実体験に基づく各種読者増サービスのレビュー等もあり、
これは読者増サービスを検討している人にとっては、とても参考になる情報だと思います。
またリストロンダリングと呼ばれる、メルぞう、懸賞サービスなどの各種サービスをうまく使い、
質の低いリストを利用して、質の高いリストを獲得する方法なんかは、
独自性、ノウハウ度の高い、高評価できる内容です。

第5章 SEO戦略編

SEOとは、検索エンジン最適化の略称で、GoogleやYahooといった検索サイトで、
任意のキーワードでの検索結果で上位表示をさせる手法の解説です。

このSEOに関しては、Googleは、よりユーザーの役に立つサイトを上位表示させることを目的に、
日々アルゴリズムの更新を行っているため、移り変わりが激しい技術になります。
そしてこの商材が販売されたのが2010年で、今から5年も前のノウハウになるので、
多少情報が古いところがあるため、今は通用しない手法になっている内容もあります。

まずは、そもそもGoogleとは、どういう収益モデルなのか?の解説から始まり、
なぜ、Googleがユーザーの役に立つサイトを上位表示したいのか?の解説があります。
結局は、Googleがユーザーの役に立つサイトを上位表示させるのであれば、
私達も、それに従い、「検索エンジンの目的に沿ったテクニックを使う」
という帰結になっています。

ここまでは、私も全くの動意なのですが、
では、アンリミがどいういうSEO対策をやるのか?というと、
なぜか、自作自演の被リンク対策を行うSEOに走ってしまっています。
前述の、「検索エンジンの目的に沿ったテクニック」とは真逆の、Googleの目を欺く行為です。

パンダアップデートが導入された段階で、マニュアル内にも、
パンダアップデートについての内容が追加されていますが、
「外的SEOを行わないと上位表示できないので、ホワイトハットSEOに加え、
どうしてもブラックハットSEO(自作自演リンクを使うSEO)を施す必要がある」
と記載されています。
だた、これはかなりのリスクを伴います。
というのも、一度ペナルティを受けた場合、ドメイン単位で上位表示できなくなり、
実質的に、そのサイトは使い物にならなくなってしまうからです。
こんなに怖いペナルティを受けるリスクがあるくらいなら、
私だったら、まだ上位表示されない方がマシです。
放っておいたら、いずれ上位表示されるかもしれませんし、
仮に上位表示できなくても、それがマイナスに働くことはありません。
前述の、「検索エンジンの目的に沿ったテクニック」を使う、
という視点で考えると、やるべき事はブラックハットSEOではないと思います。

トレンドアフィリエイトから学ぶ、先見の目を持つことの重要性でも書いていますが、
先見の目を持って、今後の動向を予想しながら進めないと、収入はいつまでたっても安定しません。
googleが目指しているのは、検索ユーザーの役に立つ検索結果を表示させることであり、
この目標に向かって、アルゴリズムを頻繁に更新し、進化し続けています。
自作自演の被リンク対策は、googleの目を欺く行為なので、
この先、被リンク対策が、さらに通用しなくなることは容易に想像できると思います。

そもそも的に、販売ページには、「情報商材」というキーワードで1位、
という実績が掲載されていますが、現在では圏外となっています。

おそらくパンダアップデートかペンギンアップデートが適用されたのだと思いますが、
自分のサイトでない以上、原因ははっきりはわかりません。
(このあたりも、本来であればアンリミ購入者に情報提供してくれてもよさそうですが)
ただ、少なくとも「情報商材」というキーワードで1位ではない、という事実はあります。
つまり、昔は確かに実績のあるテクニックであったが、
それが現時点でも、実績のある確立されたテクニックであるかどうかは、
「情報商材」というキーワードで上位表示できていない以上「わからない」ということです。
わからないテクニックを実践しても、上位表示できるかは、わかりません。

この他、ウェブマスターツールの使い方の解説もありますが、
現在はサーチコンソールに移行しているため、使い方も変わっており、
やはり内容が古いということで、参考になりません。
よって、この章の重要度としては、そんなに高くないと思います。

第6章 成約特化型キラーページ編

成約特化型キラーページとは、情報商材のレターのような、
サイドバーのない、縦に長いペラサイトで、成約させることに特化したサイトです。
サイドバーを取り除くことで、余計な情報を排除し、これにより成約率を上げることができます。
よく情報商材アフィリエイターが作っているので、見たことがある人も多いと思います。

解説されている内容としては、以下2点になります。
・成約率の高いキーワード選定
・成約率の高いキラーページ構成

キーワード選定については、王道の成約率の高いキーワードの他、
上記キーワードはライバルが多いため、ライバルの弱いキーワードを狙う目的で、
商材の内容を元に、その商材を買いやすい人を想像し、
そこから成約率の高いキーワードを見つけ出す手法も解説されています。
これは独自性、ノウハウ度が高く、かなり参考になる情報ではないかと思います。

キラーページ構成については、第3章ブログ戦略編で解説されていた、
人間の思考心理に基づた各種原理や法則を使い、
成約率の高い記事を作成する方法の解説と似た内容ですが、
ページ構成について、もっと具体的に、より細い解説がされています。
前半で選定したキーワードの属性に合わせて、キラーページの構成、内容も変えられており、
とても理論的で、よく考えられているな、という印象を受けました。

第7章 販売戦略編

アフィリエイトを、各ステップに分けて、戦略的に行う方法が解説されています。
まず第1段階として、アフィリエイトを開始する前に、
ターゲットに、そのテーマについて興味を持たせる仕込みを行います。
次に第2段階として、最初のステップで十分に興味を持たせた状態で、
メインサイトとメルマガを使って実際にアフィリエイトを実施し、
また、その成約具合でニーズの把握まで行います。
次に第3段階として、第2段階でニーズがあると判断した場合、
第3段階でキラーページへ誘導し、まだ悩んでいる客層へアプローチします。
次に最終段階では、メインサイトとキラーページを使い、
検索エンジンからのアクセスにより、中長期的に販売行います。
とくに必要な作業はなく、上位表示できてアクセスさえ集まれば、
放置で成約をとることができます。
このあたりの内容も、実に理論的で、よく考えられています。

補足テキスト


タイトルだけ見るとわかると思いますが、
基本的には、どれもネットで検索すればわかる内容なので、
商材としての重要度は低いでしょう。
よって、具体的なレビューも割愛します。

動画講座

・サテライト用HTMLテンプレート使用方法
・WPインストール方法
・WPテンプレート設置方法
上記3つが解説された動画です。
補足テキストと同じ理由で、レビューは割愛します。

テンプレート/ツール

賢威のレビューでも記載していますが、
記事の質が求められる現在において、テンプレートというのは重要度は低いです。
言うまでもありませんが、上位表示できるテンプレートというもの存在しません。

実際に、情報商材アフィリエイトで数百万稼いでいるサイトは、
無料で配布されているテンプレートを使っていたりします。

購入者限定フォーラム


ワードプレスに関する内容から、SEOについてまで、
様々な内容に関する膨大な量のQ&Aがあります。
2015年11月時点で、投稿数は7600となっています。
レスポンスとしても、質問のスレッドが立てられてから、
数時間以内で回答が投稿されています。

ただ、スタンスとしては、「購入者同士の情報交換・教え合いの場」
ということなので、アンリミ講師の方が回答してくれる時もありますが、
アンリミ購入者が回答しているスレッドもあります。
なので、回答の信頼性という意味では、賢威のように、
毎回ちゃんとした知識を持つ講師が答えるフォーラムに比べると、
回答の信頼性は落ちるでしょう。

理論的で、よく考えられている内容

これまでレビューしてきた中で、
よく「理論的で、よく考えられている」という表現を使っています。
どこが、どういうふうに理論的なのか?については、
ネタバレになってしまうので、ざっくりとしか書いていませんが、
キーワード選定方法や、選んだキーワードに合わせた記事作成方法、
商材の販売開始をスタートとし、その状況に合わせた販売戦略立て方など、
全体を通して、理論的で、よく考えられている解説が多いです。

よくありがちな、やり方だけの解説で、
「なぜ、そうするのがいいのか?」の解説がない、
もしくは解説はあっても、「なるほど!」と思えない場合、
「このやり方は、本当に効果があるのか?」というように、
そのやり方を疑いながら、実践することになってしまいますし、
そのやり方を習得するにも、「なぜ、そうするのか?」の部分を理解していないため、
いまいち頭に入ってこないので、習得に時間がかかってしまいます。

しかし、この商材の解説は、理論的で、
解説を見ていて、「なるほど!」と言いたくなるような、
理論的で、とても理にかなっている解説がされています。
よって、「確かに、このやり方ならうまくいきそうだ」みたいな感じで、
実践しながらも、ある程度成功する未来をイメージしながら、
手法を疑うことなく、実践することができますし、
理にかなっている、根拠が明確、やりたいことが根本レベルで理解できることにより、
商材を何度も見返す必要もなく、内容がすんなりと頭に入ってきます。

このあたりの内容は、作者の頭の良さが伺えます。
商材の選び方、サイト構成の仕方、販売戦略の立て方など、
試行錯誤して得られたベストな手法をシェアしてくれている印象を受けます。

やはり試行錯誤して得られた手法というのは、
独自性が高く、情報としてとても価値があります。
数万円出す価値のある商材だと思います。

内容が古く使えないものもあるが、不変的な内容については今でも通用する

この商材は2010年に販売されたものですが、移り変わりの激しいネット業界においては、
情報が古く、今は通用しない手法になっている内容もあります。

人間の思考、心理など、不変的なものごとについての内容は、
今でも有効なので、サイトの作り方、記事の書き方、メルマガの書き方などについては、
今でも十分に使える内容だと思いますし、今後も継続して使えるでしょう。

ただ、メインサイトであればSEO対策だったり、
メールマガジンであれば各種サービスのプランなどは、
移り変わりが激しいため、現在は状況が変わっている可能性があります。

SEO対策が大きく変わったのは言うまでもありませんが、
他にも、例えば商材内では、SEO管理ツールとしてウェブマスターツールの
使い方の解説がありますが、これも今はサーチコンソールという、
新しいツールに変わっています。

あと、無料ブログの役割としては、無料ブログは検索エンジンのロボットが巡回しやすい、
という特徴を利用して、メインサイトのインデックスを早める目的で使用しますが、
現在は、これは使わなくても、上記サーチコンソールにてメインサイトの記事作成後に
URLを登録すれば、作りたてのサイトでも数分でインデックスされます。

このように、人間の心理に関する以外の部分で、
各種サービスだったり、ツールだったりというのは、
5年もあれば、けっこう変わります。


販売ページには、このように記載されていますが、
所詮アップデートであり、上記のような点には対応できていません。
賢威のように、商材丸ごと作り直されているわけではなく、
追加でちょちょっと記載されているだけなので、
商材が古いという点は、デメリットとなるでしょう。

アンリミは、あくまで補助的な位置づけの商材と認識すべき

販売ページを見ていると、アンリミの手法に従って作業すれば稼げる、
アンリミのノウハウのみで稼げる、かのように思えてきますが、
そういうことは一切ないので注意が必要です。

とういもの、確かにパンダアップデート導入前は、
被リンクによるSEO、つまり作業量で上位表示が可能だったため、
アンリミの手法のみで稼ぐこともできたと思います。
しかし、パンダアップデート導入後は、サイトの質、記事の質が求められ、
質の高い記事、独自性の高い記事が書けないと上位表示はできなくなっています。

実際に、各種商材名で検索してみると、この商材が出た2010年あたりにはなかったような、
豊富な専門知識を持った人が書いているであろうブログが上位表示されています。
とくに、稼げるジャンルであるアフィリエイト系やFX系では、この傾向は顕著で、
こんなブログには、単にアンリミを実践しただけでは、勝てるわけがないのです。
もちろん、これらブログは自作自演の被リンク対策など一切行っていません。
完全にコンテンツの質で上位表示しているわけです。
このような質の高い記事を書くには、そのジャンルに関する豊富な専門知識が必要となります。
そして、この部分は、別途、自分で勉強して専門知識をつける必要があります。

また、記事コンテンツだけでなく、無料レポートの作成、メールマガジンの本文、
独自特典の内容などなど、具体的なコンテンツの内容については、
全て自分で、そのジャンルについて勉強し、それによって得た知識を使って作成する必要があり、
この部分はアンリミでは範囲外ということです。

重要度に関して言えば、むしろコンテンツの内容の方が大事だと思います。
記事の質が悪ければ上位表示もできないし、
無料レポートも質が悪ければ、誰も紹介してくれないのでリストが集まりません。
よって、最重要なのは、各々のコンテンツの中身、内容であり、
アンリミは、専門知識があった上で、その知識を使って、うまく質の高い記事を書く方法だったり、
集まったアクセスをうまくお金に変える方法だったりといった、
運営をサポートする、補助的な位置づけの教材と捉える方がしっくりきます。

稼ぐためには膨大な勉強、作業が必要

上述の通り、現在のGoogleは、コンテンツの質を求めているので、
現時点で、専門知識を有していない人にとっては、
そこを習得するところからのスタートになるので、
稼ぐためには、膨大な勉強量、作業量が必要となります。
ここは覚悟して、実践するか?を決めてください。

よく、アンリミテッドアフィリエイトのレビューを見ていると、
「ボリュームが多すぎて、途中で挫折してしまう」
という内容の書き込みがされていますが、
この考え方は、かなり甘すぎると思います。
というのも、アフィリエイトで稼ぐことをゴールとした場合、
アンリミのノウハウをマスターすることは、まだ通過点であり、
他に、そのジャンルに関する専門知識をつける作業もあるからです。
通過点すら挫折しているようでは、いかに甘いかがわかると思います。

ただ、稼げるようになるまでの道のりは果てしなく長いですが、
これを成し遂げて稼げることができると、数十万、数百万という額を稼ぐことも可能です。
実際にインフォトップのアフィリエイターランキングを見るとわかりますが、
1位~100位で数十万~数百万円前後、500位でも数万円の報酬が上がっています。
そしてこれら報酬は、ある程度立ち上がれば、その後は放置でも、その収入は維持できます。
よって、膨大な作業量、勉強量を費やす価値は十分にあると思うので、
その覚悟がある人は、是非挑戦してみてください。
逆に、このような強い覚悟がない人は、おそらく商材を買っても稼げないので、
商材代がもったいないので、購入しない方がいいです。

あと、既に何かしらのジャンルで、豊富な専門知識を持っており、
独自性の高い、質の高い記事を書ける人は、
もうアフィリエイトで稼ぐためのステップの半分以上をクリアしていることになります。
よって、アンリミのノウハウにより、割と早期に稼げるようになると思います。
記事の質をGoogleが求めるようになった今、豊富な専門知識を持っている、
というのは、とても大きなアドバンテージとなります。
是非、情報発信されることをお勧めします。

ブログメルマガで情報商材をアフィリエイトしたい人にはおすすめ

例えば、賢威は、SEO全般の内容で、いわゆる「広く浅く」の商材でした。
この場合、商材の購入者としては、いろいろなジャンルの人がいるので、
細かな内容、具体的な内容まで解説することはできません。

一方で、この商材は、インフォトップの商材をレビューしてアフィリエイトをする、
という感じで、商材のコンセプト、やろうとしていることが明確化されています。
いわゆる「狭く深く」の商材です。

この場合、より具体的で、細かな部分の解説が可能となります。
例えば、「インフォトップの特典付きリンクの作成の仕方」
レベルの解説まであるということです。
よって、ブログメルマガを使ってインフォトップのアフィリエイトをしたい、といった、
属性がぴったり一致する人には、おすすめできる内容です。

「そのジャンルに関する専門知識」の部分を除き、
インフォトップでアフィリエイトするにあたって必要なノウハウは、ある程度揃っています。
※ある程度と書いた理由は、一部情報の古さで使えない内容があるからです。

オリジナル特典“review.jp管理人のアフィリエイト講座”のご紹介

当サイトのリンクを経由して商品をご購入いただいた場合、ご購入特典として、
私のサイト運営ノウハウをまとめた
“review.jp管理人のアフィリエイト講座”をプレゼントさせていただきます。
特典の詳細は、以下ページをご確認ください。
>>“review.jp管理人のアフィリエイト講座”のご案内

オリジナル特典付きで購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください