sedoで70万円のドメインreview.infoを購入&日本語ドメインからローマ字ドメインに変更した理由


※時間経過で戦略の変更が発生しており、全3回のシリーズ記事となっておりますので、順番に読んでいただけるとわかりやすいと思います。

最強のライバル対策!日本語ドメインを使ったパワーアフィリエイト戦略とは?
②sedoで70万円のドメインreview.infoを購入&日本語ドメインからローマ字ドメインに変更した理由
お名前.comの.jpドメインオークションでreview.jpを30万円で購入しました

なぜ日本語ドメインからローマ字ドメインに変更したのか?

私は、以前は、「http://レビュー.com」という日本語ドメインでサイトを運営していました。日本語ドメインのメリットについては、以下で解説しています。
>>最強のライバル対策!日本語ドメインを使ったパワーアフィリエイト戦略とは?

そしてその後、2017年4月に、6000ドル、約70万円でreview.infoというドメインをsedoで購入し、このドメインに変更しました。まず始めに、日本語ドメインのメリットを書いていながら、なぜローマ字ドメインに変更したのか?を書いていきたいと思います。基本的には、日本語ドメインの記事で書いたことをベースに、それと比較する形で今回の記事は書いていくので、まずは上記日本語ドメインの解説記事を読まれてみてください。

まず、上記記事で書いている日本語ドメインのメリットについて軽くおさらいしておくと、日本語ドメインを使う理由として、上位表示を狙うキーワードとドメインを合わせることにより、上位表示しやすくする、というメリットがあります。私の場合、「商品名+レビュー」というキーワードで上位表示を狙うにあたり、「レビュー」の部分をドメインと合わせることにより、他のドメインに比べて上位表示に有利にになる、ということです。

あと、日本語ドメインのメリットのもう1つが、サイト名の覚えやすさです。基本的にサイトタイトルとドメイン名は合わせるべきなので、ローマ字ドメインを使うと、サイトタイトルがローマ字になります。一方、日本語ドメインを使えば、サイトタイトルも日本語にできるので、サイトタイトルを覚えやすく、リピーターが再訪問しやすい、というメリットがあります。私の場合、サイトタイトルとドメイン名を「レビュー.com」とすることで、リピーターはこのサイト名を覚えやすく、リピーターが再訪問しやすい、というメリットがありました。

これをローマ字ドメインの「review.info」にすると、どうなるか?まず最初に認識しておいていただきたいのが、今回ローマ字ドメインに変更したわけですが、上記2つの基本戦略は、何も変わっていません。ただ、詳しくは後述しますが、多少効果が落ちてはいます。

具体的には、まず、上位表示を狙うキーワードとドメインを合わせることにより、上位表示しやすくする戦略については、レビュー.comなら、「商品名+レビュー」で上位表示を狙うにあたり、レビューの部分を完全一致させることができていました。これに対し、review.infoの場合、レビューの部分について、意味は同じでも、言語が異なります。とは言っても、言葉の意味は同じなので、Googleは、自分で言語を翻訳して共通性を見るので、ある程度効果はあると思います。ただ、日本語ドメインに比べると、効果が落ちるということです。

次に、サイトタイトルの覚えやすさについては、サイトタイトルとドメインが「レビュー.com」と「review.info」では、間違いなく前者が覚えやすいと思います。なので、この効果はかなり落ちてしまうでしょう。ただ、ローマ字ドメインの中でも、「review」というビッグワードで取得しているので、他のローマ字ドメインに比べると、かなり覚えやすい方だと思います。あくまで日本語ドメインに比べると、覚えにくいということです。

上位表示を狙うキーワードとドメインを合わせることにより、上位表示しやすくする戦略については、言語は違えど、同じ意味のキーワードでドメインを取得していますし、また、サイトタイトルの覚えやすさについても、日本語ドメインほど覚えやすくはありませんが、reviewというビッグワードでドメインを取得しているので、ローマ字ドメインの中では、かなり覚えやすい方だと思います。なので、繰り返しになりますが、基本戦略は何も変更なく、あくまで上位表示しやすさと、覚えやすさの優先度を少し落としただけです。

では日本語ドメインの、上位表示しやすいというメリットと、覚えやすいというメリットの効果を多少落としてまで、なぜローマ字ドメインに変更したのか?結論から言うと、ローマ字ドメインの方が価値が高いからです。なぜ価値が高い方がいいのか?

私はよく、商材の販売者に、アフィリエイト報酬の交渉をするのですが、この時に「ドメイン名を告げて、私はこのサイトを運営しているのですが」というと、「すごいドメインをお持ちですね」と言われたことが何度かありました。「レビュー.com」のようなビッグワードドメインは、数に限りがるので、誰もが取れるドメインではありません。なので、「すごい」と思ってもらえたわけです。

そして、商材販売者が、ドメインを見て「すごい」と思うのであれば、同じ人間である検索サイトユーザーも、「レビュー.com」というドメインを見て、「すごい」と思ってくれた人もいるはずです。つまりドメインのおかげで、「良いサイト」と認知してもらえるわけです。

検索サイトユーザーに、「良いサイト」と思ってもらえるメリットは計り知れません。

まず検索結果に良いドメインが表示されれば、クリックされる確率が上がります。これについては、日本語ドメインの場合は、よく「目立つからクリックされやすい」と言われますが、私はこの考え方には否定的で、日本語ドメインのメリットでも、「検索結果で目立つからクリックされやすい」みたいなことは私は書いていません。なぜなら、そもそも訪問者は、自分が知りたい情報を求めて検索しているわけなので、「このサイトは質が高そう、自分が求めている情報が書いてありそう」と思うサイトをクリックします。目立ったからといってクリックされるわけではありません。つまり、日本語ドメインを使って目立たせるのではなく、良いドメインを使って良いサイトであることをアピールした方がクリックされやすいわけです。

さらに、サイトを訪問後も、良いサイトと思ってもらえれば、他のいろいろな記事を読んでくれるでしょう。これによりサイト滞在時間が上がり、Googleにも高評価を受けることが可能となります。

さらに、「良いサイト」なら、また再訪問もしたいとも思ってくれるでしょう。ブックマークもしてくれるかもしれません。

さらに、「良いサイト」なら、信頼を得やすいので、商品の成約率も上がります。

もちろん、検索サイトユーザーに「良いサイト」と認知してもらうには、良いドメインを使っただけで達成できるわけではありません。なぜなら、検索サイトユーザーに、「良いサイト」と認識してもらうには、記事の質が最重要だからです。記事の内容を見て、自分が知らない、とても役に立つ内容が書いてあった場合に、「良いサイト」と認識されるわけです。

しかし、上位表示しているサイトなんて、ほぼほぼ記事の質は高いわけで、ここで明確な差は生まれません。よって、いくら質の高い記事を書いたからと言って、検索サイトユーザーに、大きなインパクトを与えることはできません。

しかし、ドメインはどうでしょうか?貴重なドメインは、誰もが持てるわけではありません。よって、貴重なドメインで運用すれば、とても大きなインパクトを与えることができます。

例えば、東京でフェラーリに乗っていても、よく見るので、そんなに注目はされません。しかし、田舎でフェラーリに乗っていれば、めったに見ないので、とても注目されます。フェラーリは確かにすごいです。しかし、誰もが持つ東京で、それを持っていたとしても、あまりインパクトはありません。誰もが持っていない田舎で持つからこそ、注目されるわけです。

同じように、「質の高い記事」は、誰もが書けるので、それが書いてあったとしても、そんなにインパクトはありません。一方、貴重なドメインは、数に限りがあるので、誰もが持つことはできません。だからこそ、それを持っている者は注目されるわけです。

質の高いサイトを運用すれば、確かに成功する可能性は高いと思います。しかし、そこにプラスして、良いドメインを使い、他の人が持っていない要素でインパクトを与えれば、成功する可能性は飛躍的に上昇するでしょう。


では、具体的に「良いドメイン」とは何なのか?ですが、基本的にドメインは、短ければ短いほど数に限りがあるので、取得が難しくなるため、価値があるということで、良いドメインということになります。

そして日本語ドメインの場合、日本人にしか需要がないわけなので、ローマ字ドメインに比べると価値は落ちます。もちろんこれは文字列によっても変わってきますが、全体的な傾向としては、ローマ字ドメインの方が価値が高いわけです。上の写真はレビュー.comの明細、下の写真はreview.infoの明細になりますが、レビュー.comは13万円で購入したのに対し、review.infoは70万円(sedoは一度に払える額の上限が50万円なので、2分割で支払っています)で購入しています。

レビュー.comでも十分貴重なドメインだと思いますが、さらに貴重なドメインを使うことで、より良いサイトである印象を高めたい、という狙いから、review.infoに変更した、ということになります。※自社の商品やサービスを、顧客に、より良いものと認知させ、市場でのポジションを築く戦略をブランディングと言います。今回の戦略も、貴重なドメインを使うことで、サイト観覧者に、より良いサイトであると認知させ、レビューサイトの中でポジションを築くことを狙っているため、以降ではブランディング効果と呼ぶことにします。

最初にドメインを考えていた時にも、貴重なドメインを使うことによるブランディング効果については、ある程度あると考えていましたが、その恩恵はそれほど大きくないと考えており、ドメインの貴重性は重視せず、ドメインの覚えやすさと、SEO面を重視し、日本語ドメインを使っていました。しかし、実際にサイトを運用して、様々な人とやりとりして、貴重なドメインを使うことによるブランディング効果によるメリットが予想以上に大きいことを実感し、今回の変更に至ったということになります。

今回の変更にあたって、以前に記事を読まれて、日本語ドメインで運用されている方がおられましたら、日本語ドメインを推奨した本人がローマ字ドメインに変更したわけなので、日本語ドメインを使うことについて、多少不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これについては心配していただく必要はありません。

なぜなら、冒頭でも書いたように、そもそもの基本コンセプトである、上位表示を狙うキーワードとドメインを合わせることで上位表示しやすくする点と、覚えやすいドメインを使うことによるリピーターが再訪問しやすくするということを狙っている点は、何も変更なく、現在でもこの2点は重要であると考えており、この2点に関しては日本語ドメインに分があります。

さらに、価値が高いドメインを使うことによるブランディング効果についても、私は以前の記事でも、覚えやすいドメインを取得するべきであると書いていました。そして日本語ドメインであっても、覚えやすいドメインなのであれば、ある程度の価値があります。実際私はレビュー.comを9万円で購入していますが、これはドメイン全体の相場から考えると、十分高額な方だと思います。事実、私も日本語ドメインのレビュー.com運用時に、「すごいドメインですね」と言われています。あくまで、ローマ字ドメインに比べると、価値が低いというだけの話です。

ただ、基本コンセプトは変わっていないものの、優先度を変更し、ドメインを変えたのも事実です。もし日本語ドメイン戦略の記事を参考に、日本語ドメインでサイトを運営されており、さらに今回の私のようにローマ字ドメインに変更したい、と思われる方がいらっしゃれば、ドメイン変更をさせてしまうかもしれません。ドメイン変更は、検索順位の下落を伴うとてもリスクの高い作業であり、そのような作業をさせてしまうことについては、大変申し訳なく思っております。申し訳ありません。

ただ1つ言い訳をさせていただくと、やはり最初から、ベストな手法を作ることはできません。前職の研究職でも、最初からできるだけベストな手法を考えてはいましたが、やはり実際に運用してもて、その結果をフィードバックさせて、手法を微調整することも頻繁に発生していました。今回も、貴重なドメインを使うことによるブランディング効果については、実際にビッグワードドメインでサイトを運営してみなければわからないことでした。

今後は、できるだけ今回のような変更ができるだけないように、事前にあらゆることを想定して先読みし、ノウハウを公開していきたいと思っています。

ドメイン変更後、しばらく順位が下落し、約一か月で復活しました


上記は私のサイトのアクセス解析の訪問者数の推移になりますが、ドメイン変更後順位が下落し、数日後には全てのキーワードで圏外となりました。この間のアクセスは、全てブックマーク等からのアクセスになります。その後、二十日ほどで順位が戻り始め、一か月後には、ドメイン変更前とほぼ同じアクセスに戻りました。

これが、単純にドメインを変更したことで順位が落ちたのか?それとも、変更したドメインが悪かったのか?は、私にはわかりません。ただ、順位が落ちて思ったのが、やはり運営の途中でドメインを変えることは、相当なリスクがあることを実感しました。

ましてや、今回はさらに中古ドメインに変更していたわけです。中古ドメインは、以前の持ち主が、自作自演の被リンク対策や、公開している記事の質が低かったりするとペナルティを受けている可能性があり、そしてこのドメインに変更すると評価を引き継いでしまう可能性があるため、ドメインを変更後、順位が下落したり、そのドメインで新しく記事を書いても、上位表示できない、という可能性は大きくなると思います。


review.infoの場合、被リンクについは、購入前にOSEで、外部からの不自然なリンクがないか?を確認し、問題ないことを確認していました。

しかし、気がかりだったのが、コンテンツの質の方で、以前の持ち主には悪いのですが、そのサイトの質は、あまりいいものとは言えませんでした。過去のコンテンツは、Internet Archiveで見ることができます。
>>https://web.archive.org/web/*/review.info

やはり中古ドメインで、過去の持ち主がサイトを運営していた場合は、このドメインに変えるリスクはかなり高いです。

そして日本語ドメインの場合は、基本的に日本語ドメインを使ってサイトを運営する例は珍しく、ビッグワードドメインをURLに打ち込んで確認しても、そのほとんどがドメインパーキングになっている状態なので、この場合は中古ドメインだからと言ってもペナルティを受けている可能性は低くなります。なので、日本語ドメインを使う場合は、あまりこの点を懸念する心配はないため、日本語ドメインの解説記事でも、この点は指摘していませんでした。これは日本語ドメインの大きなメリットとも言えるでしょう。

しかし、ローマ字ドメインとなると話は別で、ローマ字ドメインなら、サイトとして実運用されます。ましてやビッグワードドメインともなれば、それでサイトを運営してしまっている場合がとても多くなります。こうなってくると、自作自演の被リンク対策だったり、コンテンツの質が悪いと、ペナルティを受けてしまい、このドメインに変更してしまったた場合は、ペナルティを引き継いでしまい、上位表示できない、ということになってしまうわけです。

つまり、今回のローマ字ドメインのビッグワードドメインを使う、という手法は、かなりリスクの高い手法であると言えます。ドメイン購入代金は、日本語ドメインよりもはるかに高額なのにもかかわらず、それを買っても使えるかどうかわかりません。なので私の場合は、もしreview.infoが使えなかった場合は、ドメイン購入代金の70万円を無駄にし、さらにレビュー.comのアクセスも無くすという、かなり悲惨なことになってしまっていました。

なので、今後、私のようにローマ字のビッグワードドメインで運用、あるいはドメイン変更を考えられる場合は、このような大きなリスクをとるだけの価値があるのか?について、よく考えてみてください。ちなみに繰り返しになりますが、ローマ字ドメインの価値とは、ブランディング効果です。この効果をどれだけ生かせそうなのか?ということです。ここに価値を見出せるのであれば、私のように、ギャンブルに出てみるのもアリなのではないかと思います。

逆に考えると、日本語ドメインというのは、とてもコストパフォーマンスに優れていると思います。価格も安いし、尚且つ購入したドメインは、過去に運営されていない場合がほとんどなので、ほぼほぼ問題なく使えると思います。ブランディング効果をそれほど必要としないのであれば、とてもコストパフォーマンスのいいドメインだと思います。

ローマ字中古ドメインの選び方

前述の通り、日本語ドメインに比べて、ローマ字ドメインは実運用されている場合が多いため、かなりリスクの高いドメインとなります。しかし、以下で解説する内容を確認すれば、多少はペナルティ付きのドメインを回避できますので、見分け方を解説しておきます。

まず、最重要となるのは、自作自演の被リンク対策を行っているか?どうかです。そのリンクが自作自演なのか?の見分け方については、基本的に独自性のある、質が高そうなリンク以外のものは、全てリスクのあるリンクと判断する方が無難です。質の低いリンクが多ければ、そのドメインは買わない方がいいと思います。サイトが英語で、自分が英語がわからなければ、わかる人に和訳を頼んでください。

ちなみに世間一般的には中古ドメインというと、過去のサイトについたリンクを使って上位表示させる目的で使われますが、これはGoogleのペナルティを受けるため、やってはいけません。なので、被リンクの質が良くても、私はそのドメインも込みで、過去のサイトについていたリンクは全て否認申請をしました。こうすることで、被リンク目的で中古ドメインを使ったわけではないことをアピールできます。つまり、基本的には被リンクの質が良かろうが悪かろうが、被リンクはついていない方が良いということです。

あと、スパムチェックサイトを使って、スパム判定を受けていないか?を確認してください。「スパム チェック」等で検索すれば、いろいろなチェックサイトが出てくると思います。スパム判定されていれば、そのドメインは買わない方がいいと思います。

あと、購入を検討しているドメインで、現在の持ち主がサイトを運営していた場合、コンテンツの質を見てください。サイトが英語で、自分が英語がわからなければ、わかる人に和訳を頼んでください。質が低ければ、そのドメインは買わない方がいいと思います。ただ、これに関しては、絶対ではありません。そもそも、前述の通り、ローマ字ドメインは実際に使われているケースが多く、ここまでこだわりだすと条件に合致するドメインは、ほとんどないと思います。

コンテンツの質に関しては、論理的に考えると、Googleも、まだ評価のリセットがしやすいのではないかと考えています。なぜ、こう考えられるか?というと、変化点が明確だからです。前述のように、自作自演の被リンク対策が行われていた場合、外部からの不自然なリンクが多数張られているのであれば、それらは私の管理外なので、私がドメインを購入したからといって、それらを全て無くすことは不可能です。つまり、変化点がわかりにくいため、評価をリセットすることも難しいということです。

しかし、サイトコンテンツについては、旧サイトコンテンツは全て削除しており、変化点が明確なので、Googleも、まだ評価のリセットがしやすいのではないかと考えていました。

結果的に、ドメイン変更後、全てのキーワードで圏外になったものの、一か月ほどで復活し、現在は問題なく使えています。前のコンテンツが、質の低いペナルティを受けていたか?は、わかりませんが、現時点でコンテンツの質についてのペナルティは受けていないので、前の時点でペナルティを受けていなかったか、もしくはペナルティを受けていたが、リセットしてくれたかのどちらかだと思います。ただ、前サイトのコンテンツの質を見る限り、後者の可能性が高いと考えています。つまり、Googleがコンテンツの評価をリセットしてくれた、ということです。

ただ、これは私1人の例しかなく、再現性確認ができていないので、絶対コンテンツの評価をリセットしてくれるのか?は、わかりません。あくまで被リンクに比べると、リセットしてくれる可能性が高いのではないか?ということです。

review.infoの場合、コンテンツの質は悪かったものの、まだリンクがたくさんついていたり、ブラックリストにのっていないだけマシかな?と思って購入してみました。なので、コンテンツの質に関しては、低かったとしても、どうしてもその文字列のドメインが欲しければ、ギャンブルに出てみる価値もあると思います。

あと、ドメインの種類についてですが、基本的にローマ字ドメインのメリットは、価値が高いことによるブランディング効果にあるため、価値が高ければ高いほどいいです。ドメインの価値としては、圧倒的に価値が高いのが.com。その次に大分劣って.net。その次に若干劣って.org、.info、.biz。これら以外のドメインはマイナーなので、あまり価値はありません。つまり、よっぽどの理由がない限り、.comを使うべき、ということになります。

と言いながら、なぜ私は.infoを選んだか?というと、review.comもreview.netも、いくらお金を出すと言っても売ってもらえなかったからです。なので極力.comで運用したかったので、半年間ほど、review以外の文字列で、商品のレビューサイトを運営できないか?を考えました。しかし、日本語なら、商品名を含む複合キーワードとしては、レビュー以外にも、口コミ、評価、感想などいろいろあるのですが、英語の場合は、なぜかreview一択になっていたため、この文字列はどうしてもゆずれなかったので、.infoで妥協した、ということになります。※以下は複合キーワードの検索例です

あと、サイトコンセプトとして、商品のレビュー情報を発信するサイトであるため、情報という意味の.infoなら目的に合致する、という点も.infoを選んだ理由の1つです。

ちなみに複合キーワードを見ていると、BESTUY(http://www.bestbuy.com/)なんかは、かなりうまいことやってるなーと思います。なぜか?は、日本語ドメインの記事を読んでいただければ、お分かりいただけると思います。

全体的に言える注意点としては、これくらいでしょうか。基本的に、どのドメインがベストなのか?は、サイトのジャンルによって、多種多様なので、全てに当てはまるような内容は、あまりありません。例えば前述の通り、ネットに疎い客層をターゲットにしているのに、価値の高いドメインを使っても無意味です。なので、特典で個別サポートをつけているので、基本的には個別に質問していただければと思います。

ドメイン文字列の考え方の解説&個別アドバイスを行います

これまで解説してきたように、ドメイン戦略をうまく使えば、ライバルに一定のアドバンテージを持ち、優位にサイト運営を行うことができます。

しかし、ここで難しいのが、ドメインを、どのような文字列にするか?です。ここを間違うと、ドメインを途中で変更することになります。ドメインを途中で変更してしまうと、それまで上位表示できていたキーワードで上位表示できなくなり、アクセスが一気に減少するリスクがあります。現に、私は途中でドメインを変更したため、変更前は、ほとんどの商材名キーワードで10位以内には入っていたのですが、その大半が数十位まで落ち、しばらくはサイトにアクセスがほとんどない状態が続きました。
>>お名前.comの.jpドメインオークションでreview.jpを30万円で購入しました

なので、後々ドメインを変更することにならないように、最初によく考えて決めなければなりません。そこで、アフィリエイト系商材の特典として、“review.jp管理人のアフィリエイト講座”を公開させていただいておりますが、この一環で、ドメインの文字列の考え方や、ビッグワードドメインの取得方法を解説しています。

さらに、特典には3カ月のメールサポートをおつけしていますが、このサポートにて、ドメインの文字列についても、個別にアドバイスを行わせていただきます。サイトコンセプトをお聞きした上で、そのコンセプトがどうなのか?また、コンセプトがOKなら、ドメインをどうするのか?などなど、個別にアドバイスさせていただきます。

私はこれまで、かなりの時間をかけ、様々なことを考えてドメイン名の選定を行ってきました。アフィリエイト業界の中では、ドメイン戦略については一番詳しく、第一人者であると自負しています。それは、誰もが持てないreview.jp、review.info、レビュー.comなどのビッグワードドメインを私が取得していることからも、第一人者であると言えるはずです。なぜなら、ドメインは早く取ったもん勝ちだからです。

これからサイト運営を始めようと思われている方は、是非ご検討ください。
>>“review.jp管理人のアフィリエイト講座”のご案内

※注意点
アドバイスは、できるだけ優位になるように、精一杯考えてアドバイスさせていただきますが、私が行ったような、PPC広告に出稿してキーワード調査を行う、というレベルまでは、時間、金銭の都合上、できません。

さらに、成功するか?は、実際にやってみないとわからない部分も多いため、あらかじめ、「これでやればうまくいきますよ!」というように、成功をお約束することはできません。

また、アドバイス事例は、購入者サイトにて、Q&Aとして公開させていただきます。ただ、先に他者にドメインを取られてはいけないので、発案者の方が、ドメインを取得後の公開とさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。