マナラ ホットクレンジングゲルで毛穴の角栓はとれるか?効果を検証※検証方法の見直しについて


※2019年4月11日夜 最終実践検証結果

商品の概要


マナラ公式サイト:https://www.manara.jp/

先日、マナラ ツルリナウォッシュの検証を行っていましたが、ツルリナウォッシュ購入時にメルマガを登録すると、ホットクレンジングゲルを6包もらえるので、今回はその検証を行いたいと思います。
>>マナラ ツルリナウォッシュで毛穴の角栓はとれるか?効果を検証


引用元:https://www.manara.jp/display/product/CG004010.html
角栓を落とすメカニズムについては、公式サイトを見ると、上記のように解説されています。完結に言うと、オリーブ油で角栓を溶かして、ゲルで吸着してからめ取るという仕組みです。


引用元:https://www.manara.jp/display/product/CG004010.html
あと、商品の特徴としては、商品名に「ホット」という名前がついている通り、肌を温める効果もあるようです。肌を温めることで毛穴を開き、汚れを取り除きやすくする、という仕組みです。

この温感効果については、先日ツルリの温感クリームの検証を行った時は、本当に温かくなるのか?の検証のため、油と混ぜてみたり、水と混ぜてみたりして検証していましたが、今回は6包しかないので、もったいないので、その検証はやめておきます。

そもそも、個人的にはジェルに温感作用を持たせること自体、合理的なやり方だとは思いません。というのも、ジェル自体に、肌を温めるほどの高い温度を発熱させることは、極めて難しいと思うからです。

そんな難しいことにチェレンジしなくても、肌を温めたいなら、例えば使用前に蒸しタオルを1分乗せてから使用するとか、少し高めの温度のお風呂に使って使用するとか、肌を温めたいなら別のやり方で簡単にできるわけです。

一方で、角栓を溶かすとか、角栓を吸着させて除去するという目標は、他のやり方で達成することができないので、ここをジェルに頑張ってほしいわけです。

なので、温度にはこだわらなくていいので、本当に角栓を除去することだけをゴールにして、商品開発を行ってもらいたいと思います。

アットコスメの口コミランキングは、この記事を書いている2019年4月9日現在で、クレンジングジェル部門で5位、クレンジング全体ではランキング外でした。

2019年4月9日朝 実践検証結果

本当に角栓が除去できるのか?の実践検証ですが、今回はマイクロスコープで、使用前/使用後の角栓の状態を観察することで、角栓が除去できたか?を確認します。

使用前/使用後で同じ角栓を観察しないと変化がわからないので、ほくろを目印に、同じ角栓を観察します。今回は、私の左頬にある、ほくろを目印に、ほくろ周りの角栓を観察してみます。他の商品でも、同じ角栓で検証を行っているため、他の商品との角栓の除去具合の比較も可能だと思います。



上記写真は、洗顔前の写真になります。上が低倍率、下がほくろ周りを拡大した高倍率の写真になります。

肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。


今回の商品の使い方としては、パッケージの裏に、上記のように書いてあります。


クリームを手に出してみると、このような感じです。


肌にのばすと、指はこのような感じで、洗顔をしているというよりは、普通にジェルでマッサージをしている感覚に近いと思います。


肌に伸ばしてマッサージしていると、ジェルが若干白く濁りました。おそらく肌の油を吸着しての変化だと思います。

温感効果については、言われてみれば、確かに若干ジェルに温かみを感じるかな?という感じでした。



上記写真は、使用後後の同じ角栓の写真になります。

結果、角栓は除去できずに残っていることがわかると思います。

また、角栓の形状についても、「角栓が小さくなった」とか、「表面が平らになった」といった変化も見られないように思います。

ただ注意してほしいのが、「今回の商品は、角栓除去について全ての人に効果がない」と言っているわけではないので、そこは間違えないようにしてください。というのも、私には効果はありませんでしたが、肌質というのは多種多様なので、他の人にも同じように効果がないとは限りません。もしかしたら、角栓の状態や肌質によっては、効果が出る人もいるかもしれません。あくまで私の実践結果ということで、参考程度にしてみてください。


洗顔後の水分、油分の測定を行ってみましたが、こちらは双方問題ありませんでした。

今回は、他商品と比べると、かなり洗顔後の油分が41%と、他の洗顔に比べると高い値でした。

これは使用後の肌状態からもわかることで、私は洗顔後、いつも少なからず肌がつっぱる感じがするのですが、今回は洗顔後、まったくつっぱらず、洗顔前と同じ肌状態でした。

これはマイクロスコープの写真を見てもわかることで、他商品では、だいたいが洗顔前は油分が多いのでシワが多く凸凹した写真で、洗顔後は油分が落ちてぱっつんぱっつんになり、シワが消えて平らになった写真になっていると思います。

例えばツルリナウォッシュだと、これは肌が赤くなるほど成分が強かったので、洗顔後はぱっつんぱっつんになって、シワがほとんどなくなっている様子がわかると思います。洗顔後の油分も24%と、正常値ではあるものの、今回よりも大分低い値となっています。
>>マナラ ツルリナウォッシュで毛穴の角栓はとれるか?効果を検証

一方で今回の商品は、洗顔後でもシワがあり、洗顔前とあまり変わらない状態に見えると思います。つまり油分が多いわけです。つまり今回の商品は、油分を落とす力が弱い商品ということになります。

「油分を落とす力が弱いのが悪いことだ」と言っているわけではありません。これはその人の肌質によると思います。そもそも油分が少ない人なら、そこからさらに油分を落とす力が強い洗顔を使うと、油分が少なすぎる状態になってしまうので、今回のような油分を落とす力が弱い洗顔の方が良いと思います。

一方で、油分の多い、私のような角栓に悩む人だと、洗顔である程度油分を落とさないと、油分が多すぎる状態になってしまい、角栓もどんどん大きく成長していったしまいます。なので油分が多い人は、油分を落とす力がある程度強い洗顔の方がいいでしょう。

なので、油分を落とす力が弱いという特徴は悪いわけではないのですが、ただ今回の商品の特徴は、角栓を落とせる商品といううたい文句があるわけなので、それだとある程度油分は落とさないといけないと思うので、商品特徴の説明と実際の効果が合っていない印象は受けます。

2019年4月9日夜 実践検証結果



上記写真は、洗顔前の写真になります。上が低倍率、下がほくろ周りを拡大した高倍率の写真になります。

朝、今回の商品で洗顔後、約10時間が経過している状態です。

やはり懸念していた通り、他の商品の写真と比べると、今回の写真は、けっこう大きく上に凸の形状に成長してしまっていることがわかると思います。



上記写真は、使用後後の同じ角栓の写真になります。

結果、角栓は除去できずに残っていることがわかると思います。

形状の変化については、拡大写真の左端の角栓は、けっこう小さくなっており、右端の角栓も若干小さくなっているようです。

朝は、ほとんど変化はなかったのですが、夜はお風呂に入って使用したため、効果が出たのかもしれません。

2019年4月10日朝 実践検証結果



上記写真は、洗顔前の写真になります。上が低倍率、下がほくろ周りを拡大した高倍率の写真になります。

前日の夜、今回の商品で洗顔後、約10時間が経過している状態です。

前日の夜の洗顔で、拡大写真の左端の角栓は、サイズを小さくできていましたが、今日も拡大写真の左端及び真ん中の角栓については、あまり大きくない状態を維持できています。

今回のジェルは、油分を落とす力が弱いので、洗顔後、肌上に油分が多い状態となり、この油分が角栓の元となるため、角栓の成長は大きいのではないか?と予想していたのですが、意外や意外、それほど角栓は成長していません。



上記写真は、使用後後の同じ角栓の写真になります。

結果、角栓は除去できずに残っていることがわかると思います。

角栓の形状については、洗顔前の時点で拡大写真の左端及び真ん中の角栓は小さかったので、あまり変化がわかりませんが、右端の角栓については、洗顔前はある程度大きい状態でしたが、洗顔後もほとんど大きさは変わっていないので、効果がなかったと言えると思います。

2019年4月10日夜 実践検証結果



上記写真は、洗顔前の写真になります。上が低倍率、下がほくろ周りを拡大した高倍率の写真になります。

朝、今回の商品で洗顔後、約10時間が経過している状態です。



上記写真は、使用後後の同じ角栓の写真になります。

結果、角栓は除去できずに残っていることがわかると思います。

角栓の形状の変化については、拡大写真の左端と真ん中の角栓は、洗顔前でも小さかったので変化がわかりにくいですが、右端の角栓については、角栓の大きさが小さくなっているように見えます。


今回の洗顔は、使い始めて2日目になりますが、拡大写真の3つの角栓については、けっこうサイズが小さい状態に維持できています。使用前の4月9日の写真と比べると、角栓の大きさの違いは明らかです。

他の商品と比較しても、これまでの中では一番角栓が小さく、目立たない写真になっていると思います。

最初は、洗顔後、肌がぜんぜんつっぱらなかったので、油分を落とせていないなと思い、そして角栓も油分なので効果はないだろうと思っていたのですが、意外や意外、肌の油分は落とせなくても、角栓は溶かせるようです。


参考:スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュで毛穴の角栓はとれるか?効果を検証
一般的に角栓を溶かす力が強い洗顔としては、酵素洗顔が一番強いのですが、肌へのダメージも大きいというデメリットもあります。上記写真はスイサイ酵素洗顔の最終検証結果の写真になりますが、写真から肌がつっぱっている様子がわかると思います。

これと比較すると、今回の商品は、肌がつっぱることもなく、角栓も酵素洗顔よりも小さくできている、言ってみれば角栓にのみアプローチしているわけなので、酵素洗顔よりも良いと思います。

2019年4月11日朝 実践検証結果



上記写真は、洗顔前の写真になります。上が低倍率、下がほくろ周りを拡大した高倍率の写真になります。

前日の夜、今回の商品で洗顔後、約10時間が経過している状態です。



上記写真は、使用後の同じ角栓の写真になります。

結果、角栓は除去できずに残っていることがわかると思います。

角栓の形状については、洗顔前の時点で角栓が小さかったため、洗顔後ほとんど変化は見られません。

やはり大きい角栓を小さくすることはできても、そこから先角栓を根本から完全に取り除くことはできず、角栓を小さくできてから以降は、使い続けても効果は頭打ちするようです。

2019年4月11日夜 実践検証結果



上記写真は、洗顔前の写真になります。上が低倍率、下がほくろ周りを拡大した高倍率の写真になります。

朝、今回の商品で洗顔後、約10時間が経過している状態です。



上記写真は、使用後後の同じ角栓の写真になります。

結果、角栓は除去できずに残っていることがわかると思います。

角栓の形状については、洗顔前の時点で角栓が小さかったため、洗顔後ほとんど変化は見られません。

サンプルを全て使い切ってしまったため、検証はこれで終了となります。

最初は使用後にぜんぜん肌がつっぱらず、油分を落とせていないのでダメだろうなと思っていたのですが、最終的には、これまでの商品の中では一番角栓を小さく維持できており、けっこう良い商品でした。

評価方法の変更について

今回の商品は、ほくろ周りの3つの角栓の除去具合で効果を判断した場合、角栓はかなり小さくなったので、効果があり、現在「角栓除去にほどほど効果があった商品一覧」に置いています。ただ、最初に決めた評価方法にとらわれずに考えると、そこまで高評価はできないと考えています。


なぜなら、確かにほくろ周りの3つの角栓については、小さくできたのですが、その他の角栓について、ほとんど効果がなかった角栓が存在しているからです。拡大写真を見ていただければわかると思いますが、使い始めて6回目の4月11日夜の写真を見ても、低倍率でもわかるほど大きな角栓(赤丸部)が存在しているわけです。

そもそも、なぜ、ほくろ周りの3つの角栓の除去具合で効果を判断しようとしたか?というと、効果を確認するには、毎回同じ角栓で検証する必要があり、そして毎回同じ角栓を見つける時に、ほくろという目印があった方が、角栓を見つけやすかったからです。

当初は、角栓は全て同じ性質を持つものだと考えており、3つの角栓が除去できれば、同じ性質を持つ他の全ての角栓も除去できているはずなので、これで肌全体の効果を判断することが可能だと考えていました。

しかし実際は、除去しやすい角栓と除去しにくい角栓が混在しており、こうなってしまうと代表した3つの角栓で、肌全体の角栓の除去具合を判断することはできなくなります。3つの角栓は除去できても、他の角栓が性質が異なる以上は、同じように除去できている保証はないからです。

除去しやすい角栓と除去しにくい角栓が混在している以上、効果を判断したければ、極論、肌に存在する全ての角栓の観察を行わなければならないことになります。ただ、これは手間がかかりすぎるので、現実的ではありません。現実的に可能な範囲で考えると、妥協点としては10個くらいが上限かなと考えています。

観察する部位については、私が最も目立って気になっている鼻周りの角栓で、きれいに1列に並んでいて見つけやすそうな角栓群を見つけたため、今後はこれで検証を行っていこうと思います。

今回の商品の評価については、当初は「角栓除去にほどほど効果があった商品一覧」に置いていましたが、拡大写真を見ると除去できていない角栓もあることから、「角栓除去に小さい効果があった商品一覧」に変更したいと思います。

当サイトは“本当に角栓が除去できる商品がわかる”レビューサイトです
当サイトでは、角栓を除去する目的で作られている商品について、本当に角栓が除去できるのか?を検証しています。たくさんの方が「角栓どっかいった」と評価している@cosmeのランキング上位の商品でも、マイクロスコープできちんと確認すれば、実際はそのような効果はない商品がほとんどです。現状、角栓の除去効果を正しく把握できるサイトは私のサイトくらいなので、是非商品選びの参考にしてみてください。
>>角栓除去に効果のあった商品ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください