ニッチプログラムアフィリエイトの特徴と実践にあたってのアドバイス


過去にインフォトップで29,800円で販売されていた、
ニッチプログラムアフィリエイトという情報商材が、数日前から無料で配布されています。
いつもは商材のレビューをしていますが、
今回は無料で配布されているので、既にたくさんの方が入手されていると思うので、
今回は商材を実践される方へのアドバイスという趣旨で進めたいと思います。

そもそも、なぜ無料で配布するのか?

今回、過去にインフォトップで29,800円で販売されていた商材が、
無料で配布されているわけですが、なぜ無料で配布するのか?
疑問に思われている方もいらっしゃるかもしれません。

商材を無料で配布する理由は、メールアドレスを収集するためです。
商材をダウンロードするために、メールアドレスを入力したと思います。
つまり、過去に販売した情報商材が、もうあまり売れなくなってきたので、
それを再利用して、無料で配布してリストを収集しよう、ということです。

集客には、アフィリエイトが使われ、メールアドレスの登録があった時点で、
一件あたり、一般アフィリエイターには500円、VIPアフィリエイターには1000円の
アフィリエイト報酬が支払われます。

つまり、広告費が発生しているわけなので、ここをペイするために、
今後、登録したメールアドレス宛には、何かしらのセールスが行われると思われます。

今回は、サイトアフィリエイトで稼ごうという趣旨の商材ですが、
このあたりの販売戦略にも注目すると、マーケティングの方も勉強することができます。
数回にわたり、メルマガが送付されたあと、セールスが行われると思いますが、
どいういう内容のメルマガを発行して読者の信頼を得て、セールスまで持っていくのか?
このあたりにも注目しておくと、サイトアフィリエイトも学べ、
マーケティングも学べる、一度で二度おいしいのでおすすめです。

参入するジャンルは、アフィリエイトの経験値で判断するべきではない

マニュアル内に、上記のように記載されています。

確かに一昔前の検索エンジンなら、この傾向がありました。
しかし、現在の検索エンジンであれば、
サテライトブログは、むしろペナルティ対象なので、逆効果ですし、
サイトの運営暦も、確かに長いにこしたことはありませんが、その重要度は落ちてきています。
それよりも最重要なのは、独自性の高い、質の高内容の記事です。

つまり、ここをGoogleが見るようになった以上、
アフィリエイトは初心者でも、独自性の高い記事さえ書ければ、
十分に先発組アフィリエイターと勝負ができる、ということが言えます。

つまり、ライバルが強くて稼げるジャンルを選ぶのか?
それとも、あまり稼げないけどライバルが弱いニッチを選ぶのか?は、
アフィリエイトの経験値で判断するのではなく、
参入するジャンルの知識の豊富さで判断すべきだと思います。

例えば、アフィリエイトは初心者でも、株はプロの方もいますよね?
そいういう方は、「自分はアフィリエイトは初心者だから、、、」と言って、
ライバルの弱いニッチを選ぶ必要はなく、
株がプロであれば有益な情報は発信でき、それならライバルが強くても勝てる見込みがあるので、
稼げるジャンルに挑戦すべきだと私は思います。

逆に、とくにどのジャンルについても専門知識をもっていない人は、
ニッチなジャンルに参入すべきでしょう。
アンリミのように、稼げるジャンルにしか参入しない、という手法もありますが、
仮に専門知識がない場合は、アフィリエイトも勉強して、
そのジャンルについての専門知識も勉強して、という感じで、かなり大変です。

ちなみに私は、比較的稼げるジャンル、ライバルも強い、
アフィリエイトと、投資系ジャンルを選びましたが、
これは自分で勝手に、そのジャンルに関する知識があると判断したからです。

結果はどうかというと、例えば数日前に書いた記事は、
「アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」」という商品名キーワードで、
4位に表示されました。
なので、ライバルの強いが、稼げるジャンルを選んで正解だったと思います。

