review.jp

トレード成績公開中!実績ある専業トレーダーによる商品レビューブログ。

アフィリエイト

お名前.comの.jpドメインオークションでreview.jpを30万円で購入しました

更新日:

私は、2017年4月に、レビュー.comからreview.infoへドメインを変更していました。この経緯については、sedoで70万円のドメインreview.infoを購入&日本語ドメインからローマ字ドメインに変更した理由で解説していました。

そして、今回、再度ドメインをreview.infoからreview.jpへ変更しましたので、私の体験談をシェアしたいと思います。ドメイン移転を検討中の方は参考にしてください。

review.jpにドメイン移転した経緯



今回移転したドメインreview.jpは、2017年5月に、お名前.comのドメインオークションで30万円で購入したものです。

review.jpは、私が商品レビューサイトをやりたいと思っていた当初から、ずっと欲しいと思っていたドメインで、このドメインは、私が入手する以前は、現在review.comを保有しているThe Princeton Reviewというアメリカの大学受験予備校の日本法人が保有しいたのですが、これまでに何度か、この持ち主へ電話にて、review.jpを売ってくれないか?と相談していました。

そして、「いくらお金を出されても売ることはできない」という回答だったので、あきらめて、2017年4月にreview.infoを購入したのですが、このreview.jpが、なんと2017年4月に更新がされず期限切れとなり、翌5月にバックオーダー後、オークションにて入手することができていました。

そして私がreview.jpを入手できたのが、5月の下旬だったのですが、この時点では、既にレビュー.com→review.infoへドメイン移転を完了させている状態であり、またreview.info→review.jpへドメイン移転するか?は、かなり迷いました。

というのも、ドメインだけで考えれば、review.jpの方が短いので覚えやすいし、またブランディング面でも、基本的には、ドメインの種類としては、.comか.jpが一番人気だと思います。ネット上の情報を見ても、ほとんどが.comか.jpを推奨されています。ということは、誰もが欲しがるドメインであり、競争率が高いわけなので、そのようなドメインは価値が高いということになり、ブランディング面で有利となります。

なぜ日本語ドメインからローマ字ドメインに変更したのか?でも書いている通り、やはりサイト運営において、ドメインの力によるブランディング効果はとても大きいと思っています。ドメインというのはサイトの顔であり、良いドメインを使うことで、良いサイトである印象を与えることができるからです。

ただ、review.jpを入手した時点では、既にreview.infoへドメイン移転を完了している状態であり、あまりドメインを頻繁に変えると検索順位が落ちるリスクがあったため、そのままreview.infoで運営していた、という状態でした。

そしてレビュー.com→review.info移転後の状況ですが、ドメイン変更後、しばらく順位が下落し、約一か月で復活しましたの記事では、ドメイン変更後、アクセスが戻ってきたという報告をしていました。しかしその後、問題が発生していて、ドメイン移転後に書いた記事では、うまく上位表示ができない、という事態になってしまっていました。


例えば、「3R-リアルFXのレビュー」「トレンド・ディスカバリーFXのレビュー」「ドルスキャワールドFXのレビュー」という記事では、記事を書いてしばらくの間は、商品名キーワードで全て圏外で、現在は少し上がったのですが、それでも数十位程度です。

レビュー.comの時は、商品名で記事を書けば、その商品名キーワードで1位~5位程度には表示されていたため、reivew.infoに変えたことでかなり下落してしまったことになります。

これが単なるドメイン移転したことによるものなのか?それとも移転したドメイン(review.info)が悪かったのか?は、わかりません。ただ、ドメイン変更後、しばらく順位が下落し、約一か月で復活しましたの記事でも書いていた通り、review.infoは過去に実運用されており、サイトのクオリティが低かったので、そのマイナス評価が引き継がれ、上位表示できない可能性も高いと思います。

基本的に、商材名で上位表示を狙う手法は、トレンドアフィリエイト的な要素もあり、新しい商材名の方が検索数が多く、昔の商材名ではほとんど検索されないため、現時点で私のブログには、ほとんどアクセスは集まっていない状況です。

ということは、残念ながら既に順位が落ちてしまっているわけなので、前述で懸念していた「またドメインを変えると順位が落ちるリスクがある」ということは、現状は懸念しなくてもいい状態です。さらにreview.info→review.jpにドメイン移転することで、もしかしたら順位が戻る可能性もあったため、review.jpに移転した、という経緯になります。

今思えば、レビュー.com→review.infoへの移転を、あと一か月待っていれば、何の問題もなくレビュー.com→review.jpへ移転できていたのですが、この点は、ちょっと運がなかったのかなと思っています。

過去に実運用されていた中古ドメインは、使わない方が無難かも?

まず今回の記事で伝えたいこととは、実運用されていた中古ドメインのリスクの高さです。

現状、私のサイトは、レビュー.com→review.info移転後に書いた記事で上位表示できない問題を抱えていますが、この原因が単なるドメイン移転によるものなのか?それともreview.infoというドメインが悪かったのか?の切り分けはできていないので、どちらが原因なのか?はわからりません。

しかし、とりあえず言えることとしては、少なくとも私と同じように、過去に実運用されており、そのサイトの質があまりよくないドメインに移転した場合、私と同じ道をたどる可能性は極めて高いと思います。

なので中古ドメインを買う時は、過去にどのような使われ方をしていたのか?について、十分に調査するようにしてください。自作自演の被リンク対策をしていたり、公開しているコンテンツの質が低そうな場合はペナルティを受けている可能性があるため、購入しない方がいいと思います。

ちなみに、それなら私はreview.infoを購入したことを公開しているか?というと、そういうわけではありません。おそらく私は、最初からreview.jpで運用していたにしても、review.infoが売られていれば購入していたと思います。なぜならライバル対策になるからです。

もし仮に他人がreview.infoを購入し、「商品名+レビュー」というキーワードでサイトを作られると、私のライバルになってしまうわけです。なので、このドメインを自分が保有しておくことで、ライバルの出現を抑えられるわけです。なので今後、「review.infoを売ってくれ」という問い合わせが来ても、いくら出されても私は売らないと思います。

冒頭では、以前のreview.jpの所有者に、「review.jpを売ってくれ」と頼んでも売ってもらえなかった、ということを書いていましたが、これも同じくライバル対策が理由です。review.jpを他者に取られると、review.comのライバルと成り得るため、自社で保有していたわけです。

このように、実運用する目的ではなく、ライバル対策として購入するのはアリだと思います。

価値あるドメインを使うメリットを再認識しました

今回の件で、やはりブランディング力のある貴重なドメインを使うのは、メリットが大きいなと改めて実感しました。

今回、ブランディング力としてはreview.infoよりさらに上のreview.jpへドメイン移転したわけですが、結果的に変えてみて、URLに表示されたり、サイトタイトルに表示されるreview.jpを見ると、やっぱり変えてよかったなと満足しています。前述の通り、ドメインの文字数も少なくなってすっきりしたし、ブランディング面でもreview.jpの方が人気だと思うので、サイトのクオリティが1ランク上がった感じがします。

そして何より、こんな感じで自分のサイトに愛着が持てれば、サイトを更新するモチベーションが出ます。基本的にパワーサイト戦略は、いかに長く継続できるか?が全てであり、長く継続させるには、長期間、モチベーションを高く保たなければなりません。これはとても難しいことです。実際に過去に長期間運営されていたが、今は更新がなくなってしまっているサイトというのは多数存在しています。おそらくモチベーションがなくなってしまったのだと思います。モチベーションを長期間継続させるための戦略としても、価値あるドメインで運営することを私はおすすめします。

なので、今回私はSEOトラブルでドメインを変えることになってしまったわけですが、今は「結果オーライ」的に考えることができています。もしSEOトラブルにならなければ、今後ずっとreview.infoで、モヤモヤしながらサイト運営していたかもしれません。

とは言っても、「もう価値あるドメインなんて、ほとんどとられてるじゃん」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。ただ、これに関しては、ある程度のお金さえ出せば、意外と入手できるものです。現に私は2つもreviewというビッグワードドメインを入手しています。

確かにある程度大きい金額がかかってしまうというのはあるのですが、でも、ホームページ運営なんて、基本的に経費はほとんどかかりません。リアルで店舗を出してビジネスを始めようと思えば、初期投資として何百万円、何千万円もかかると思います。それに比べれば、何十万円という金額は、まだ安い方だと思います。経費が安くて済みながら、うまくいけばリアルでビジネスをやるくらいのリターンを得ることもできるわけです。


1つビッグワードドメインをとるコツですが、お名前.comでは、期限が切れて失効したドメインが出た場合、メール配信してもらえるサービスがあります。これを積極的に利用してください。

というのも、今回のreview.jpのように、意外と更新を忘れて、ドメインを失効することがあるんです。私はけっこうな数を登録していて、ビッグワードドメインが失効し、バックオーダーした経験がかなりあります。

例えばreviewという文字列なら、昨年もreview.orgが失効し、バックオーダー後、オークションに参加しました。この時は数百ドルまで値上がりし、ドメインの意味(非営利団体)も微妙だったので、購入はしませんでしたが。

私が狙っているreviewという文字列でさえ、こんなに取得するチャンスがあるわけなので、他のビッグワードドメインについても、取得するチャンスは十分にあると思います。

そしてそのチャンスを絶対に逃さないためにも、欲しい文字列のドメインは、かたっぱしからメール登録をしておくことをおすすめします。

ちなみにドメインの種類としては、.com/.net/.biz/.info/.jpあたりを登録しておけばOKだと思います。これ以外のドメインについては、マイノリティがゆえに、覚えやすさや信頼度に問題があるため、登録しなくてもいいと思います。

「ライバルが真似できない強み」の重要性

基本的には、これまで書いてきたことが、今回、ドメインを移転した理由になっていたのですが、もう1つ、少なからずドメインを移転した理由があったため、おまけ程度に書いておこうと思います。そのもう1つの理由とは、記事の盗用です。

記事の質の高いサイトを運営している方ならおわかりいただけると思いますが、質の高い記事を公開していれば、ライバルに記事をリライトされて公開されることが多くなります。

ただ、いくら記事をリライトしても、基本的にはリライト元と似た内容となってしまうため、Googleはリライトした記事を独自性のないコンテンツと判断し、ペナルティを与えます。なので上位表示はできないので、アクセスは集まっていないはずであり、あまり問題視していませんでした。

ところが8月中旬頃、あるFX系レビューブログの、かなりの商材名キーワードで上位表示している大手ブログに、私のコンテンツ(トレイダーズ証券 古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun-のレビュー)をリライトされて公開されました。

この大手ブログの運営者さんの知識はとても豊富であり、あえてリスクの高いリライトをする意味もないと思うので、もしかしたら私の記事をリライトしたのではなく、質の高いレビューを行った結果、同じ内容になったのかもしれません。しかし真相は不明であり、私の記事を参考にされた可能性も、少なからずあると思います。

前述の通り、基本的にはリライトされても、上位表示はできないため問題ないのですが(現にこの大手ブログの記事も上位表示できていません)、大手ブログにはやられと話は別で、大手ブログだと、他のキーワードでアクセスが集まっており、そこからリライト記事へのアクセスがあるため、これは問題となってきます。

ただ、いくらリライトされても、まったく同じでない以上、著作権侵害の申し立てもできず、基本的にやれることはありません。

つまり、基本的に「記事の質」だけで勝負しようと思っても、それをライバルが真似できる以上、それだけでは安定した運営はできないということです。なのでここで重要になってくるのが、「ライバルが真似できない強み」を持っているか?です。これを持っていないと、「記事の質」だけではライバルとイーブンになる可能性があるため、ライバルに絶対勝てるとは言い切れません。

もっと言えば、リライトはされなくても、自分より頭のいい人はたくさんいるわけで、今はそのジャンルでトップでも、将来自分より頭のいい人が参入してくれば、もっと質の高い記事を公開され、負けてしまうことになります。

なので、ライバルに絶対に勝ちたいなら、質の高い記事にプラスαで、「ライバルが真似できない強み」を持っておく必要があるわけです。

これまでに解説してきたように、ドメインはサイトの顔なので、そのサイトの評価に少なからず影響します。良いドメインを使うことで、良いサイトである印象を与えることができます。また、これ以外にも、日本語ドメインを使ったパワーアフィリエイト戦略とは?で解説しているように、ドメイン戦略をうまく使えば、サイト名の覚えやすさ、SEO面でもメリットがあります。

そして何より重要なのが、この戦略をライバルが真似できない、ということです。ドメインは先にとったもん勝ちで、同じドメインをライバルは取得できません。よって、これが「ライバルが真似できない強み」となるわけです。

サイト運営においては、「ライバルが真似できない物事」は、ドメイン以外にはありえません。なぜなら、基本的にほとんどの物事が、自由に真似できるからです。サイトのデザイン、サイトのコンセプト、記事の内容、記事に使う画像や動画などなど、ほとんどの物事は真似できます。ドメインのみが、唯一、ライバルが真似できない物事と言えます。なので、ここでライバルに差をつける必要があるわけです。

私の場合は、商品のレビューサイトというジャンルにおいて、review.jpという最適なビッグワードドメインで運営することにより、ライバルに対して多少有利にサイト運営ができ、そしてこの戦略はライバルが真似できないため、私だけが持てる強みとなります。この強みがあれば、将来自分より頭のいい人が参入してきても、記事の質で大差をつけられない限り、負けることはないと考えています。

今回は、このようなリライトされる現状を見て、「ライバルが真似できない強み」をより強化したい、という思いから、review.infoから、よりブランディング力のあるreview.jpに変更した、という理由もありました。

質の高い記事+信頼度の高いドメイン。これがサイト運営で成功するための絶対法則だと私は思っています。

その後の状況について※11/2追記

2017年11月2日現在、review.info→review.jpに変更後一ヶ月が経過したので、その後の状況を報告します。

結論から言うと、ドメイン変更後改善は見られず、順位がさらに下落した、という状況になっています。以下は11月2日時点での順位です。

なので、現時点で私が想定していることとしては、まずreview.infoの以前の持ち主が運営していたサイトのコンテンツにペナルティがついており、レビュー.com→review.infoへ移転したことでペナルティを引き継ぎ、順位が下落した。そしてさらにreview.info→review.jpへ移転したことで、同じくペナルティを引き継ぎ、順位に変化は見られない、という状況です。※review.jpは、私が所有する以前はサイト運営されていなかったので、review.jp自体にペナルティがついていた可能性は無いと考えています。

繰り返しになりますが、今回の件で、中古ドメインに移転するリスクの高さを強く実感しました。仮に中古ドメインを購入し、新しくサイトを運用するなら、もしペナルティを受けていた場合の被害も少なく、まだいいと思いますが、私のように何十記事と書いていたサイトを中古ドメインに移転する場合、もしペナルティを受けていた場合、その何十記事が無駄になる可能性があります。そして一度ペナルティを引き継いでしまうと、元のドメインに戻すにしても301リダイレクトでペナルティを持った状態で戻るし、別のドメインに移転するにしても同じく301リダイレクトでペナルティを引き継ぐので、どうすることもできません。やり直しができないということです。

なので中古ドメインに移転する場合は、新しくサイトを運用する場合のみ検討すべきであり、かなり育ったサイトに使うのはリスクが高すぎるので、絶対にやめた方がいいです。

なので、今後の私の対応としては、もうしばらく様子を見て、だめなら、実はreview.jp並みのビッグワードドメインをもう1つ持っているので、そのドメインで新しく1からサイト運営することを検討しています。もしそうなれば、review.jpから、そのサイトへのリダイレクトは行わない予定なので、そのサイトを知りたい方は個別にご連絡ください。

おすすめ記事

1

目次1 管理人のFX月間損益報告のまとめ2 実績のない商材を買うことの恐ろしさとは?3 「後出しじゃんけん」でよければ、実績の捏造(ねつぞう)は簡単4 信頼度の高い実績とは?5 どうやって勝てるように ...

2

※現在はローマ字ドメインに変更しています。変更した理由は、以下記事で書いています。 >>sedoで70万円のドメインreview.infoを購入&日本語ドメインからローマ字ドメインに変更した理由 私は ...

3

※現在はreview.jpに変更しています。変更した理由は、以下記事で書いています。 >>お名前.comの.jpドメインオークションでreview.jpを30万円で購入しました これまで私は、レビュー ...

-アフィリエイト

Copyright© review.jp , 2017 All Rights Reserved.