skinvill(スキンビル)ホットクレンジングオイルで毛穴の角栓はとれるか?効果を検証


※2019年8月10日夜 最終実践検証結果

商品の概要


skinvill公式サイト:https://skinvill.jp/products/hotcleasinggel-oil.php

skinvillから2019年7月1日に発売された新商品のクレンジングオイルです。

以前にもskinvillから出ている似た商品で、ホットクレンジングジェルという商品はあったのですが、こちらは商品の説明に、「角栓を除去する」という説明はなかったので、検証していませんでした。


今回発売されたホットクレンジングオイルは、商品説明に「skinvill史上最高のクレンジング力で、毛穴の奥に詰まった汚れや頑固な角栓もすっきりクリアに」という説明だったため、検証してみることにしました。

一般的に角栓を除去する方法としては、角栓を溶かして除去する方法と、角栓を引き抜いて根本から完全に除去する方法がとられますが、クレンジングオイルは、基本的にはオイルなので、角栓を溶かす作用はなく、後者の角栓を引き抜いて除去する方法がとられます。

しかし、今回の商品は、酵素を配合しており、酵素はこれまで様々な商品を検証してきた経験上、角栓を溶かす作用もあるため、今回の商品は、クレンジングオイルでありながら、角栓を溶かして除去する方式を採用する、かなり珍しい商品であると言えます。

あと、今回の商品は、特徴として、商品名の「ホットクレンジング」からもわかるように、温感作用もありますが、この作用については、あまり期待していません。というのも、オイル自体の発熱量は高が知れているわけで、それよりも湯船に長時間つかってからクレンジングしたり、蒸しタオルを5分当てた後にクレンジングした方が、肌の温まり方は上だと思います。しかし、これまでそうやってクレンジングしてきたにもかかわらず、角栓は除去できなかったので、肌を温めることで角栓を除去できる可能性は低いと考えています。

アットコスメの口コミランキングですが、この商品は最近販売されたばかりなので、この記事を書いている2019年8月6日現在では、どの部門にもランクインしていません。

今回は、人気商品というよりも、「角栓を除去したい」という私の要望にマッチした商品だったため、検証対象商品としてピックアップしてみました。

2019年8月6日朝 実践検証結果

本当に角栓が除去できるのか?の実践検証ですが、今回はマイクロスコープで、洗顔前/洗顔後の角栓の状態を観察することで、角栓が除去できたか?を確認します。

観察部位については、大きい角栓がたくさん存在している鼻周りの角栓を観察していきます。大きい角栓を除去できれば、その他の部位の、もっと小さい角栓についても除去できているはずなので、肌全体の角栓を除去できると判断できると思います。


洗顔前/洗顔後で同じ角栓を観察しないと変化がわからないので、今回は鼻周りにきれいに1列に並んでいて見つけやすそうな角栓群を見つけたため、これで検証を行っていこうと思います。





上記は、1列に並んだ角栓群を左端から順に拡大した写真になります。

肌状態としては、前日の1日間のみ、水だけで洗顔している状態です。よって角栓は比較的大きめの状態になっています。これまでの検証結果から、角栓は大きいものほど除去しやすいことがわかっています。よって、まずは比較的除去しやすい角栓の除去が可能か?の検証のため、大きめ角栓で検証を行いたいので、前日は水洗顔のみにしています。


今回の商品の使い方としては、ボトルの裏の使用方法の説明に、上記のように書かれています。


オイルを手のひらに出してみると、このような感じです。


クレンジング後はこのような感じで、白くなったりといった性質の変化は、とくにありませんでした。

温感効果については、これまで温感ジェルや温感クリームなど、温感効果のある商品はいくつか使ってみたことはあるのですが、どれも「言われてみれば、ほんのり温かいかな?」という感じだったので、今回の商品も、そんなに温かくなることはないだろうと思っていたのですが、今回の商品は、肌につけた瞬間に、明確に温かみを感じました。

洗顔時間については、とくに制約がなかったため、一般的に正しい洗顔時間の目安とされている1分前後洗顔してみました。

今回の商品は、成分に酵素が入っていますが、以前に酵素洗顔を使って肌が赤くなったりした経験があったため、今回の商品も少し怖かったのですが、洗顔後は、肌が赤くなったり、ヒリヒリするとはなく、洗顔後の肌のつっぱりも一切ありませんでした。






上記は洗顔後の写真になります。

結果、角栓は除去できずに残っていることがわかると思います。

ただ、まったく効果がなかったか?というと、そういうわけではなく、洗顔後は、角栓がかなり小さくなっていることがわかります。角栓を溶かして除去しているようです。

とくにAの角栓は、クレンジング前は、かなり大きく、肌の表面から大きく吐出していましたが、クレンジング後は、肌と同じ表面の高さにまで削られているのがわかります。

これまで検証してきたクレンジングオイルは、角栓が小さくなるといった変化はないものがほとんどでしたが、今回の商品は、酵素が入っているため、これにより角栓と溶かして除去できたのだと思います。


洗顔後の水分、油分の測定を行ってみましたが、こちらは双方問題ありませんでした。

2019年8月6日夜 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。

肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。

今回は洗顔前でも、角栓はそれほど大きくなかったため、洗顔後でもあまり変化はありませんでした。

2019年8月7日朝 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。

肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。

今回は洗顔前でも、角栓はそれほど大きくなかったため、洗顔後でもあまり変化はありませんでした。

2019年8月7日夜 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。

肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。

今回は洗顔前でも、角栓はそれほど大きくなかったため、洗顔後でもあまり変化はありませんでした。

2019年8月8日朝 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。

肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

Jの角栓を、根本から完全に引き抜くことができました。

形状の変化については、今回は洗顔前でも、角栓はそれほど大きくなかったため、洗顔後でもあまり変化はありませんでした。

2019年8月8日夜 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。

肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。

今回は洗顔前でも、角栓はそれほど大きくなかったため、洗顔後でもあまり変化はありませんでした。

2019年8月9日朝 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。

肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。

今回は洗顔前でも、角栓はそれほど大きくなかったため、洗顔後でもあまり変化はありませんでした。

2019年8月9日夜 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。

肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。

Eの角栓が根元から抜けているのがわかります。朝以降洗顔は行っていなかったのですが、最近は猛暑で顔をタオルで拭くことが多かったため、それで抜けたのだと思われます。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。

今回は洗顔前でも、角栓はそれほど大きくなかったため、洗顔後でもあまり変化はありませんでした。

2019年8月10日朝 実践検証結果





上記は、洗顔前の状態です。

肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。

今回は洗顔前でも、角栓はそれほど大きくなかったため、洗顔後でもあまり変化はありませんでした。

2019年8月10日夜 実践検証結果






上記は、洗顔前の状態です。

肌状態としては、朝洗顔後、約10時間が経過している状態です。






上記は、洗顔後の写真になります。

今回も、角栓を完全に除去することはできていません。

今回は洗顔前でも、角栓はそれほど大きくなかったため、洗顔後でもあまり変化はありませんでした。

検証結果の総評

今回の商品の検証結果のまとめですが、まず、今回は10個の角栓の形状を観察しましたが、1つの角栓について、根元から完全に引き抜くことができました。

角栓の形状の変化については、1回目の洗顔では、角栓をかなり小さくすることができました。

2回目以降については、洗顔前の角栓がそれほど大きくなく、毛穴に埋まっている除去しにくい部分のみが残っている状態になるため、洗顔後あまり変化がありませんでした。

しかし、洗顔をしないと角栓はどんどん大きく成長していくわけで、使用を継続すればそれを抑制でき、角栓を小さく状態に維持できるため、使用を継続する意味はあると思います。

他の商品との比較については、他の商品は、1つも角栓を根元から完全に除去できないものが大多数でしたが、今回の商品は1つ除去でき、さらに角栓を小さくすることもできたので、けっこう上位に評価できると思います。

商品の評価としては、10個中1個の角栓を、根元から完全に除去できたということで、「小さな効果が合った商品」としておこうと思います。

当サイトは“本当に角栓が除去できる商品”がわかるレビューサイトです
よく@cosme等の口コミサイトを見ていると、「角栓がなくなった」とコメントしている人が多いですが、私のように、写真のような、角栓が除去できたことを裏付ける証拠を元にコメントしている方は皆無です。現状、角栓の除去効果を正しく把握できるサイトは私のサイトくらいなので、是非商品選びの参考にしてみてください。
>>角栓除去に効果のあった商品ランキング

2 件のコメント

  • すごい…!
    私は今高校二年生なのですが、小学校6年生くらいから角栓のつまり、毛穴の黒ずみ、所謂いちご鼻で悩んでいて、今では遠くから見ても鼻の黒いのがわかるような酷い状態です
    でもこちらのブログを参考にしてこれからもケア頑張ろうと思います!ありがとうございます!!(;_;)

    • コメントありがとうございます。検証結果からもわかるように、きちんとケアを行えば角栓は確実に小さくなりますので頑張ってください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。