今回の手法で狙う一般名称複合キーワードの特徴やメリット/デメリットについて

ニッチプログラムアフィリエイトでは、キーワード選定としては、
購入意欲の高い、一般名称の複合キーワードを狙います。

一般名称とは、例えば「ダイエット」「株」「FX」「アフィリエイト」
のようなキーワードのことです。
複合キーワードとは「ダイエット 方法」だったり、「アフィリエイト やり方」
みたいなキーワードです。上記のようなキーワードを狙うということです。

この一般名称キーワードを狙う場合、どのような特徴やメリット/デメリットがあるのか。
まずは実践する前に、自分にあった手法なのかを把握しておいてください。
比較のため、まずはその他手法として王道な、商品名キーワードの特徴を書いてみます。

商品名キーワードの特徴です。
まず、ライバルの強さは、時系列で変化します。
販売が開始された瞬間は、最近新しく出てきたキーワードであるため、
誰も記事を書いていないので、かなりライバルの弱いキーワードとなります。
これが、商品名キーワードのメリットとなります。
そして、ある程度時間が経過し、商品名が認知され始めると、
そのキーワードは、ライバルの強いキーワードに進化します。
理由は、キーワードが、商品名1つに集中してしまうため、
商品名キーワードを狙っているアフィリエイターと競合するからです。
よって、販売開始から時間が経ち、商品名が程度認知されるようになると、
商品名キーワードは、全体的にライバルの強いキーワードになりがちです。

次に検索数については、時間が経つに従って減少する、という特徴があります。
例えば、数年前に流行ったビリーズブートキャンプは、
当時は、かなり検索数があったと思いますが、今はほとんどないでしょう。
もちろん、継続的に売れる商品であれば、継続的に検索数もあります。
ただ、商品というのは、日々、より便利なものが開発され続けるので、
昔の商品が継続して何年も売れ続ける、ということは、ほとんどありません。
ということは、アクセスは時間が経つに従って減ってくるので、
その場合、次の新しい記事を作成する必要がある、
つまり、ある程度頻繁に記事の更新が必要となるスタイルです。

これに対し、今回の手法である、一般名称キーワードは、
まず、ライバルの強さは、キーワードによって異なります。
メジャーなキーワードであれば、かなりライバルは強いです。
例えば、「ダイエット 方法」みたいなキーワードは激戦区でしょう。
これに対し、ニッチなキーワードであれば、そんなに強くないです。
例えば、「あがり症 治し方」みたいなキーワードは、比較的弱いです。

あと、前者のように、時系列でライバルの強さや、検索数が変わることはありません。
ライバルの強さは、ほぼ一定の状態で推移します。
検索数も、時間が経過しても変化はなく、ほぼ一定の状態で推移します。
よって、狙ったキーワードで上位表示できれば、今後も継続して検索数が見込めるため、
ほったらかしで、継続して報酬が期待できます。
マニュアル内で、「不労所得を維持」と書いてあるのは、このためです。
これが一般名称キーワードのメリットとなります。

現実的には、メジャーキーワードで上位表示することは、かなり難しいので、
ニッチキーワードを狙うことになるでしょう。
その場合、検索数は少ないので、あまり稼げないというデメリットがあります。
ただ、サイトを量産すれば、このデメリットを解消することもできます。

つまり、ニッチプログラムアフィリエイトの一般名称キーワードを狙う手法のスタイルとしては、
最初に、ある一定量の作業(少額でもいいなら数サイト、たくさん稼ぎたいならサイト量産)
をやって、しばらく頑張ったら、その後は一切作業をしなくても報酬を得たい、
という人向けの手法であると言えます。

一般名称複合キーワードでの記事作成を書く場合の特徴やメリット/デメリットについて

ニッチプログラムアフィリエイトでは、一般名称キーワードを使うので、
当然記事内容も、情報を提供する感じの記事を書くことになります。

例えば、「アフィリエイトで稼ぐ方法」とか、
「野球のバッティングの上達法」みたいな感じです。
この場合、記事を書く、という点においては、どのような特徴があるのでしょうか。
これについても、情報商材アフィリエイトとして王道のレビューサイトと比較してみます。

まず、検索結果の上位表示に関わる最も重要な要素となる、
独自性の高い記事、質の高い記事の書きやすさについては、
レビューサイトの方に優位性があります。

やはり情報商材というと、買ってみるまでは中身がわからないので、
その情報商材を持っているというだけで、他の人よりもアドバンテージがあるため、
レビューサイトというのは、比較的独自性の高い記事を書きやすいです。
極論、こんな内容でした、というかなり手を抜いた記事でも、
その商材を購入しようか迷っている人にとっては有益な情報となります。
ただ、商材を購入しなければならないため、仕入れにお金がかかるというデメリットもあります。

これに対し、情報提供型の記事を書く場合、
上記のようなアドバンテージはなく、みんなが同じ条件下で、情報を提供することになります。
よって、そのジャンルに関する知識が豊富な人であれば、
独自性の高い記事が書けますが、そうでない人は独自性のある記事を書きにくいです。
ほとんどの方が後者に当てはまると思うので、
情報提供型は、比較的独自性の高い記事を書きにくいと言えます。

お金がかかる、というデメリットを無視して考えると、
独自性のある記事の書きやすさという点では、
レビュー型の方に軍配が上がりそうです。

あと、記事を書く時間について、双方で異なります。
まず、レビュー記事の場合、商品の内容を実践しながら記事を書く必要があるため、
記事作成に、かなり時間がかかります。
ここはレビュー型のデメリットと言えるでしょう。

一方で情報提供型の場合、上記作業がない分、
記事作成にそんなに時間はかかりません。

例えば、このレビュー.comでいうと、
トレンドアフィリエイトの特徴、実情について
上記記事は、商品のレビュー記事ではなく、
情報提供を行うための記事となっていますが、
他のレビュー記事に比べ、記事作成にかかった時間は1~2割前後です。
つまり、専門知識さえあれば、筆がすらすら進むわけですね。
よって、あまりアフィリエイトにとれる時間がない、という方は、
情報提供型の方がいいと思います。

自作自演の被リンク対策をやった場合、不労所得にはならない

マニュアル内に上記の通り、自作自演の被リンク対策を行う旨の記載があります。
これを行った場合、ペンギンアップデートにつかまるリスクが極めて高いです。

この自作自演の被リンク対策を行う以上、
うまく上位表示されたとしても、いつペナルティをくらってもおかしくなく、
仮にペナルティをくらった場合は、ドメイン単位で上位表示ができなくなります。
つまり、ニッチプログラムアフィリエイトのコンセプトとしている、
「放置で稼ぐ」という媒体にはなりません。

マニュアル内では、「不労所得」という言葉が出てきますが、
そもそも的に、サイトを作成する手間がかかっている時点で「不労」ではないですよね。
サイトを作成する作業を行っている時点で、「労働所得」なわけです。
ただ、一度サイトを作成してしまえば、その後かなり長い間、放置で稼げる、
サイト作成時間に対して、収入期間が長い場合、
例えばサイトを1日で作成し、その後1年間は放置で報酬が上がる、
これなら、極めて不労所得性が高い、とは言えるかもしれません。
つまり、「不労所得」と言うからには、ある程度長い時間放置で稼げないといけないわけです。

この視点で考えると、自作自演の被リンク対策を行っている以上、
仮に毎月報酬が上がっていたとしても、いつそれがゼロになってもおかしくなく、
サイトを作成し、ペナルティにかかっては、またサイトを作り直し、
ということを繰り返していた場合、それは不労所得ではなく労働所得に近くなります。
つまり、ニッチプログラムアフィリエイトのコンセプトから外れるわけです。
よって、放置で稼ぎたいのであれば、自作自演の被リンク対策は行わないことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください