毛穴撫子 しっとりピーリングで毛穴の角栓はとれるか?効果を検証


※2019年5月18日朝 最終実践検証結果

商品の概要


石澤研究所公式サイト:https://www.ishizawa-lab.co.jp/keana/peeling.html


角栓を落とすメカニズムの解説としては、公式サイトに、上記のような解説があります。

成分としては、重曹(※1)とナデシコエキス(※2)を上げられており、下の方を見ると、※1については洗浄成分で、※2については整肌成分と書かています。

なので、角栓除去の効果がある成分としては「洗浄成分」という説明がある重曹になるのですが、この成分については、これまで他の商品でも使われており、あまり効果がなかったので期待していません。
参考:毛穴撫子 重曹泡洗顔で毛穴の角栓はとれるか?効果を検証

なので、今回は重曹ではなく、ピーリングの成分に角栓除去の効果を期待したいところなのですが、商品説明には、ピーリングについては記載されていないため、少し疑問に思いました。

ピーリングというと、酸を使って行うわけですが、酸の種類により、グリコール酸やサリチル酸、フルーツ酸などいろいろあり、さらに酸の濃度も様々で、濃度が濃ければ肌の皮を剥ぐ作用が強く、濃度が薄ければ弱いという判断もできます。商品名にピーリングとつける以上は、もう少しここの成分について説明してほしいところです。


商品裏には全成分が書いてあり、全成分は、水、グリセリン、ジグリセリン、クロスポリマー、セトリモニウムクロリド、炭酸水素Na、カワラナデシコ種子エキス、ヒアルロン酸Na、エチルヘキシルグリセリン、プロパンジオール、トリエチルヘキサノイン、ラウロイルサルコシンイソプロピル、エタノール、赤102となっていますが、特にピーリングで使われそうな成分は記載されていないため、本当にピーリング作用があるのか?疑問に思いました。

アットコスメの口コミランキングですが、この記事を書いている2019年5月14日現在では、どの部門にもランクインしていませんでした。

今回は売れ筋商品というより、角栓除去に特化した商品であり、私の角栓除去の要望にマッチした商品だったため、検証対象の商品としてピックアップしてみました。

2019年5月14日朝 実践検証結果

本当に角栓が除去できるのか?の実践検証ですが、今回はマイクロスコープで、洗顔前/洗顔後の角栓の状態を観察することで、角栓が除去できたか?を確認します。

観察部位については、大きい角栓がたくさん存在している鼻周りの角栓を観察していきます。大きい角栓を除去できれば、その他の部位の、もっと小さい角栓についても除去できているはずなので、肌全体の角栓を除去できると判断できると思います。


洗顔前/洗顔後で同じ角栓を観察しないと変化がわからないので、今回は鼻周りにきれいに1列に並んでいて見つけやすそうな角栓群を見つけたため、これで検証を行っていこうと思います。





上記は、1列に並んだ角栓群を左端から順に拡大した写真になります。

肌状態としては、前日の1日間のみ、水だけで洗顔している状態です。よって角栓は比較的大きめの状態になっています。これまでの検証結果から、角栓は大きいものほど除去しやすいことがわかっています。よって、まずは比較的除去しやすい角栓の除去が可能か?の検証のため、大きめ角栓で検証を行いたいので、前日は水洗顔のみにしています。


今回の商品の使い方としては、パッケージの裏に、上記のように書いてあります。


クリームを手に出してみると、このような感じです。


マッサージしていると、説明にある通り、ポロポロとカスのようなものが出てきました。

マッサージ時間は、特に制約が書かれていなかったため、1分前後使用してみました。

ピーリングとなっているため、刺激が強い可能性も考えていましたが、「ピリピリ痛む」「赤くなった」といった症状は、ありませんでした。






上記は、洗顔後の写真になります。

結果、角栓は除去できずに残っていることがわかると思います。

ただ、まったく効果がなかったか?というと、そういうわけではなく、洗顔前は、明らかに上に凸の形状をしていましたが、洗顔後は表面が剥離され、ゴツゴツした形状になっていることがわかります。表面の一部を除去できているようです。

ただ、今回の商品は、1つ欠点として、「週に2~3回しか使えない」という条件があります。おそらくピーリングなので、肌の皮を剥ぐわけなので、肌への刺激が強いため、このような制約がつけられているのだと思います。

仮に今回の商品が、1日2回、朝晩使用できるのであれば、1回の使用で角栓を少ししか除去できなかったとしても、継続して使用することで角栓を徐々に小さくしていき、最終的に角栓を完全に除去できる可能性もあります。

しかし、2日1回しか使えないとなると、角栓は1日あれば大きく成長してしまうため、上記のように「使用を継続することで角栓を完全に除去する」ということも難しいように思います。


洗顔後の水分、油分の測定を行ってみましたが、こちらは双方問題ありませんでした。

2019年5月16日朝 実践検証結果






上記は、洗顔前の写真になります。

前日夜、スキンライフ薬用洗顔フォームで洗顔後、約10時間が経過している状態です。






上記は、洗顔後の写真になります。

まず、洗顔前の状態ですが、14日朝の洗顔後と16日朝の洗顔前の状態を比較すると、16日朝の洗顔前の状態の方が、明らかに角栓が大きいことがわかると思います。1日おいたことで角栓が成長してしまっているわけです。なので、2日に1回しか使えないと、この商品単体の力だけで、角栓を小さく維持することは、けっこう難しいです。

もちろん、これは1日おいた時に、つまり15日に、どのような洗顔を使うか?でも大きく左右されます。15日に、ある程度角栓を小さくできる洗顔を使えば、角栓を小さく維持することは可能だと思います。つまり、「他の商品の効果に大きく左右される」ということです。

洗顔後は表面が剥離され、ゴツゴツした形状になっていることがわかります。表面の一部を除去できているようです。

2019年5月18日朝 実践検証結果






上記は、洗顔前の写真になります。

前日夜、スキンライフ薬用洗顔フォームで洗顔後、約10時間が経過している状態です。






上記は、洗顔後の写真になります。

洗顔後の2枚目の写真を見ると、角栓をけっこう小さくできていることがわかります。1回の洗顔でこれだけ除去できれば、除去量としては、他の商品と比べると、けっこう優れている方だと思います。

検証結果の総評

まとめとしては、16日に書いた内容が全てのような気がします。

つまり、まず1つ言えることが、「この商品単体の力だけで、角栓を完全に除去したり、角栓を小さく維持することは難しい」ということです。なぜなら、1回の使用で角栓を完全に除去できないし、1回の使用で角栓を多少小さくはできるが、2日に1回しか使えないからです。

ただ、1回の使用で角栓を多少小さくすることはできるので、この商品を使えない日に、角栓を小さくできる他の洗顔を使えば、角栓を小さく維持することはできると思います。

ただ、そのような他の洗顔があれば、それを毎日使えばいいだけの話なので、今回の商品を購入して使う意味は、あまりないような気がします。

当サイトは“本当に角栓が除去できる商品”がわかるレビューサイトです
よく@cosme等の口コミサイトを見ていると、「角栓がなくなった」とコメントしている人が多いですが、私のように、写真のような、角栓が除去できたことを裏付ける証拠を元にコメントしている方は皆無です。現状、角栓の除去効果を正しく把握できるサイトは私のサイトくらいなので、是非商品選びの参考にしてみてください。
>>角栓除去に効果のあった商品ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。