最強のライバル対策!日本語ドメインを使ったパワーアフィリエイト戦略とは?

※時間経過で戦略の変更が発生しており、全3回のシリーズ記事となっておりますので、順番に読んでいただけるとわかりやすいと思います。

①最強のライバル対策!日本語ドメインを使ったパワーアフィリエイト戦略とは?
sedoで70万円のドメインreview.infoを購入&日本語ドメインからローマ字ドメインに変更した理由
お名前.comの.jpドメインオークションでreview.jpを30万円で購入しました

日本語ドメインを使ったパワーアフィリエイト戦略とは?

検索結果で上位表示をさせるためのテクニックとして、「上位表示を狙うキーワードとドメインを合わせる」という王道手法をご存じでしょうか。

例えば、「ウォーターサーバー 比較」で上位表示を狙いたければ、「http://ウォーターサーバー比較.com」という日本語ドメインを使い、上位表示を狙うキーワードとドメインを合わせます。こうすることでライバルに勝ちやすくなり、上位表示しやすくなる、というものです。

これは、よくありがちな王道手法であり、とくに独自性もないわけですが、今回の戦略のベースに、この考え方があるので、まずはこの内容を解説します。

この手法については、「ドメインを合わせても効果はない」という人もいますが、効果があることは明確に証明されています。他でもない、Google自身が、SEO効果はあると回答しているからです。

質問者:URLにキーワードが入っていると、SEO効果はあるのでしょうか?
ミューラー氏:小さいが効果はある。ウェブ管理者に「必ず行うように」と言うようなものではないが。

引用:URLにキーワードを入れると「SEO効果あり」?/Google明かす

それなら、上位表示を狙うキーワードが日本語であればドメインも日本語にする、つまり日本語ドメインが優位である、ということになります。

この「上位表示したいキーワードとドメインを合わせる」という手法は、既に、たくさんのアフィリエイターが実践していますが、現状存在しているほぼ全てのサイトが、ドメインに使用するキーワード選定を間違えています。

一番よくありがちなのが、商品名でドメインを取得してしまうパターンです。例えば「丸山塾 レビュー」で上位表示を狙うにあたり、「http://丸山塾レビュー.com」というドメインを取得してしまうわけです。この場合、その商品が販売終了すれば、そのキーワードでアクセスが集まらなくなるので、実質的にそのサイトは死亡します。このやり方でサイト運営を継続しても、作っては死に、作って死にで、いつまでたっても安定した収益は得られません。

他によくありがちなのが、サービス名でドメインを取得してしまうパターンです。例えば「ウォーターサーバー比較.jp」のようなサイトです。この場合、商品名よりは寿命は長いとは思いますが、10年、20年先を見据えた運営はできないでしょう。おそらくウォーターサーバーは10年後にはなくなっているからです。

このような「作ってもすぐに死ぬサイト」を作るのではなく、できるだけ寿命の長いサイトを作るべきです。なぜなら、1つのサイトを長期的に運用し、1つのサイトにたくさんの記事を書いていけば、徐々にGoogleから評価されるようになり、サイトはどんどん強くなっていくからです。現在の私のサイトがこの状態で、記事を書けばすぐに上位表示ができます。これはサイトを長期継続し、このドメインがGoogleから既に高評価されているからです。

では、寿命の長いサイトを作りたければ、どのようなキーワードでドメインを取得すればいいのか?それは複合キーワードです。「レビュー」「口コミ」「評価」「比較」など、このあたりのキーワードは、一般的な日本語なので、将来使われることがなくなる、ということはありません。

私の戦略は、「丸山塾 レビュー」で上位表示を狙うにあたり、商材名は捨て、「レビュー」のみでドメインを取得しています。商材名を捨てることで、サイトの寿命はとても長くなります。

レビュー.comでは、「商品名+レビュー」で上位表示を狙うにあたって、「http://レビュー.com」というドメインを使って「レビュー」の部分を合わせ込むことで、「商品名+レビュー」で上位表示を狙うライバルに対し、優位にサイト運営を行うことができている、ということになります。

ただ、キーワードの一致性としては、商品名も含めたサイトには負けます。例えば、「丸山塾 レビュー」で上位表示を狙うなら、商品名も含めたサイトは「http://丸山塾レビュー.com」というドメインを使うので、上位表示を狙うキーワード全てが一致していますが、パワーサイトになると「http://レビュー.com」というドメインを使うので、「レビュー」しか一致させられていません。この点では、前者に分があるわけですが、しかし、前者のサイトは、新規サイトなので、既にGoogleから高評価を得られたパワーサイトなら勝てると思っているため、無視できると考えています。



この戦略の最も重要となる部分が、ドメインの文字列をどうするか?にあります。基本的な考え方としては、複合キーワードでドメインをとる、というやり方です。別にレビューサイトしか使えない、というわけではなく、複合キーワードなら何でもOKで、様々なジャンルのサイトで使える戦略です。

例えば、女優の名前で検索すると、「髪型」という複合キーワードで、よく検索されています。なので「髪型.com」というドメインを取り、「北川景子 髪型」「新垣結衣 髪型」「本田翼 髪型」のように、「女優名+髪型」のキーワードを狙うわけです。検索者は、「その女優と同じ髪型にしたい」と思って検索しているわけなので、目的意識の強い、いわゆる「お金になるキーワード」と言えます。美容室の公式ブログとして運営し、「今回紹介した北川景子さんの髪型は、当サロンで、カット+パーマで1万円でできるので、是非ご検討ください」みたいに書けば、かなり収益に貢献するサイトになりそうです。また、ライバル美容室も、「髪型.com」というドメインは取れないので、ライバルに真似される心配もなく、安定して運営もできます。

もう1つサンプルとして、会社名で検索すると、「株主優待」という複合キーワードで、よく検索されています。なので「株主優待.com」というドメインを取り、「吉野家 株主優待」「ANA 株主優待」「ビッグカメラ 株主優待」のように、「会社名+株主優待」のキーワードを狙うわけです。ライバルサイトとしては、株主優待の情報まとめサイトはたくさん存在していますが、「http://株主優待.com」というドメインで運用すれば、「吉野家 株主優待」のキーワードなら、全検索文字数7文字のうち、4文字と、半数以上の文字数をドメインと一致させられているわけなので、ドメイン的にかなりのアドバンテージがあると思います。たくさんのライバルサイトがいても、このドメインを使えば勝てそうな気がします。このように、頭を使えば、いくらでも今回の戦略を使ったサイトは考えつきます。

私はレビュー.com以外にも、同じドメイン戦略で、「値引き.com」や「当日.net」の運用も検討しています。詳しい戦略は以下記事で解説しています。
値引き.com:AAA ~ Autoweb Autopilot Affiliate ~のレビュー
当日.net:丸山広樹+アフィリエイト塾のレビュー



ここまで、今回の戦略のだいたいの内容を解説したところで、1つよくいただく質問があります。それは、確かにURLにキーワードを入れると、SEO効果があるのはわかる。しかし、その効果は「小さい」ではないか。小さい効果しかないのに、それで最強のライバル対策と言えるのか?ということです。

確かに、検索結果で上位表示させるには、検索サイトユーザーの役に立つ、質の高い記事を書く必要があります。これが上位表示させるか?の判断材料として大部分をしめます。なので、Googleも回答しているように、URLにキーワードを入れても、「小さな効果」しかありません。では、「小さな効果」なら、今回のドメイン戦略は、あまり意味のないものなのでしょうか?それは違います。

確かに、上位表示をさせるか?の判断材料として、大きな要素となっているのは、記事の質です。なので、検索結果で1位のサイトと100位のサイトでは、記事の質に、大きな差があると思います。

しかし、1ページ目に表示されているサイト郡の記事の質の差は、どうでしょうか?1ページ目に表示されているのであれば、どれも記事の質は高いはずです。つまり、ここで明確な差は生まれません。

誰もが持っているものを持っていても、そこで明確な差は生まれないので、勝敗を決定づけることはありません。つまり、「質の高い記事」を書いたとしても、それは誰もが書くわけなので、ここで明確な差は生まれません。

しかし、ドメインの効果はどうでしょうか?ドメインは早く取ったもん勝ちであり、同じドメインをライバルは取得することはできません。

この対策として、ドメイン会社は、よく「欲しい文字列のドメインが空いていないなら、.xyzなどの新しいドメインを使おう」とオファーしていますが、このようなマイナーなドメインは信頼度が低く、知名度もないため、リピーター戦略上大きなデメリットがあります。なのでドメインの種類を変えて、レビューというキーワードで上位表示を狙われたとしても、怖くありません。

他の対策として、例えば「レビューズ.com」のように、文字を追加する方法もありますが、この場合「商品名+レビュー」というキーワードで上位表示を狙う場合、キーワードの一致性としてはレビュー.comの方が高いため、私の方が有利です。さらにリピーター面でも、文字列が長くなると覚えにくくなるので、リピーター面でも私の方が有利です。なのでドメインの文字を追加して、レビューというキーワードで上位表示を狙われたとしても、怖くありません。

つまり、自分が最初にドメインを取ってしまえば、その優位性というのはライバルは得られません。自分だけが持つ武器となるわけです。自分だけが持つからこそ、そこに明確な差が生まれ、勝敗を決定づける大きな要素となるわけです。

重要なのは、「効果の大きさ」ではありません。そうではなく、「誰もが持っていないものを持つ」という点に大きな意味があるわけです。たとえ大きな効果のある武器を手に入れたとしても、同じものをライバルも入手できるのであれば、そこに差は生まれないので、無意味なわけです。

そもそも、サイト運営を成功させるには、「質の高い情報を発信する」というのは大前提です。ただ、ライバルも質の高い記事を書くわけなので、質が高い記事を書いただけではライバルに絶対に勝てるとは言えません。これに誰もが持っていないドメインの力をプラスすることにより、わずかな差が生まれ、ライバルに勝てるようになります。

日本語ドメインはリピーター戦略上も効果的

サイト運営を行い、訪問者から何かを購入してほしければ、考えないといけないのがリピーターの存在です。

これについては、例えば単に訪問者に広告をクリックしてもらうだけで報酬が発生するアドセンスのようなサイトの場合、リピーターはそんなに重要ではないのですが、成果報酬型のように、訪問者に何かを購入してもらわないと報酬が発生しないアフィリエイトの場合、サイトを定期的に見てくれるリピーターの存在がとても重要となります。

なぜなら、訪問者に、何かを購入してもらう場合は、信頼関係を築かなければならないからです。今日初めて会った知らない人から何かを推薦されても、「買ってみようかな」とは思わないと思います。信頼関係は、日々有益な情報を提供し、時間をかけて徐々に得られるものです。

リピーターを増やすには、そのサイトをリピートしたいと思われるような、質のいいコンテンツを提供することが最重要となるのは言うまでもありませんが、これは質の高い記事を書く以外に方法はないので、ここは最大限努力するとして、もう1つ、リピーターを増やすための別のアプローチとして、いかにリピーターが、自分のサイトを再訪問しやすくするか?も重要な戦略となります。

ではリピーターは、リピートしたいサイトに再訪問しようと考えた場合、どのような手段をとるのか?一番簡単なのが、ブラウザのブックマークに登録することだと思います。なので、ブックマークの登録をお願いすることは、リピーター戦略上とても重要なことです。あるいはメルマガを発行して、リストを取るのもいいと思います。しかし、これらだけでは完璧ではありません。ブックマークしたとしても、他のパソコンからは見れませんし、気に入ったサイトを見つけ、そこでメルマガを募集されていても、迷惑メールが送られてくるかも?と思って登録しない人もいるでしょう。では、その人達が、どうやって目的のサイトを見つけるか?というと、ほとんどの場合が、検索サイトによる検索です。

下記はYAHOOの検索ランキングですが、上記キーワードは、ほとんどが大手サイト名であることがわかります。つまり、ほとんどの人が、サイト名を記憶し、その名前で検索してリピートしているサイトを見つけている、ということです。

引用:マンスリーランキング 総合 – Yahoo!検索データ

そしてこのような検索サイトを使うリピーターが自サイトを訪問するには、以下、2つの課題があります。
1つ目は、リピーターに、自サイト名を覚えてもらうこと。
2つ目は、覚えてもらった自サイト名で検索して、1位表示させること。
どちらかが欠けても、リピーターは、自サイトを見つけることができません。

実際、私も、過去に見たサイトで、お気に入りのサイトがあって、Googleでサイト名で検索して訪問していたのですが、しばらく見ないうちにサイト名を忘れてしまって訪問できなくなったり、あるいはサイト名は覚えていたけど、サイト名で検索しても検索結果に出てこなくなってしまって訪問できなくなったサイトがあります。この時点で、1人のリピーターを失ってしまっているわけです。これは、とてももったいないことです。

では、上記2つの課題をクリアするには、どうすればいいか?ですが、これはサイト名とドメイン名を合わせる、ということをやれば一発で解決します。

1つ目の課題については、例えば、サイト名が「レビュー.com」で、ドメイン名が「http://レビュー.com」の場合と、サイト名が「レビュー.com」で、ドメイン名が「http://abcdefg.com」の場合、「レビュー.com」として、訪問者の記憶に残りやすい、覚えやすいのは、間違いなく前者です。覚える名称が複数あると薄れるので、1つに絞り込むということです。

2つ目の課題も、サイト名とドメイン名を合わせることで解決します。ドメイン名というのは、同じものはなく、唯一無二の存在なので、ドメイン名で検索されれば、そのドメインのサイトが1位に表示されるのは当たり前のことです。

実際に私のサイト名は「レビュー.com」ですが、このキーワードでは、Googleの検索結果で、簡単に1位表示できました。「レビュー.com」というキーワードについては、サイト名を「○○レビュー.com」としているライバルサイトが多数存在しているため、それほど弱いキーワードではありません。それなのに、簡単に1位をとれた理由は、私のサイトは、サイト名はもちろん、ドメイン名も「レビュー.com」で一致しているからです。この部分が優遇され、簡単に1位表示ができています。

最近は上記のように、テレビCMで、「○○で検索!」として自サイトへ誘導させる企業が増えてきていますが、この戦略では、指定したキーワードで確実に1位表示できる保証がありません。

引用:http://koi-game.voltage.co.jp/lovejob/konya/

実際に「今夜」で検索してみても、Yahoo!ニュースが1位表示してしまっているわけです。他にも「今夜くらべてみました」などのテレビ番組もあるため、これら会社との上位表示勝負になってしまうわけです。

「今夜アナタと眠りたいで検索!」とすれば、1位表示はできると思います。しかし、名前が長すぎると、一度聞いただけでは覚えられません。

短くて覚えやすいキーワードだと、確実に1位表示できない。長すぎるキーワードだと、1位表示できるけど、覚えにくい。そこで短いドメイン名をサイト名とするわけです。これなら覚えやすく、尚且つ確実に1位表示ができる、最強の看板になります。

今回は、そもそも的にはSEO戦略のもと、「複合キーワード単体で日本語ドメインを取得する」という戦略をとりました。この場合、複合キーワード単体でドメインを取得するため、レビュー.comのように、基本的には短い覚えやすいドメインになると思います。これが幸いなことに、リピーター面でも有利に働くことになるわけです。

まとめると、複合キーワードでドメインを取得し運用するという戦略は、SEO面、リピーター面の双方で有利に働く一石二鳥の手法と言えます。

サイト運営を行う上で最重要項目はドメインである

これまでの解説で、ドメインを戦略的に使うと、SEO面/リピーター面で優位に働き、ライバルに対し、優位にサイト運営を行うことができます。いかにドメインが重要か?がお分かりいただけたと思います。

世のサイトを見ていると、ドメインを有効活用できていないサイトがとても多いように思います。なぜなら、サイト名とドメイン名が一致していないサイトばかりだからです。

でも、YAHOOの検索ランキングの上位サイト群は、全てのサイトで、サイト名とドメイン名を一致させていますし、アップルに至っては、4億5千万円払ってまで、サイト名とドメイン名を一致させたわけです。よって、サイト名とドメイン名を合わせることは、絶対的な正解と言えます。私個人のマイノリティな戦略ではない、ということです。

これからアフィリエイトを始めようと思って、ホームページを作ろうと思った時に、
・ジャンルはどうするか?
・サイトのコンセプトはどうするか?
・どのような記事を書いていくのか?
・レンタルサーバーはどこの会社を選ぶか?
・ブログのデザイン、テンプレートはどれを選ぶか?
などなど、いろいろなことを決めなければなりませんが、何より大事なのは、ドメインをどうするか?です。

理由は、唯一、後から変更することができないからです。Googleの評価は、全てドメインにつくので、ドメインを変更する、ということは、Googleの評価もリセットされる、つまりサイトを1からやり直さなければならなくなるわけです。

特に日本語ドメインの場合、ローマ字ドメインよりも、訴求力が強くなってくるため、サイト内容とドメインが一致していないと、完成度の低いサイトとなってしまいます。なので、後々ドメインの文字列を変更したいと思った場合は、ドメインを変更する、つまりサイトを作り直すことになってしまいます。

訴求力が強いということは、これを最大限に生かせれば大きなメリットとなりますが、訴求力が強いだけに、絶対にサイト内容とドメインは一致させておく必要があり、もし変更するなら、サイトを作り直さなければなる、という、大きなリスクを抱える諸刃の剣ということです。

ドメイン以外は、後からいくらでも変更できます。ブログを作ろうと思った時に、よくデザインをどうするか?に、とても時間を割く人がいますが、今より優れたテンプレートは将来出てくるわけで、今どれだけ悩んでも、結局将来変更します。でも、ドメインだけは絶対に変更することはできません。なので、後々後悔しないように、ドメインだけは最初にしっかりと考えて決めるようにしてください。

ドメイン文字列の考え方の解説&個別アドバイスを行います

これまで解説してきたように、ドメイン戦略をうまく使えば、ライバルに一定のアドバンテージを持ち、優位にサイト運営を行うことができます。

しかし、ここで難しいのが、ドメインを、どのような文字列にするか?です。ここを間違うと、ドメインを途中で変更することになります。ドメインを途中で変更してしまうと、それまで上位表示できていたキーワードで上位表示できなくなり、アクセスが一気に減少するリスクがあります。現に、私は途中でドメインを変更したため、変更前は、ほとんどの商材名キーワードで10位以内には入っていたのですが、その大半が数十位まで落ち、しばらくはサイトにアクセスがほとんどない状態が続きました。
>>お名前.comの.jpドメインオークションでreview.jpを30万円で購入しました

なので、後々ドメインを変更することにならないように、最初によく考えて決めなければなりません。そこで、アフィリエイト系商材の特典として、“review.jp管理人のアフィリエイト講座”を公開させていただいておりますが、この一環で、ドメインの文字列の考え方や、ビッグワードドメインの取得方法を解説しています。

さらに、特典には3カ月のメールサポートをおつけしていますが、このサポートにて、ドメインの文字列についても、個別にアドバイスを行わせていただきます。あなたのサイトコンセプトを聞いた上で、そのコンセプトに最適なドメインを一緒に考えます。

私はこれまで、かなりの時間をかけ、様々なことを考えてドメイン名の選定を行ってきました。アフィリエイト業界の中では、ドメイン戦略については第一人者であると自負しています。それは、誰もが持てないreview.jp、review.info、レビュー.comなどのビッグワードドメインを私が取得していることからも、第一人者であると言えるはずです。なぜなら、ドメインは早く取ったもん勝ちだからです。

今回のドメイン戦略は、最重要の内容はこの記事で書いていますが、ここに書いた内容はほんの一部であり、他にも書ききれない内容はたくさんあります。その全ての戦略を考えた上でアドバイスしますので、ライバルを気にすることなく、安定したサイト運営を行いたい方は、是非ご検討ください。
>>“review.jp管理人のアフィリエイト講座”のご案内

成功するために最重要なのは何だと思うでしょうか?努力でしょうか?確かに努力は大事です。しかし、一番大事ではありません。なぜなら、いくら努力して質の高い記事を書いても、ライバルも同じように、質の高い記事を書くので、それならイーブンなわけで、努力だけでライバルに勝てるわけではないからです。

成功するために最重要なのは、「ライバルが持たない武器を持つ」ということです。なぜなら、ライバルに絶対勝ちたいなら、「ライバルが持たない武器」を持つ以外に方法はないからです。「ライバルが持たない武器」さえ抑えてしまえば、あとは週に1記事ペースの、それなりの努力でもライバルに勝ち、上位表示できます。現在の私のサイトがその状態です。

この記事は、Googleで「日本語ドメイン アフィリエイト」で検索すると、1位に表示されています。この記事を見たアフィリエイターが、どんどんこの手法に使えるドメインを取得していっているでしょう。武器は日に日に減っていってしまっていますので、早く行動されることをおすすめします。

※注意点
アドバイスは、できるだけ優位になるように、精一杯考えてアドバイスさせていただきますが、私が行ったような、PPC広告に出稿してキーワード調査を行う、というレベルまでは、時間、金銭の都合上、できません。

さらに、成功するか?は、実際にやってみないとわからない部分も多いため、あらかじめ、「これでやればうまくいきますよ!」というように、成功をお約束することはできません。

また、アドバイス事例は、購入者サイトにて、Q&Aとして公開させていただきます。ただ、先に他者にドメインを取られてはいけないので、発案者の方が、ドメインを取得後の公開とさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。