マナラ モイストウォッシュゲルで毛穴の角栓はとれるか?効果を検証


※2020年5月26日夜 最終実践検証結果

商品の概要


マナラ公式サイト:https://www.manara.jp/display/product/MG002010.html

マナラから出ている、朝専用の洗顔ゲルです。


引用元:https://www.manara.jp/display/product/MG002010.html
商品の特徴としては、洗浄成分がゼロなので、肌を乾燥させない、という特徴があります。泡タイプの洗顔料は、油分を落としすぎるので、乾燥肌の原因になり、乾燥肌はシミ、シワ、毛穴の開きなどの肌トラブルの原因となる。そもそも朝は、それほど肌は汚れていないので、洗浄成分がゼロの美容液を使い、油分を落としすぎないようにしよう、というコンセプトです。

また、カプセル化パパイン酵素が、角質や毛穴の黒ズミを取り除く効果もあるようです。


引用元:https://www.manara.jp/display/product/MG002010.html
また、角栓が気になる方向けのケア法として、毛穴パック洗顔の手法もあります。私は角栓に悩んでいるため、この説明を見て、今回購入してみました。

アットコスメの口コミランキングですが、この記事を書いている2020年5月22日現在では、どの部門にもランクインしていませんでした。

商品の使い方


今回の商品の使い方としては、公式サイトを見ると、上記のように書かれています。

拭き取る方法と、洗い流す方法がありますが、今回はコットンが3つ付属していたので、最初の3回は拭き取る方法を実践し、その後は洗い流す方法を実践しようと思います。


ゲルをコットンに出してみると、上記のような感じです。


顔になじませて、拭き取ると、上記のようになりました。若干黄色くなっているので、汚れが落ちているのかもしれません。

2020年5月22日朝 実践検証結果※モイストウォッシュゲル

本当に角栓が除去できるのか?の実践検証ですが、今回はマイクロスコープで、洗顔前後の角栓の状態を観察することで、角栓が除去できたか?を確認します。


観察する角栓については、特に大きい角栓が目立つ、私が一番気になっている鼻周りの角栓を観察していきます。きれいに並んだA~Jの10個の角栓があるので、これを観察していきます。この角栓は、他の商品の検証でも観察しているので、商品間の比較も可能となっています。





上記は、1列に並んだ角栓群を左端から順に拡大した写真になります。

肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。






上記は洗顔後の写真になります。

まず、根本からすっぽりと、完全に引き抜けた角栓はありませんでした。

形状の変化については、今回は美容液成分が肌に残っているため、肌が光ってしまって、かなり見にくいのですが、洗顔前は上に凸の状態をしていましたが、洗顔後も上に凸の形状を残しているように見え、あまり変化がないように見えます。


洗顔後の水分、油分の測定を行ってみましたが、こちらは双方問題ありませんでした。ただ、油分は44%なので、他の商品と比べると、かなり高めの値にはなっています。

2020年5月22日夜 実践検証結果※ホットクレンジングゲル



今回の商品は、朝専用の洗顔になりますが、付属していたパンフレットを見ると、夜はホットクレンジングゲルを使うように説明されており、ホットクレンジングゲルのサンプルも入っていたため、夜はこれを使い、この検証結果も平行して進めていこうと思います。

ホットクレンジングゲルのレビューについては、既に検証しているため、以下の記事をご覧ください。既に検証済みの商品ですが、旧評価基準でしか検証していなかったので、今回見直し後の評価基準で検証してみます。
>>マナラ ホットクレンジングゲルで毛穴の角栓はとれるか?効果を検証





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

まず、根本からすっぽりと、完全に引き抜けた角栓はありませんでした。

形状の変化については、洗顔後は小さくなっているように見えます。ただ、溶解力が強い洗顔は、角栓がまったいらになりますが、今回の商品は、まだ上に凸の形状を残しているため、溶解力としては、かなり弱めだと思います。

2020年5月23日朝 実践検証結果※モイストウォッシュゲル





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。形状の変化も、あまりありません。

2020年5月23日夜 実践検証結果※ホットクレンジングゲル





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。形状の変化については、若干角栓が小さくなったように見えます。

2020年5月24日朝 実践検証結果※モイストウォッシュゲル





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。形状の変化も、あまりありません。

2020年5月24日夜 実践検証結果※ホットクレンジングゲル※C角栓除去





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

C角栓が、根本からすっぽりと引き抜いて除去できています。

C角栓は、クレンジング前の写真を見ると、一番縦に長く伸びているように見えます。前回検証していたツルリのジェルでは、A角栓を引き抜いて除去できていましたが、この角栓も、やはり一番縦に長く伸びていました。
参考:2020年5月15日夜 実践検証結果※A角栓除去

この結果から、縦に長く伸びている角栓ほど、引き抜きやすい、ということが確実に言えると思います。おそらく縦に長く伸びていれば、摩擦により、角栓を引き抜く方向に力をかけやすいため、引き抜きやすいのだと思います。

2020年5月25日朝 実践検証結果※モイストウォッシュゲル





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。今回から、洗い流す方法での実践になります。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。形状の変化も、あまりありません。

2020年5月25日夜 実践検証結果※ホットクレンジングゲル





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。形状の変化については、若干角栓が小さくなったように見えます。

2020年5月26日朝 実践検証結果※モイストウォッシュゲル





上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。今回は、毛穴パック洗顔の手法を実践してみました。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。形状の変化も、あまりありません。

2020年5月26日夜 実践検証結果※ホットクレンジングゲル






上記は、洗顔前の状態です。肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。






上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。形状の変化については、若干角栓が小さくなったように見えます。

検証結果の総評

今回の商品の検証結果のまとめですが、まず、今回は10個の角栓の形状を観察しましたが、ホットクレンジングゲル使用時に、1つの角栓を、根元から引き抜いて、完全に除去することができました。

形状の変化については、モイストウォッシュゲル、ホットクレンジングゲルの双方で、使用後は、若干角栓が小さくなったかな?という程度の変化がありました。どちらも、角栓を溶かす力としては、かなり弱い方だと思います。なので、角栓が、縦に成長し、その結果、C角栓を引き抜けたのだと思います。

ただ、このような角栓を成長させて引き抜く手法は、抜けた後の毛穴が大きくなるデメリットもあります。今回、C角栓の毛穴は、それほど大きくはありませんでしたが、引き抜けていないその他の角栓は、検証初日に比べると、検証最終日はけっこう大きくなっており、この状態は、おそらく毛穴を広げています。こうなると、いくら角栓は引き抜けても、毛穴が目立ってしまっては綺麗な肌とは言えないので、あまりおすすめはできません。

あと1つ思ったのが、前回ツルリの実践でA角栓を引き抜けていましたが、それから11日経過した現在でも、A角栓は小さい状態を維持しています。なので、角栓を除去する手法としては、角栓を溶かしたり分解して除去する手法や、角栓を引き抜いて除去する手法などがありました、効果の持続性を考えると、やはり引き抜いて除去した方がいいように思います。

商品の評価については、ホットクレンジングゲルについては、角栓を1つ引き抜くことができたため、「角栓除去に小さい効果があった商品」としておこうと思います。

モイストウォッシュゲルについては、こちらは角栓が引き抜けず、さらに形状の変化も、あまりなかったので、「角栓除去に効果がなかった商品」としておこうと思います。

ただ、この商品は、角栓除去効果の他にも、保湿効果も、商品の効果として上げられています。保湿効果については、洗顔後、肌がつっぱることはなかったので、効果を感じられました。なので乾燥肌対策として考えるのであれば、おすすめだと思います。

当サイトは“本当に角栓が除去できる商品がわかる”レビューサイトです
当サイトでは、角栓を除去する目的で作られている商品について、本当に角栓が除去できるのか?を検証しています。たくさんの方が「角栓どっかいった」と評価している@cosmeのランキング上位の商品でも、マイクロスコープできちんと確認すれば、実際はそのような効果はない商品がほとんどです。現状、角栓の除去効果を正しく把握できるサイトは私のサイトくらいなので、是非商品選びの参考にしてみてください。
>>角栓除去に効果のあった商品ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください