オバジC 酵素洗顔パウダーの毛穴汚れ、角栓の除去効果を検証


※2019年2月22日夜 最終実践検証結果

商品の概要


オバジ公式サイト:https://www.obagi.co.jp/c-product/powderwash/


商品コンセプトとしては、商品裏の説明によると、「毛穴の黒ずみ・角栓つまり・ザラつきを取り除く」と書かれています。私は角栓に悩んでいるため、この説明を見て、今回、検証対象商品としてピックアップしてみました。

他の酵素洗顔に比べると、ビタミンCが配合されている、という点が、大きな特徴になるかと思います。

先日検証してみたスイサイの酵素洗顔は、30秒という使用時間の制約がありましたが、今回の酵素洗顔は、使用方法を見る限り、使用時間の制約はありません。

アットコスメの口コミを見ると、スイサイの酵素洗顔は、「ヒリヒリ痛くなった」という口コミが多数ありましたが、今回の酵素洗顔は、そのような口コミはないようです。使用時間の制約もないことから、スイサイの酵素洗顔に比べると、成分的に弱いのだと思います。

アットコスメの口コミランキングは、この記事を書いている2019年2月21日現在、「洗顔パウダー部門」では2位(1位はスイサイ)、洗顔料全体の部門では12位となっています。

2019年2月21日実践検証結果

本当に角栓が除去できるのか?の実践検証ですが、今回はマイクロスコープで、洗顔前/洗顔後の角栓の状態を観察することで、角栓が除去できたか?を確認します。

洗顔前/洗顔後で同じ角栓を観察しないと変化がわからないので、ほくろを目印に、同じ角栓を観察します。今回は、私の左頬にある、ほくろを目印に、ほくろ周りの角栓を観察してみます。他の商品でも、同じ角栓で検証を行っているため、他の商品との角栓の除去具合の比較も可能だと思います。



上記写真は、洗顔前の写真になります。上が低倍率、下がほくろ周りを拡大した高倍率の写真になります。

肌状態としては、前日夜洗顔後、約10時間が経過している状態です。


お風呂に入り、パウダーを手に出してみると、このような感じです。量が少ないんだなという印象でした。


これに水を少し加え、指で混ぜて泡立てるのですが、上記写真のままで、いっこうに泡が立ちませんでした。


事前にオバジ公式サイトにある、上記動画を見ていたのですが、「どうやって泡立てるのだろう」と思って、再度動画を見直してみると、この動画は、指で混ぜているところでカットが入り、次の画面では泡を顔に付けるところになっていました。つまり、指で混ぜて泡立つ様子が、ノーカットで映されていたわけではなかったんです。

このパウダーを指で混ぜるだけで泡立たせるのは、かなり難しいと思います。


いっこうに泡が立たないので、泡立てネットを使ってみたところ、上記のように泡立たせることができました。

なので、この商品を使う時は、泡立てネットも合わせて用意した方がいいでしょう。

泡の状態としては、前述の通り、洗顔料の量が少ないので、必然的に泡に含まれる水分量が多くなり、泡がシャバシャバで、気泡の大きい泡になっているのがわかると思います。

一般的な洗顔料のスキンライフ洗顔フォームと比べてみても、こちらは洗顔料の量が多いので、弾力のある気泡の小さい泡となっており、その違いは写真でもわかると思います。※「シャバシャバの泡が悪い、弾力のある泡が良い」と言っているわけではありません。あくまで形状を伝えているだけです
参考:スキンライフ 薬用洗顔フォームで毛穴の角栓は除去できるか?実践検証

ここまで、泡の立て方と泡の状態のレビューについては、スイサイのビューティクリア パウダーウォッシュとほとんど同じことを書いています。つまり、泡の立て方と泡の状態については、両者はかなり似ているということです。おそらく中身が入れ替わっていたもぜんぜん気づかないでしょう。
>>スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュのレビュー。毛穴の角栓はとれるか?検証してみた

洗顔については、特に洗顔時間の制約はなかったので、一般的な洗顔時間の目安とされている1分前後洗ってみましたが、「ピリピリ痛む」「赤くなった」といった症状は、ありませんでした。



上記写真は、夜入浴して、洗顔後の同じ角栓の写真になります。

結果、角栓は除去できずに残っていることがわかると思います。


ただ、拡大写真の真ん中の角栓を見ると、サイズが若干小さくなっているように見えます。

また、右端の角栓を見ると、この角栓は肌の表面よりも、くぼんでいるように見えます。おそらく角栓の表面を除去できているのだと思います。

スイサイのビューティクリア パウダーウォッシュでは、角栓の除去はできず、また角栓の形状も変化なかったので、角栓の除去については、今回の商品に優位性があると思います。

ただ、これは洗浄成分に優れているというよりは、洗顔時間の影響だと思っています。スイサイは、使用時間30秒の制約があるので、これが足を引っ張っているわけです。スイサイでも、洗顔時間を延ばすと、角栓の一部を溶かせています。

つまり、強い成分で短時間洗うか?それとも弱い成分で長時間洗うか?なら、角栓の除去としては、後者の方に分があるということです。

もし仮に角栓の成長速度が極めて遅いのであれば、毎日洗顔すれば、角栓を徐々に小さくできるので、最終的に角栓を完全に除去できる可能性もあります。

しかし、これまでの検証結果で、角栓は数時間あれば成長することがわかっています。こうなると1回の洗顔で角栓を多少小さくできても数時間で復活するので、「小さくしては復活し、小さくしては復活し」のいたちごっこで、角栓を完全に除去するのは難しいと思います。

ただ、何もしないと角栓はどんどん大きく成長していくので、ある程度小さい大きさにとどめておくという意味では、使った方がいいと思います。

2019年2月22日実践検証結果※ピリピリ痛むか?赤くなるか?の検証



上記写真は、洗顔前の写真になります。上が低倍率、下がほくろ周りを拡大した高倍率の写真になります。

夜お風呂に入る前の状態であり、朝洗顔してから約10時間が経過しています。

洗顔についてですが、21日の結果では、洗顔後角栓が若干小さくなっていたので、洗顔時間を3分前後に長くして、角栓の除去量が増えないか?検証してみました。


1分半ほど洗顔すると、泡がかなり少なくなり、上記のような状態になりました。

その後2分ほど洗顔すると、手のひら、顔から完全に泡がなくなり、顔はカピカピの状態になりました。これだと洗顔ができないので、もう1パック使い、合計2パックで洗顔しました。

今回の洗顔は、泡の無くなり方がかなり速いです。これはデメリットと言えると思います。

毎日3分洗顔するとなると、けっこうなコストがかかりそうです。

3分前後洗顔しても、ピリピリした痛みや、洗顔後赤くなるといったこともありませんでした。



上記写真は、夜入浴して、洗顔後の同じ角栓の写真になります。

この写真は、これまでの検証の中では、一番角栓の除去量が多い写真のように見えます。

拡大写真では、真ん中の角栓、右端の角栓において、角栓の周りに堀が見えます。この堀の部分が、洗顔により除去された部分だと思います。

また、低倍率写真でも、よく見ると堀ができている角栓がいくつか確認できます。

これまでは表面上の角栓の除去しかできていませんでしたが、今回は淵の部分のみではありますが、表面上だけでなく、毛穴の中の角栓も除去できているように見えます。

やはり洗顔時間は、角栓除去において重要な要素となっているようです。こうなってくると、先日検証したスイサイの酵素洗顔と比べると、こちらは30秒の制約があるので長時間洗えないので、スイサイかオバジか?なら、私はオバジを選びます。

今回の商品は、特に使用時間の制約があるわけではないので、痛みが出たり赤くならない限り、毎日3分前後洗顔しても問題ないと思います。ただ、前述の通り、毎日2パック使えば、コストはけっこうかかりそうなので、これがデメリットと言えそうです。

ただ1つひっかかる点としては、今回角栓の除去量が多かった理由としては、「洗顔時間を延ばしたから」という理由以外にも、「元の角栓がいつもより大きかった」という理由もあると思います。

というのも、これまで以下3商品の検証を行ってきましたが、拡大写真の真ん中の角栓は、以下3商品を検証した時には、今回ほど大きくはありませんでした。大きさとしては、今回の方が明らかに大きいです。
>>ビオレ おうちdeエステ 肌をなめらかにするマッサージ洗顔ジェル
>>スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュ
>>スキンライフ 薬用洗顔フォーム

例えば、とても汚れているゴミ屋敷をきれいに掃除すれば、その変化量はとても大きくなりますが、いつもある程度綺麗に掃除してある部屋を掃除しても、そんなに変化量は大きくないわけです。

毎回同じ角栓の状態で検証できれば、正確に商品の角栓除去効果の比較ができるのですが、毎回角栓の状態は同じではないので、毎回同じ条件で比較することは難しいと思います。

少しひっかかる部分はあるものの、とはいえ今回は、今までの中では一番いい結果となりました。

当サイトは“本当に角栓が除去できる商品がわかる”レビューサイトです
当サイトでは、角栓を除去する目的で作られている商品について、本当に角栓が除去できるのか?を検証しています。たくさんの方が「角栓どっかいった」と評価している@cosmeのランキング上位の商品でも、マイクロスコープできちんと確認すれば、実際はそのような効果はない商品がほとんどです。現状、角栓の除去効果を正しく把握できるサイトは私のサイトくらいなので、是非商品選びの参考にしてみてください。
>>角栓除去に効果のあった商品ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください