トレイダーズ証券 古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun-のレビュー

久しぶりに、信頼度の高い実績が掲載された商材が販売されています。
信頼度の高い事績のある商材としては、
デブトレFX、Flash Zone FXと続き、3作目でしょうか。

やはり商材の購入を判断する上で、
信頼度の高い実績があるか?は、とても重要です。
実績がないと、本当に勝てるのか?の保証がないからです。

現状、インフォトップでは、たくさんのFX商材が販売されていますが、
信頼度の高い実績のある商材は、ほとんどありません。

今回の商材は、数少ない、信頼度の高い実績のある商材であり、
数少ない、購入を検討する価値のある商材だと思います。

商材名:トレイダーズ証券 古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun-
販売ページ:http://minnade-fx.com/

ロジックは、おそらくフィボナッチPIVOTからの逆張りか


引用元:http://minnade-fx.com/

今回の商材の手法は、上記販売ページで書かれている通り、
機関投資家は、過去のビッグデータや複雑な数式を使って、
大量にオーダーが入るポイントを抽出しており、
そして、このポイントを見ながらトレードする、という手法のようです。


引用元:http://minnade-fx.com/

上記、販売ページに掲載されたチャートを見ると、
「このポイントを見ながらトレードする」というのは、
具体的には、大量にオーダーが入るポイントを背に、
反転を狙って、逆張りでエントリーする手法のようです。

そして、このポイントがどのようにして算出されるか?ですが、
このチャートを見て、まず思ったのが、
かなりPIVOTに似た描画がされているなーと思いました。

ただ、このチャートに単純なPIVOTを合わせても、ラインが一致しませんでした。

そこで、PIVOTを元に、少しアレンジしたインジがないか?を検索すると、
フィボナッチPIVOTというインジがあることがわかりました。

以下のサイトを参考にさせていただきました。
MT4ファン!~動画でわかるMT4&EA自動売買専門サイト~
>>https://www.mt4fan.net/2015/06/ib_fibozone/

フィボナッチPIVOTは、以下のようにして算出します。
計算には前日(または前週、前期間など)のH=高値、L=安値、C=終値
の3つの値を使い次のような計算式になります。

・レジスタンス4 …P+(H-L)×1.382
・レジスタンス3 …P+(H-L)×1.0
・レジスタンス2 …P+(H-L)×0.618
・レジスタンス1 …P+(H-L)×0.5
・PIVOT(P)… (H+L+C)/3
・サポート1 …P-(H-L)×0.5
・サポート2 …P-(H-L)×0.618
・サポート3 …P-(H-L)×1.0
・サポート4 …P-(H-L)×1.382


では、実際にチャート上の数値を当てはめて、
上図①②③④の期間のポイントを算出してみます。

①のゾーンを算出
8月29日の高値H=102.379
8月29日の安値L=101.825
8月29日の終値C=101.903

レジスタンス4=102.035+(102.379-101.825)×1.382=102.800(青線上側)
レジスタンス3=102.035+(102.379-101.825)×1.0=102.589(青線下側)
レジスタンス2=102.035+(102.379-101.825)×0.618=102.377(水色線上側)
レジスタンス1=102.035+(102.379-101.825)×0.5=102.312(水色線下側)
P=(102.379+101.825+101.903)/3=102.035(白線)

②のゾーンを算出
8月30日の高値H=103.121
8月30日の安値L=101.740
8月30日の終値C=102.936

レジスタンス3=102.599+(103.121-101.740)×1.0=103.980(青線下側)
レジスタンス2=102.599+(103.121-101.740)×0.618=103.452(水色線上側)
レジスタンス1=102.599+(103.121-101.740)×0.5=103.289(水色線下側)
P=(103.121+101.740+102.936)/3=102.599(白線)

③のゾーンを算出
8月31日の高値H=103.518
8月31日の安値L=102.846
8月31日の終値C=103.413

レジスタンス3=103.259+(103.518-102.846)×1.0=103.931(青線下側)
レジスタンス2=103.259+(103.518-102.846)×0.618=103.674(水色線上側)
レジスタンス1=103.259+(103.518-102.846)×0.5=103.595(水色線下側)
P=(103.518+102.846+103.302)/3=103.259(白線)

④のゾーンを算出
9月1日の高値H=103.984
9月1日の安値L=103.046
9月1日の終値C=103.253

レジスタンス2=103.427+(103.984-103.046)×0.618=104.006(水色線上側)
レジスタンス1=103.427+(103.984-103.046)×0.5=103.896(水色線下側)
P=(103.984+103.046+103.253)/3=103.427(白線)

それぞれのゾーンのチャートを、1枚に結合してみます。

販売ページのチャートと見比べてみます。

レジスタンス1とレジスタンス2の間に水色のハッチを入れ、
レジスタンス3とレジスタンス4の間に青色のハッチを入れれば、
ほとんど同じチャートになると思います。

サポートについては、チャート的に、ラインの位置が正しいか?
の確認ができないため、今回はレジスタンスの部分のみ算出しましたが、
サポートについても、上記計算式で算出が可能だと思います。

ただ、私は商材を購入していないので、
本当に、この計算式で算出されているのか?は、わかりませんが、
かなり似た値を算出できているのは事実だと思います。

よって、今回の手法は、フィボナッチPIVOTを背にした逆張りではないか?
と、私は個人的に考えています。

実績は、ある程度信頼度が高そう

今回の商材の販売者、古橋弘光さんは、元トレイダーズ証券出身のディーラーさんのようです。

トレイダーズ証券というと、「みんなのFX」を運営している会社ですね。なので、商材名が「みんなでFX」となっているのだと思います。

販売ページを見ると、以下のような口座履歴の掲載があります。

引用元:http://minnade-fx.com/

2015年9月28日に1500万円を入金され、2016年9月29日の時点で、利益が1548万円となり、口座残高が、3048万円になった、という履歴です。

そもそも、現状販売されているほぼ全ての商材の実績の信頼度が低い理由は、後出しにあります。後出しでよければ、「たまたま勝てたところを後から選んで、そこだけ出す」というやり方で、とても簡単にねつ造ができます。詳しくは以下で書いているので、まずは以下記事を読んでみてください。
>>「後出し」なら、実績の捏造(ねつぞう)は簡単

上記記事で書いている捏造方法がわかった上で、今回の実績がどうなのか?ですが、まず「たまたま勝てたトレードを後から選んで、そこだけ出す」「たまたま勝てた期間を後から選んで、そこだけ出す」という捏造については、トータル損益が出されていることから、この疑惑は完全に否定されます。

次に「複数の口座で平行してトレードし、たまたま勝てた口座を後から選んで、そこだけ出す」という捏造については、この方法による捏造は可能となります。なぜなら、「複数の口座で平行してトレードしていないこと」を証明できないからです。

「複数の口座で平行してトレードしていないこと」を証明するには、私がやっているように、最初に1つ口座番号を出し、その口座の成績を定期的に報告する必要があります。こうすれば、口座が1つに限定されるので、証明できるわけです。
>>管理人のFX月間成績報告

この点を総合して考えると、今回の実績は、トータル損益を出している分、他の商材に比べると、実績の信頼度は高い方だとは思いますが、絶対に不正ができないわけではないので、完全に信用することはできない、と言えます。

今回の商材の販売ページでも、「はっきり言ってその程度のデータであれば、どこからでも引っ張ってれますし、極端な話、一定の期間トレードして成績が良かった日のデータを引っ張ってくれば済む話です。笑」というように、私と同じことが書いてあります。

今回の実績は、トータル損益が出されているので、「成績が良かった日のデータを引っ張ってくる」という捏造はできませんが、複数の口座で平行してトレードすれば、「成績が良かった口座のデータを引っ張ってくる」という捏造は可能となるわけです。

トレードに対する考え方も納得できる


引用元:http://minnade-fx.com/

販売ページには、上記のように、
「個人投資家の動向でチャートは形成されない」
「大口の機関投資家のオーダーによってチャートは強く左右される」
ということが書いてあります。

この考え方には、私も同感であり、
私も、チャートを見て、大口が注文した痕跡をたよりにしてトレードしています。

間違った考え方として、よくありがちなのが、
大衆の逆をつく手法が勝てる手法である、と解説されているもの。
参考:FXにおいて、多数派、少数派を考えることは無意味である

一見すると、もっともであるような考え方に思えますが、
大衆というのは、ポジション量が少ないがゆえに、
販売ページでも書いてあるように、
個人投資家がチャートに与える影響は極めて弱いため、
この逆をとったところで、勝てるわけではありません。

そうではなく、チャートに強く影響を与える大口の動向を見てトレードすべきであり、
今回の商材は、トレードに対する考え方としても、納得ができます。

“機関投資家のみが知り得る秘密の手法”は本当に存在するのか?

これは、Flash Zone FXの教材内での解説を見ても、まったく同じことを思ったのですが、
元ファンド出身の販売者や、元証券会社出身の販売者というのは、共通して、
「ファンドや機関投資家は、一般人が知り得ないような手法、ツールを使い、
トレードして利益を上げている」とうシナリオにしたがります。


引用元:http://minnade-fx.com/

今回の商材でも、上記のような記載がありました。

元SBIキャピタル出身のポールジモンさんのFlash Zone FXという商材では、
「これがファンドのトレード手法です」と言った解説がされていました。
>>勝つ5%のトレーダーになるために必要な意識

しかし、ここで疑問に思うのが、なぜ「ファンドの手法」というように、
ひとくくりにして考えることができるのか?ということです。

もし仮に、全世界で、ファンドが、たった1社しかなく、
そのたった1社のファンドを元に、経済が回っている。
そして、私はそのファンド出身で、ここで使っている手法を教えます。
というのであれば、そのファンドの手法が絶対的に勝てる手法であり、
私も、そのファンド出身の人から、その手法を教えてもらいたいと思います。

でも、現実は、そうではなく、ファンドは全世界に数千と存在しているわけで、
トレード手法も、ファンドにより様々だと思います。
なので、一概に「これがファンドの手法だ」とは、言えないはずですし、
そもそも、共通したファンドの手法というものは、存在していないと思います。

もし仮に、そのような、共通したファンドの手法があるとすれば、
ファンド勢の注文タイミング、注文方向は一致するはずです。
しかし、注文というのは、売る側と買う側の双方がいて初めて成立するため、
片方しかいなくなってしまうと、約定しなくなるでしょう。

そうではなく、様々な思惑、様々な手法により、
ファンド勢が、異なった注文を出し、資金を奪い合うのがFXなわけです。

全世界のファンドが「ただ1つの手法」を使っているわけではなく、
順張りのトレンドフォローでトレードするファンドもあれば、
ポールジモンさんが所属していたSBIキャピタルのように、
逆張りでトレードするファンドもあるでしょう。

なぜ、このようなシナリオにしたがるのか?ですが、
このような情報を提供できるのは、元ファンド出身、元証券会社出身の、
ごく一部の販売者に限られるわけなので、
これにより、その他大勢の販売者に対して差別化ができ、
また、商材の購入率も上がるからだと思います。


引用元:http://minnade-fx.com/

上記のように、「プロの機関投資家の間でしか出回らない情報」を教えます、
と言われると、その商材を、とてもほしくなってしまうと思います。

しかし、現実は、そのようなことはありません。
プロは、「プロだけが知っている秘密の手法」で勝っているわけではありません。
そして自分が勝てないのは、そのような秘密の手法を知らないから、というわけでもない。

>>管理人のFX月間損益報告
事実、上記で毎月のトレード結果を公開している通り、私は安定して勝てていますが、
秘密の手法を使って勝っているわけではなく、使っているのは高値と安値のみです。

上記のような考え方になると、秘密の手法を探しまくる、
つまり商材をどんどん買うノウハウコレクターまっしぐらなので、
このような思考になってはいけません。

勝てないのは、単純に基礎の勉強や検証など、努力が足りないだけだと思います。

“ただ1つの手法”は存在しないが、“ただ1つの要素”は存在する

上記で、「ただ1つの手法」は存在しない、と書きましたが、
その手法の元となる要素については、
ただ1つ、これ、というものが存在しています。
それは、高値安値です。


例えば、上記チャートは、現在のドル円の1時間足ですが、
105.500ちょうどでダブルトップとなり、大きく反転していますが、
この105.500の高値というのは、おそらくほとんどファンドが見ているはずです。
なぜなら、チャートの根本だからです。

なので、「ただ1つの手法」は存在していないわけですが、
「ただ1つのの要素」は存在しているわけなので、
それなら、その要素を使ってトレードするのが、
一番有効性が高い手法に成り得ると思います。

逆に言うと、今回の商材で使うような、
フィボナッチPIVOTをはじめとするマイノリティな要素は、
マイノリティになればなるほど、それを使うファンドは少なくなります。

ということは、本質ではない、まったく無関係の物差しを使って、
相場を分析してしまうことになり、有効性としては落ちます。

なので、個人的には、今回のフィボナッチPIVOTを背に逆張りという手法については、
あまり理にかなったやり方、合理的なやり方ではない、と思っています。

個人的には、誰もが見ているであろう要素、チャートの根本である、
高値安値を使った手法がおすすめです。

購入してみる価値もありそう

基本的に、ほとんどの商材であれば、上記まででレビューを終わるところですが、
今回の商材は、その他商材とは大きく異なる点があります。
それは、信頼度の高い実績がある、ということです。

上記でも書いたように、基本的には、相場の原理原則から考えると、
あまりマイノリティな要素を使う手法は使うべきではないのですが、
ただ、信頼度の高い実績がある、というのは、
そのマイナス要素さえも、軽く払拭できるものだと思っています。

なので、他の商材のレビューを見ていただくとわかると思いますが、
実績のない商材については、いくら内容がよさそうでも、
基本的には、かなり辛口レビューをしています。

理由は、実績がなければ、過去に勝てている保証がないわけなので、
それなら、その商材を買っても、勝てるか?がわからないからです。

しかし、信頼度の高い実績がある、ということは、
過去に、それで勝てているわけなので、その商材を買って、勝てる可能性が高いです。
つまり、購入してみる価値がある、ということです。

今回の商材は、おそらくフィボナッチPIVOTを背に、逆張りでエントリーする手法であり、
手法の核の部分は、おそらく暴いてしまっているわけですが、
ただ、ポイントにタッチした瞬間にエントリーするのか?とか、
利益目標や損切りをどこにおくか?など、
細かい部分までは、商材を買ってみないとわかりません。

そして、収支は、上記で大きく異なるため、
やはり実践するのであれば、教材を買って実践しないと、
販売ページの実績通りのパフォーマンスは得られないと思います。

本来であれば、商材を購入し、検証したいところですが、
私は、既に自分の手法を確立しているので、さらに手法を増やす必要はない点と、
あと、FX商材、アフィリエイト商材の特典作成で忙しいので、
かなり興味のある商材ではありますが、検証は未実施とさせていただきます。

当サイトは“本当に勝てる商材”がわかるレビューサイトです
私は「最初に口座を1つに決めて、その口座のトータル損益を毎月報告する」という、後出しによる不正が不可能なやり方でトレード実績を公開しています。FX商材レビューサイトは他にもたくさんありますが、勝てる人でないと、その商材が本当に勝てそうなのか?の判断はできません。本当に勝てる商材を知りたい方は、是非当サイトをご参考ください。
管理人のFX月間成績報告へ レビュー済みFX商材一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください