FXスキャルピング革命のレビュー

クロスリテイリング社が、「FXスキャルピング革命」という、
新たな企画が始めていますので、内容をレビューします。

商材名:FXスキャルピング革命
販売ページ:http://scal-revo.s3.amazonaws.com/top/it_pre.html

プロダクトローンチの動画のレビュー

今回のプロジェクトは、販売ページ公開の前に、
5つの動画が配信されていましたので、まずは、この内容をまとめておきます。

プロダクトローンチ動画URL:http://cross-webmedia.com/

【1回目】勝率9割、年間10,000pips、1700人の資産10倍を記録したあの伝説が再び


引用元:http://cross-webmedia.com/

1回目の動画では、FX-Jinさんと金本さんが、
クロスリテイリングの歴史について雑談をしていたら、
FX-Jinさんのシグナル配信の話になり、
FX-Jinさんが、過去にシグナル配信をやっていて、
年間10000pips獲得していたことを話しました。

すると金本さんから「そのトレード手法をロジック化できないか?」という提案があり、
FX-Jinさんの回答は「うちの会社では、きちんと検証をして、
利益がでることを確認してから商材化しているので、
今回の場合も、誰か初心者に試してもらって、利益が上がったら商材化しよう」
ということが決まる、という内容の動画でした。

FX-Jinさんが、過去にシグナル配信をやっていた、というのは、有名な話ですが、
それを裏付ける、口座履歴などの証拠は一切出されていません。
よって、FX-Jinさんの実績は不明である、と認識しておくべきだと思います。

今回の商材は、FX-Jinさんがシグナル配信をやっていた時に使っていた裁量トレードを、
ロジック化したもの、ということのようですが、
ロジック化前の裁量の時点での実績が不明なので、
それをロジック化しても、本当に勝てるのか?は、買ってみないとわからないと思います。

【2回目】FX未経験者がシグナル配信のロジックを手にした結果・・・

2回目の動画では、初心者代表の高橋さんに、
今回の企画の説明と、トレード手法のレクチャーを行う動画でした。

今回のロジックは、「スピードスキャル」と「カウンタースキャル」という、
2つのロジックがあるわけですが、
2回目の動画では、「スピードスキャル」の手法について解説されていました。

手法としては、まず、使うインジケータは1つで(インジケータが何か?は非公開)、
このインジケータが、上昇の勢いが強いことを示している状態で、
直近の高値の上にブレイクしたタイミングで買いエントリーを行う、というものです。
利益確定は、10pips固定で、損切りは、直近安値下抜け。

インジケータについては、「普段はこういう使い方をしない」
と言われている点から推測すると、RSIやストキャスティクスといった、
いわゆるオシレーター系のインジケータであると思われます。
これらは、普段はレンジ相場で使われることが多いため、
これでトレンド判断をすると、「普段とは違う使い方」という表現になるわけです。

引用元:http://cross-webmedia.com/

このエントリータイミングの特徴としては、
黄色の波を1波とすると、波の途中から飛び乗る感じなので、
その後、あまり上昇余地がない可能性が高く、利大を目指せないというデメリットがあります。
一方、直近高値も上抜けているため、状況としては明らかに買い優勢の局面なので、
勝率は高くなる、というのがメリットです。

この対比としてよく用いられているのが、黄色の波の初動を狙う、いわゆる押し目買いで、
これは、波の初動で入るため、エントリー後も上昇余地が残っているため、利大を目指せるし、
また、直近安値下抜けを損切りとすると、損切りが小さい、というメリットがあります。
しかし、押しの部分は短期的には下落の流れになっているため、
下落途中に買うことになるため、勝率は低くなります。

それぞれメリット/デメリットが存在しており一長一短なわけですが、
初心者向けなのは、明らかに前者です。
理由は、前回高値上抜けで買うため、エントリータイミングが明確だからです。

押し目買いは、まだ短期的に下落している段階で買うため、
どこが押し目になって再上昇が始まるのか?の判断には、
ある程度の技術を必要とします。

そういう意味では、今回の商材は初心者向けだと思うので、
実践者の属性にマッチした手法である、ということは言えそうです。

【3回目】トレンドを底から天井までを、かっさらえる新ロジックの誕生!?

3回目の動画は、初心者の高橋さんの提案で、
「トレンドの底から天井までをとりたい」という要望をFX-Jinさんに相談し、
そしてFX-Jinさんがその要望に答えてロジックを作る、というものでした。

これを見て、「今からロジックを作るの?^^;」と思ってしまいました。

スピードスキャルの方は、
FX-Jinさんがシグナル配信をしていた時代に使っていた裁量トレードをロジック化したものであり、
これも言ってみれば直近で作られたロジックではあるのですが、
元々の手法としては、FX-Jinさんが何十年と使ってきたわけなので、
手法の根本の部分は、おそらく何十年も前から確立されており、
直近で、1からロジックを作ったというわけではありません。

しかし、今回のロジックは、初心者の方発信でロジックが作られたわけなので、
1からロジックが作られているわけです。

直近で1からロジックを作っているようでは、
そのロジックの運用実績としては、とても浅いと言わざるをえません。
つまり、その時点で、信頼度が低そうです。
十分な検証や、リアルでの運用も行われていないでしょう。

スピードスキャルのように、長期間、利益を出している手法があり、
練りに練って、満を持して作られたロジックではない、ということです。

この現状を見て思ったのが、
今回のプロジェクトは、手法ありきの商材化なのではなく、
商材を販売するために、手法を作っているのではないか?

つまり、言ってみれば、
稼げる手法があって、それに価値があるから商材化する、というわけではなく、
商材を販売することが、プロジェクトの目標となっているのではないか?
という印象を持ってしまいました。

【4回目】ついにカウンタースキャルの詳細を公開!

スピードスキャルは、トレンドの一部のみを抜く手法でしたが、
カウンタースキャルは、トレンドの底から天井までを全部とるロジックです。

使うインジケーターは2つで(どのインジケーターかは非公開)、
このインジケーターを使い、天井と底を見極めるようです。

引用元:http://cross-webmedia.com/

実際のエントリータイミングは、波の波形で判断するようで、
おそらくエリオット波動でいう3波目で入る感じだと思います。
参考:エリオット波動とは?

【5回目】いよいよプロジェクトの全貌が明らかに!

今回のプロジェクトのコンテンツの説明です。
コンテンツ①基礎からロジックまで徹底解説!
コンテンツ②ステップアップ・応用編
コンテンツ③ロジックの復習、速習編
コンテンツ④メールセミナー
コンテンツ⑤フォロー動画
コンテンツ⑥90日間のメールサポート
コンテンツ⑦会員サイトでのコメントサポート

販売ページを見てのレビュー

ロジックの実績は不明である

プロダクトローンチでの1本目の動画では、
FX-Jinさんが、過去にシグナル配信で利益を出していたことが話されていましたが、
口座履歴等の証拠はないため、FX-Jinさんの実績は不明である、と書いていました。

そして、今回のロジックについても、販売ページに掲載してある実績としては、
以下のような、わずか21回の約定履歴の掲載しかありません。

引用元:http://scal-revo.s3.amazonaws.com/top/it_pre.html

このような後出しの実績は、「たまたま勝てたところを後から選んで、そこだけ出す」
というやり方で、とても簡単に実績を捏造することができるため、
実績の信頼度としては、極めて低いと言えます。
詳しい捏造のやり方は以下で解説しています。
>>「後出し」なら、実績の捏造(ねつぞう)は簡単

実績がよくわからない、ということは、
そのロジックが、安定して勝てることの証明がない、ということです。
なので、このロジックを買っても、安定して勝てるか?は、わからない、
と認識した上で、買うなら購入すべきだと思います。

本当に勝てているのであれば、実績のねつ造が一切できないやり方で、
信頼度の高い実績を公開することができるはずです。
私は、「最初に口座を1つに決めて、その口座のトータル損益を毎月報告する」という、
不正が不可能なやり方で実績を公開しています。
>>管理人のFX月間成績報告

リスクリワードは悪そう


引用元:http://scal-revo.s3.amazonaws.com/top/it_pre.html

販売ページには、上記のように、
勝率が高いことがメリットであるかのように記載されていますが、
勝率は、リスクリワードとセットで考えるべきであり、
勝率を上げたければリスクリワードを悪くすればいいだけの話なので、
勝率が高い、という表現だけに惑わされないことです。

ロジックでのレビューでも書いた通り、
スピードスキャルロジックは、買いの場合は、前回高値上抜けで買うので、
利大が目指せない&損切りを前回安値におくと損切りが大きくなる、ということで、
リスクリワードとしては悪くなる手法です。


販売ページに掲載してある約定履歴から、リスクリワードを計算してみましたが、
やはり利益10pipsに対し、損切りは利幅の2~5倍前後になっていることがわかります。

別に、リスクリワードを悪くして勝率を上げることが悪い、
ということを言いたいわけではありません。

ただ、高勝率は、裏を返せばリスクリワードが悪い、ということであり、
販売ページでは、表の部分ばかり主張され、
それがまるで、このロジックの優れている点であるかのような表現になっていたので、
一応つっこんでおきます。

秒速スキャルFXとの違いは?

今回の商材のカウンタースキャルロジックは、
先月、同じクロスリテイリング社から販売された、
秒速スキャルFXの手法と、とてもよく似ていると思います。
>>秒速スキャルFXのレビュー

トレードスタイルとしては、どちらもスキャルピングで、
トレンドの天井、底を狙うというスタイルも同じです。

なので、カウンタースキャルロジックと秒速スキャルFXでは、
どのような違いがあり、どっちがいいのか?について、考えてみます。

まず、一番の違いとして、カウンタースキャルロジックは、
執行時間足を5分足としてトレードされていましたが、
秒速スキャルFXは、執行時間足が1分足でした。

なので、当然、ポジションの保有時間や、狙うpips数も違うわけですが、
基本的に相場はフラクタルなので、
カウンタースキャルロジックを1分足で使ってもいいと思いますし、
逆に秒速スキャルFXを5分足で使ってもいいと思います。
なので、これ以外で、相違点を考えてみます。


まず、上記は秒速スキャルFXのレビュー記事の画像ですが、
秒速スキャルFXの場合、オシレーター系指標が売られすぎを示した瞬間に、
まさに天井で売りエントリーを行います。


引用元:http://cross-webmedia.com/
一方、上記はカウンタースキャルロジックの解説で使われていた画像ですが、
カウンタースキャルロジックは、この画像の通り、
上昇後、一度下落の波を形成するのを待ってからのエントリーとなります。
つまり、前者のように、完全に天井や底をとるのではなく、
少なからず反転を確認してからのエントリーとなります。

どちらがいいか?ですが、私は後者のタイミングで売る場合がほとんどです。
理由ですが、前者の場合、まだ上昇の流れの中で売るため、
上昇が継続する場合も多く、損切りになりやすいからです。

前者の場合、天井付近で売るため、天井上抜けを損切りとした場合、
損切りが小さいメリットは、確かにあります。

ただ、後者の場合でも、一度下落の波を作った後、
戻りを確認してから売れば、ある程度は天井近くでエントリーでき、
損切りも小さくすることは可能です。


例えば、黄色丸のようなポイントで売れば、
一度下落の波を作った後からの売りであっても、
秒速スキャルでの売りポイントと、そんなに変わらないレートで売ることができますし、
売るレートは同じでも、勝率は圧倒的に黄色丸の方が高いです。

ただ、デメリットとしては、もし戻りがなければ、
エントリーチャンスを逃すことになってしまいます。
現に、上記チャートでも、一度下落の波を作った後、
浅い戻りから再下降が始まっており、十分に戻っていないため、
戻りを待っていると、売りエントリーできていません。

しかし、別にエントリーができなくても、損失を出したわけではないので、
また、エントリーチャンスが来るまで待てばいいだけの話です。
戻りを待つことにより、前者で売った場合とほぼ同じレートで売れて、
尚且つ勝率が上がるのであれば、やはり後者で売るべきだと思います。

やはり、おいしいポイントというのは、早々出るものではないので、
エントリーを厳選する、という意味でも、後者の手法がおすすめです。

なので、FXスキャルピング革命か?秒速スキャルFXか?で考えると、
個人的には、今回のFXスキャルピング革命の方がいいと思います。

当サイトは“本当に勝てる商材”がわかるレビューサイトです
私は「最初に口座を1つに決めて、その口座のトータル損益を毎月報告する」という、後出しによる不正が不可能なやり方でトレード実績を公開しています。FX商材レビューサイトは他にもたくさんありますが、勝てる人でないと、その商材が本当に勝てそうなのか?の判断はできません。本当に勝てる商材を知りたい方は、是非当サイトをご参考ください。
管理人のFX月間成績報告へ レビュー済みFX商材一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください