毛穴撫子 重曹泡洗顔の毛穴汚れ、角栓の除去効果を検証


※2019年4月28日夜 最終実践検証結果

商品の概要


石澤研究所公式サイト:https://www.ishizawa-lab.co.jp/keana/awa.html


引用元:https://www.ishizawa-lab.co.jp/keana/awa.html
角栓を落とすメカニズムの解説としては、公式サイトに、上記のような解説があります。

こちらの画像は、以前に検証した毛穴撫子 重曹スクラブ洗顔と同じ画像なので、基本的なコンセプトとしては、重曹スクラブ洗顔とほとんど同じだと思います。
>>毛穴撫子 重曹スクラブ洗顔で毛穴の角栓はとれるか?効果を検証

重曹スクラブ洗顔については、上記検証結果を見ていただければわかる通り、角栓除去効果については、角栓を肌の表面までは除去することができましたが、それ以上の毛穴の内部に詰まった角栓までは除去できず、結果的に角栓を完全に除去することはできていませんでした。

今回の商品も、基本的なコンセプトは同じなので、おそらく角栓を完全に除去することはできないと思います。

角栓を完全に除去できないのに、なぜ今回検証してみようと思ったか?というと、今回メインで考えているのが、毛穴撫子小鼻つるりんクリームパックという商品の検証です。

この商品は、洗顔後に使うものになるのですが、基本的に洗顔とセットで使う商品は、洗顔で結果が変わってしまわないように、できるだけ王道のものを使うということで、スキンライフ薬用洗顔フォームを使っていましたが、今回は、ちょうど同じメーカーから洗顔も出ていることだし、これを使って検証すれば、少なからず情報量が増えると思ったため、今回使ってみることにしました。

アットコスメの口コミランキングですが、この記事を書いている2019年4月26日現在では、どの部門にもランクインしていませんでした。

2019年4月26日朝 実践検証結果

本当に角栓が除去できるのか?の実践検証ですが、今回はマイクロスコープで、洗顔前/洗顔後の角栓の状態を観察することで、角栓が除去できたか?を確認します。


観察する角栓については、特に大きい角栓が目立つ、私が一番気になっている鼻周りの角栓を観察していきます。きれいに並んだ10個の角栓があるので、これを観察していきます。この角栓は、他の商品の検証でも観察しているので、商品間の比較も可能となっています。





上記は、1列に並んだ角栓群を左端から順に拡大した写真になります。

肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。


今回の商品の使い方としては、パッケージの裏に、上記のように書いてあります。


クリームを手に出してみると、このような感じです。


泡立てについては、少し水を加えて指で混ぜてみても、上記の通りで、ぜんぜん泡立ちませんでした。


泡立てネットを使うと、上記の通り、モコモコの泡ができました。

泡の性質については、今回、洗顔料の量をどれくらい使うのか?の説明が、「適量を手に取り」という、かなりざっくりとした説明なので、どの程度使うか?によって性質は変わってくると思います。多めに使えば、弾力のあるしっかりとした泡になるでしょうし、少な目なら水分が多めのシャバシャバの泡になるでしょう。

洗顔時間は、特に制約がなかったため、一般的に正しい洗顔時間の目安とされている1分前後洗顔しました。

「ピリピリ痛む」「赤くなった」といった症状は、ありませんでした。





上記は、洗顔後の写真になります。

洗顔前は、明らかに上に凸の形状をしていましたが、洗顔後は表面が剥離され、ゴツゴツした形状になっていることがわかります。表面の一部を除去できているようです。

角栓を完全に除去することはできないながらも、わずかな効果はあるように思います。


洗顔後の水分、油分の測定を行ってみましたが、こちらは双方問題ありませんでした。

あと今回は、洗顔後に使用する毛穴撫子小鼻つるりんクリームパックの検証も平行して進めており、この後パックを行いました。検証結果は以下で公開しています。
>>毛穴撫子 小鼻つるりんクリームパックで毛穴の角栓はとれるか?効果を検証

2019年4月26日夜 実践検証結果





上記は、洗顔前の写真になります。

4月26日朝、今回の商品で洗顔し、その後毛穴撫子 小鼻つるりんクリームパックを使用し、その後約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

朝は、角栓の表面の一部を多少除去できていましたが、今回は、洗顔前後でほとんど変化がありませんでした。

今回は、朝の洗顔で、上に凸の部分を落とせていたため、洗顔前の状態でも上に凸の形状をしていなかった、つまり上に凸の、比較的落としやすい角栓が存在していなかったために、変化がなかったのだと思います。

2019年4月27日朝 実践検証結果





上記は、洗顔前の写真になります。

4月26日夜、今回の商品で洗顔し、その後毛穴撫子 小鼻つるりんクリームパックを使用し、その後約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回は洗顔前の状態で、多少角栓が上に凸に成長していたため、洗顔にて成長部分の除去ができ、洗顔前後で少し変化が見られました。

2019年4月27日夜 実践検証結果※赤みアリ





上記は、洗顔前の写真になります。

4月27日朝、今回の商品で洗顔し、その後毛穴撫子 小鼻つるりんクリームパックを使用し、その後約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今回は、洗顔時に、いつもより少し力を入れて、ていねいに洗顔してみたところ、これまでの中では一番角栓を小さくできました。

これまでは角栓の高さとしては、肌の表面と同じくらいの高さがあるように見えていましたが、今回は角栓の高さは、肌の表面よりも低くなっているように見えます。ていねいに洗うというのは、角栓除去に有効のようです。

ただ、その代償として、洗顔後、少し肌がヒリヒリしてしまいました。洗顔後の4枚目の写真を見ると、少し赤くなっているのがわかると思います。

2019年4月28日朝 実践検証結果





上記は、洗顔前の写真になります。

4月27日夜、今回の商品で洗顔し、その後毛穴撫子 小鼻つるりんクリームパックを使用し、その後約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

前日夜の洗顔で、肌が赤くなったとコメントしていましたが、今朝確認すると、とくにかさぶた等はできておらず、正常に戻っていました。

ただ、少し怖かったので、かなりやさしめに洗顔したため、角栓の形状は、ほとんど変化はありませんでした。やはりていねいに洗うことは、角栓除去に有効のようです。

2019年4月28日夜 実践検証結果





上記は、洗顔前の写真になります。

4月28日朝、今回の商品で洗顔し、その後毛穴撫子 小鼻つるりんクリームパックを使用し、その後約10時間が経過している状態です。





上記は、洗顔後の写真になります。

今朝は、かなりやさしめに洗顔していましたが、それで問題なかったため、今回は普通に洗顔しました。

今朝、かなりやさしめに洗顔していたこともあり、夜の時点では、上から3つ目、4つ目の写真を見ると、角栓が上に凸の形状に成長していることがわかると思います。

これまでの検証結果でわかっている通り、上に凸に成長した角栓は落としやすいため、今回は、上から3つ目、4つ目の写真にて、多少角栓が除去されていることが確認できます。

洗顔前は、明らかに上に凸の形状をしていましたが、洗顔後は表面が剥離され、ゴツゴツした形状になっていることがわかります。

検証結果の総評

洗顔前の状態が、上に凸の形状をした大きめの角栓の場合、洗顔にて、表面の一部を剥離し、除去することが可能であり、多少効果がありました。

一方で、洗顔前の状態が、上に凸の形状をしておらず、角栓の高さが、肌の表面と同じくらいの高さの場合、つまり毛穴に埋まった角栓は除去が難しいようで、あまり効果がありませんでした。

ただ、少し力を入れて、ていねいに洗顔をすることで、毛穴に埋まった角栓も、一部完全除去できたこともありましたが、その後肌にダメージがあったため、毎回このような洗顔はできないと思います。

普通の力加減で洗顔する場合、表面の一部を除去するのが限界であり、この場合、一部を除去しても、角栓は数時間で成長し、元に戻ってしまうため、少し除去しては成長して元に戻り、のいたちごっこということになります。

角栓を多少小さい状態で維持することは可能ですが、角栓を完全に除去することは難しいでしょう。

当サイトは“本当に角栓が除去できる商品がわかる”レビューサイトです
当サイトでは、角栓を除去する目的で作られている商品について、本当に角栓が除去できるのか?を検証しています。たくさんの方が「角栓どっかいった」と評価している@cosmeのランキング上位の商品でも、マイクロスコープできちんと確認すれば、実際はそのような効果はない商品がほとんどです。現状、角栓の除去効果を正しく把握できるサイトは私のサイトくらいなので、是非商品選びの参考にしてみてください。
>>角栓除去に効果のあった商品ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください