2018年6月11日トレード解説※ファンダメンタルズ分析の基本セルザファクトとは?

2018年6月12日、シンガポールにて、米朝首脳会談が開催されました。両国の首脳が顔を合わせるのは史上初であり、歴史的な出来事でした。

ほんの1年前までは、トランプは北朝鮮に対し、「先制攻撃を行う」との発言まで行い、いつ戦争になってもおかしくないような状態でしたが、これが首脳会談を行うともなれば、内容はどうであれ、地政学的リスクは、かなり和らぐことになります。

相場としては、これまでミサイル発射が行われるたびに、「有事の円買い」により、ドル円が買われてきましたが、そのリスクが低くなるとなれば、逆に円売りとなり、ドル円は上昇する可能性が高くなります。

5月下旬には、トランプ氏は首脳会談の中止を表明したりしていて、本当に会談が開催されるのか?不明確でしたが、6月9日、10日の時点でシンガポール入りしたことにより、この首脳会議が開催されることがほぼほぼ確定となったため、6月11日の時点で、ドル円を買いたいと思っていました。ちなみに、会談の中止を表明した時には、円買いとなっていたため、やはり会談の開催は円売り材料であることも再確認できています。

以下は、私が友人に送ったLINEになりますが、まずはこちらのLINEを見てみてください。









私が「トランプシンガポール行ったってことはドル円買いでよかとかね?」とLINEした時刻が日本時間6/11の5:12で、MT4だと赤線①になります。

私が「とりあえず買ったばい!会談始まる前まで放置しとこ」とLINEした時刻が日本時間6/11の16:14で、MT4だと赤線②になります。

私が「非核化したとに動かんね」とLINEした時刻が日本時間6/12の17:42で、MT4だと赤線③になります。

基本的に相場は、トレーダーの注文状況によって上げ下げするわけですが、となれば価格は人間の心理が動かしているということになります。

では、今回のパターンなら、いつが、一番多くのトレーダーが買いたいと思うタイミングだと思うでしょうか?

それは、「トランプ大統領がシンガポール入りした時点」ということになります。なぜなら、トランプ大統領がシンガポール入りした時点で、首脳会議が開催されることが、ほぼほぼ確定するからです。

なので、トランプ大統領がシンガポール入りした時点で、ドル円なら買っていいわけです。

しかし、私の友人は、私の「ドル円買いでよかとかね?」という質問に対し、「会談後の内容次第」と答えました。

しかし、トランプ大統領がシンガポール入りした時点で、数日後に会談が開催されることは、そこそこ高い確度で予想が可能であるため、みんな先を見越して既に買っているわけなので、会談の内容が出た後は、もう買いたい人はいないわけです。

セルザファクトとは、「噂で買って事実で売る」という意味になりますが、今回の様に、先の予想がしやすい材料の場合、みんな予想して事前に動くので、セルザファクトになりやすくなります。なので、その前に仕込んでおく必要があります。

逆に、先の予想がしにくい材料の場合は、みんな事前には動けないので、材料が出た後のトレンドフォローでも、間に合う場合が多いです。

毎月トレード成績を定期報告中!!

私は「最初に口座を1つに決めて、その口座のトータル損益を毎月報告する」という、不正が不可能なやり方でトレード実績を公開しています。情報発信する上で、自身が勝てているのか?を明確にすることは、とても重要です。勝てている人しか、勝ち方を教えることはできないからです。情報の信頼度を判断するために、まずは私の実績をご確認ください。
>>管理人のFX月間成績報告へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください