skinvill ホットクレンジングジェルの口コミ。毛穴汚れ、角栓の除去効果を検証


※2020年10月29日夜 最終実践検証結果

商品の概要


skinvill公式サイト:https://andhabit.com/shop/skinvill/g/gsv005-skv19001aa/?_ga=2.35531233.1140976455.1604119040-1967507128.1603548720

I-neという会社のskinvillというブランドのクレンジングジェルです。2019年8月にリニューアルされていますが、購入したのはリニューアル後の商品になります。


引用元:https://andhabit.com/shop/skinvill/g/gsv005-skv19001aa/?_ga=2.35531233.1140976455.1604119040-1967507128.1603548720
商品の特徴としては、黒ずみ、角栓、くすみ対策の温感ジェルです。温感機能により、「汚れを優しく落とす」「肌の状態を整えて保つ」効果があるようです。


引用元:https://andhabit.com/shop/skinvill/g/gsv005-skv19001aa/?_ga=2.35531233.1140976455.1604119040-1967507128.1603548720
角栓を除去するメカニズムについては、角栓を吸着して除去する方法や、角栓を溶かして除去する方法など、いろいろな方法がありますが、今回の商品は公式サイトを見ると、「弾力のあるこんにゃくスクラブが汚れに吸着」と書かれているため、角栓を吸着して除去を試みるのだと思います。


引用元:https://andhabit.com/shop/skinvill/g/gsv005-skv19001aa/?_ga=2.35531233.1140976455.1604119040-1967507128.1603548720
販売ページを見ると、私がやっているように、ジェル使用前後の角栓の状態を写真で確認し、効果の検証が行われています。ただ、掲載されているのは使用後の写真だけなので、どれくらいの効果があったのか?わかりにくいです。ただ、他の商品は、このような写真の掲載はなく、試験されているのか?も不明なので、他の商品に比べると期待できそうだったため、購入してみました。

アットコスメの口コミランキングですが、この記事を書いている2020年10月26日現在では、どの部門にもランクインしていませんでした。

商品の使い方


今回の商品の使い方としては、商品の箱を見ると、上記のように書かれています。


ジェルを手のひらに出してみると、このような感じです。


軽く肌に伸ばしてみると、上記のような感じになりました。


クレンジング後、ジェルは上記のようになりました。油分の溶解力が強いジェルは、クレンジング後白く濁ったりしますが、今回の商品は、クレンジング後色の変化はありませんでした。


ジェルの薄い部分は色が薄くなりがちなので、指先の固まり部を確認してみても、やはり色の変化はありません。よって今回の商品の油分の溶解力は弱いようです。今回の商品は、角栓を吸着して除去するという仕組みをとっており、角栓を溶かして除去するわけではないので、この点から考えても、油分の溶解力は弱いことに納得できます。クレンジング後つっぱることもなかったので、敏感肌の方にはおすすめです。

2020年10月25日朝 実践検証結果

本当に角栓が除去できるのか?の実践検証ですが、今回はマイクロスコープで、洗顔前後の角栓の状態を観察することで、角栓が除去できたか?を確認します。


観察する角栓については、特に大きい角栓が目立つ、私が一番気になっている鼻周りの角栓を観察していきます。きれいに並んだA~Jの10個の角栓があるので、これを観察していきます。この角栓は、他の商品の検証でも観察しているので、商品間の比較も可能となっています。





上記は、1列に並んだ角栓群を左端から順に拡大した写真になります。

肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。






上記は洗顔後の写真になります。

まず、根本からすっぽりと、完全に引き抜けた角栓はありませんでした。

形状の変化については、油分を落とす力が強い商品は、クレンジング後角栓が平らになりますが、今回の商品は、クレンジング後でも上に凸の形状が見られ、あまり形状の変化がありません。やはり油分を落とす力は弱いようです。


洗顔後の水分、油分の測定を行ってみましたが、こちらは双方問題ありませんでした。

2020年10月25日夜 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、根本からすっぽりと、完全に引き抜けた角栓はありませんでした。

形状の変化については、洗顔前は上に凸の状態をしていましたが、洗顔後は若干平らになっているように見えます。

2020年10月26日朝 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、根本からすっぽりと、完全に引き抜けた角栓はありませんでした。

形状の変化については、洗顔前は上に凸の状態をしていましたが、洗顔後は若干平らになっているように見えます。

2020年10月26日夜 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、根本からすっぽりと、完全に引き抜けた角栓はありませんでした。

形状の変化については、洗顔前は上に凸の状態をしていましたが、洗顔後は若干平らになっているように見えます。

2020年10月27日朝 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、根本からすっぽりと、完全に引き抜けた角栓はありませんでした。

形状の変化については、洗顔前は上に凸の状態をしていましたが、洗顔後は若干平らになっているように見えます。

2020年10月27日夜 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、根本からすっぽりと、完全に引き抜けた角栓はありませんでした。

形状の変化については、洗顔前は上に凸の状態をしていましたが、洗顔後は若干平らになっているように見えます。

2020年10月28日朝 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、根本からすっぽりと、完全に引き抜けた角栓はありませんでした。

形状の変化については、洗顔前は上に凸の状態をしていましたが、洗顔後は若干平らになっているように見えます。

2020年10月28日夜 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、根本からすっぽりと、完全に引き抜けた角栓はありませんでした。

形状の変化については、洗顔前は上に凸の状態をしていましたが、洗顔後は若干平らになっているように見えます。

2020年10月29日朝 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、根本からすっぽりと、完全に引き抜けた角栓はありませんでした。

形状の変化については、洗顔前は上に凸の状態をしていましたが、洗顔後は若干平らになっているように見えます。

2020年10月29日夜 実践検証結果






上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。






上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、根本からすっぽりと、完全に引き抜けた角栓はありませんでした。

形状の変化については、洗顔前は上に凸の状態をしていましたが、洗顔後は若干平らになっているように見えます。

検証結果の総評

今回の商品の検証結果のまとめですが、まず、今回は10個の角栓の形状を観察しましたが、角栓を引き抜いて、完全に除去することはできませんでした。

形状の変化については、クレンジング後は、角栓が若干薄く、平らになりました。ただ、クレンジングによる除去量よりも角栓の成長スピードの方がわずかに早いようで、角栓は、日に日に、少しずつ大きくなっていっているように見えます。

特に検証後半の28日、29日は、クレンジング前は、角栓は結構な高さに伸びてきているように見えます。また、横方向にも若干大きくなっており、こうなってしまうと肌の見た目的にも悪く、毛穴も広げてしまうため、あまり好ましい状態とは言えません。なので、もう少し油分を除去した方が良いように思います。

このあたりは、毛穴によっても角栓の成長スピード、つまり油分の吐出量が違ってくるようで、D角栓なんかは、ほとんど成長していないので、今回の商品程度の低い溶解力でも、角栓を小さく維持できています。なので角栓差もあるし、もちろん個人差も大きいと思います。

そこまで油分の吐出量が多くない人で、油分の溶解力が低い商品を探している、という人には、おすすめかもしれません。そもそも油分が少なく、乾燥肌に人にも良いでしょう。

商品の評価については、角栓を完全に除去することはできなかったものの、一部除去することはできたため、「角栓除去に小さい効果があった商品」としておこうと思います。

当サイトは“本当に角栓が除去できる商品がわかる”レビューサイトです
当サイトでは、角栓を除去する目的で作られている商品について、本当に角栓が除去できるのか?を検証しています。たくさんの方が「角栓どっかいった」と評価している@cosmeのランキング上位の商品でも、マイクロスコープできちんと確認すれば、実際はそのような効果はない商品がほとんどです。現状、角栓の除去効果を正しく把握できるサイトは私のサイトくらいなので、是非商品選びの参考にしてみてください。
>>角栓除去に効果のあった商品ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください