トレンド・ディスカバリーFXのレビュー

関野典良さんのトレンドフォロー系商材です。関野さんは、これまでにも数々のトレンドフォロー系商材は販売されていますが、今回も手法としてはトレンドフォローのようです。

関野式エリオット波動塾のレビューの記事でも書いているのですが、直近の商材では、1年前くらいから、「通貨の強弱」という手法を使ってトレードされており、今回もそれがメイン手法となっているようです。

この手法については、2016年3月に販売された関野式エリオット波動塾という商材で既に商材化されています。この商材は通貨の強弱を使う手法と、エリオット波動を組み合わせた手法でした。

今回関野さんが商材を販売するのは、関野式エリオット波動塾ぶりということになるわけですが、手法としては、既に商材化されている通貨の強弱の手法を使うようであり、前回の商材と似た内容である印象を受けます。

異なる点としては、前回は通貨の強弱+エリオット波動ということで、裁量職の強い商材でしたが、今回は通貨の強弱+未来予想ロジック、つまりロジックを使うということで、初心者向けの内容になっている印象を受けます。

なので、商材の構成としても、エリオット波動は裁量職が強いため、教えるのに時間がかかるので塾形式になっており、一方で今回の商材はロジックなので、手法さえ教えればトレードできるため、塾ではなくマニュアルのみなのだと思います。なので、今回の商材は、「関野式エリオット波動塾の簡易版」と考えると、しっくりくるような気がします。

商材名:トレンド・ディスカバリーFX
販売ページ:http://discovery-fx.s3.amazonaws.com/top/it_pre.html

通貨の強弱を見極める手法とは?


引用:http://discovery-fx.s3.amazonaws.com/top/it_pre.html

今回の通貨の強弱を使う手法については、販売ページを見ると、上記のような解説があります。

基本的にチャートというのは、例えば上昇で考えると、左側の通貨が買われるか、左側の通貨が売られた場合に上昇となります。ということは、双方が同時に発生している状態、つまり左側の通貨が買われ、右側の通貨が売られている状態というのは、大きなトレンドが発生している状態と言えます。

つまり、通貨の強弱を見て、何をやりたいのか?というと、「できるだけ強いトレンドが出ている通貨ペアを選ぶ」ということをやっているわけです。そして今回の商材では、そのような通貨ペアを「一番稼ぎやすい」通貨ペアであると定義されています。


上記動画では、11分30秒あたりで「左側の通貨がすごく買われていて、右側がすごく売られている時に、(今後)トレンドが強く発生する」ということが言われています。

しかし、ここで私が疑問に思うのが、なぜ?どういう理屈で?「左側の通貨がすごく買われていて、右側がすごく売られていれば、今後トレンドが強く発生する」と考えられるのか?ということです。つまり、なぜ、できるだけ強いトレンドが出ている通貨ペアなら、今後もトレンドが強く発生すると言えるのか?ということです。

強いトレンドなら、今後も継続すると考える根拠は何なのでしょうか?販売ページや、動画では、そう考える根拠の解説は一切ありません。

むしろ逆張り派の思考としては、「さすがにこれだけ上げたのなら、そろそろ反転するだろう」という思惑で、大きな上昇トレンドが発生した事実を、反転の根拠に使う人だっているわけです。

もちろん、基本的には私もトレンドフォロワーなので、トレンドについていく考え方は肯定派です。しかし、「左側の通貨がすごく買われていて、右側がすごく売られている時」=「(今後)トレンドが強く発生する」と解説されても、その根拠がまったく説明されていないので、いまいち納得できないわけです。この解説の仕方だと、私は、理論のこじつけのような印象を受けます。


例えば上のようなドル円5分足、ユーロ円5分足チャートがあったとします。本来であれば、これら2つの各々のチャートを見て、ドル円を売ったり、ユーロ円を売ったりするわけですが、今回の関野さんの手法は、通貨の強弱を見て、よりトレンドの強い方をエントリーしようというものです。

まず、ドル円とユーロ円双方のチャートで下落しているため、円買いが入っていることがわかります。ということは、もう片方の通貨(ドルorユーロ)は、売られている方を選ぶと、よりトレンドが強い状態であると言えます。なので、それを調べるために、ユーロドルのチャートを見るわけです。


ユーロドルチャートは下落しているので、ユーロが売られていることがわかります。なので、もう片方の通貨は、ユーロを選ぶことが決まります。つまり円買い、ユーロ売りを行う、ということで、ユーロ円を売る、という選択になるわけです。

では、後述するボリンジャーバンドからの逆張りロジック手法で、上記チャートでユーロ円を売ったとします。その後チャートはどうなっているでしょうか?


黄色縦線部がユーロ円をボリンジャーバンド+2σを背に売ったポイントですが、その後反転してしまいました。通貨の強弱を見て、トレンドが強い通貨ペアを選んだのに、なぜトレンドが継続しなかったのか?それは、ドル円を見ればわかります。


おわかりの通り、ドル円は113円ジャストからの反転だったわけです。つまり、エントリーする直前まではドル円とユーロ円は下落していたので、確かに円は買われていました。しかし、113円ジャストの壁に到達したため、円買いが終了となってしまったわけです。

結局何が言いたいか?というと、ユーロ円が大きく下落していれば、直前までは円買いユーロ売りとなっていたことは事実です。しかし、だからと言って、今後もその流れが継続するか?というと、それはまた別の話であり、いくらこれまでが下げていたからと言って、今後も下げる根拠にはなりません。

トレンドが強く発生する未来を予想したければ、ラインを見るべきでないか?

前述の通り、「左側の通貨がすごく買われていて、右側がすごく売られている時」⇒「(今後)トレンドが強く発生する」というような解説では、私は納得できず、とても実践してみようという気にはなりません。

なぜ?どういう理屈で?「左側の通貨がすごく買われていて、右側がすごく売られていれば、今後トレンドが強く発生する」と考えられるのか?つまり、なぜ、できるだけ強いトレンドが出ている通貨ペアなら、今後もトレンドが強く発生すると言えるのか?ということです。

強いトレンドなら、今後も継続すると考える根拠は何なのでしょうか?販売ページや、動画では、そう考える根拠の解説は一切ありません。

誰もが、「強いトレンドが出ていれば、今後も継続するので順張りしよう」と思うのであれば、確かに優位性があると思います。しかし、そう思う人ばかりではありません。「さすがにこれだけ上げたのなら、そろそろ反転するだろう」という思考で逆張りする人もいるはずです。

それよりも私は、「強固なライン抜け」⇒「今後トレンドが強く発生する」と考える方が論理的ではないかと思っています。私は、こう考える根拠を提示できます。

例えば、強固なレジスタンスラインがあったとすると、そこには強い壁が存在しているわけなので、中途半端な上昇であれば、そこで止められてしまうはずです。しかし、あるタイミングで、その強い壁を突破されたとします。その場合は、その強い壁を壊すだけの力が発生したということになるので、その後大きなトレンドになる可能性が高いわけです。

強固なレジスタンスラインがあり、そこを上抜け、大きな上昇の力が働いている状態なのに、ここから下がるだろうと思う人は、相当なあまのじゃくでない限りいないはずです。

なので私は、トレンドが強く発生する未来を予想したければ、通貨の強弱を見るよりも、ラインを見るべきなのではないかと思います。

しかし、今回の商材の販売ページでは、レジスタンスラインやサポートラインというキーワードはまったく出てきません。これら水平ラインを見ずに、トレンドが強く発生するところを判断するのは、かなり難しいと思います。

現に、最初に解説したユーロ円チャートでは、確かに円が買われ、ユーロが売られている状態でしたが、ドル円が113円というラインで止められていたがゆえに、その後強いトレンドは発生していません。むしろ大きく下落して強固なラインで止められたという状況は、既に大きく下落しているがために、下落のパワーを使い切ってしまっている可能性があり、そこからさらに強固なラインをも抜いていくには相当なパワーが必要となります。逆に言えば、相当なパワーがないと、大きく下落した後にラインを抜くことはできないので、基本的に大きく下落して強固なサポートラインに到達したなら、反転を狙う戦略の方が有効になる場合が多いです。

このことからもわかるように、やはりトレンドが継続しやすいのか?を判断するには、ラインを確認するのは必須だと私は考えています。

関野さんも同様に、過去の商材を見ると、ラインをとても重要視されていました。環境認識もラインを使われましたし、エントリータイミングを計る時にもラインを使われていました。特にサポレジ転換を使って、よくエントリーされていたと思います。それがなぜ今回は、一切出てこなくなってしまったのか?は、大きな疑問です。

勝てる武器を持っているのに、それを使わない理由は何か?2つの理由が考えられます。1つ目は、その武器が通用しなくなった。2つ目は、新しい武器を使った商材を売りたい。1つ目の可能性については、ラインはチャートの根本なので、通用しなくなることは考えにくいです。おそらく理由は2つ目の理由になるのではないかと思います。

通貨の強弱を見極める手法のやり方の解説

今回の通貨ペアの強弱を使う手法が論理的なのか?は一旦置いておいて、手法を実践してみたいのであれば、やり方はとても簡単です。

関野さんは上記動画にて「この手法は慣れるまではすごく難しく、僕も勉強に1年かかった」とおっしゃっていますが、そんなことはありません。やり方は以下の記事で全て解説しています。ちょっと勉強すれば、すぐにできるようになると思います。
>>通貨ペアの強弱を使った方法


考え方としては、サッカーのワールドカップ予選と全く同じです。要は、たくさんあるチームの中から、最強と最弱を決めたいわけです。しかし、6チームを一度に戦わせることはできません。なので2チーム1組で、総当たりで試合をさせるわけです。そして、勝ちを3点、引き分けを1点とし、一番勝ち点が多かったチームが最強で、一番勝ち点が少なかったチームが最弱、ということになります。FXでも同じように、1つの通貨ペアを1つの試合と考えて(例えばユーロドルならユーロVSドル)、総当たりの試合結果から、一番強い通貨と一番弱い通貨を選出し、この通貨ペアをトレードすればいいわけです。ちなみに関野さんが言われる強い通貨とは買われている通貨、弱い通貨とは売られている通貨です。

佐野さんは、上記リンク先の通貨の強弱を使う方法の解説動画の中で、「一番強いチームと一番弱いチームが戦えば、一番強いチームが勝ちやすいでしょ?」ということを言われています。確かにサッカーの試合なら、そうだと思います。しかし、FXはそれとはまた別の話だと私は考えています。

なぜならFXは、上げれば上げるほど、その後は上げにくくなるからです。直近でかなり上昇しているということは、たくさんの人が買ったということです。つまり上げれば上げるほど、買い済みの人が増えていくわけなので、それ以降で買う人というのは、どんどん減っていくわけです。

「上げれば上げるほど、上げにくくなる」というのは、試合の例で言うと「強ければ強いほど、強くなくなる」ということになります。なので、一番強いチームと一番弱いチームを戦わせても、一番強いチームが勝つか?は、わからないわけです。

サッカーは、そういうわけではありません。例えば、今は一番ブラジルが強いと思いますが、「強ければ強いほど今後は強くなくなる」ということはないと思います。強いチームは、いつまでたっても強いままです。なのでサッカーの試合なら、強いチームと弱いチームを戦わせれば、強いチームが勝つでしょう。しかし、まったく同じようなことがFXでも言えるか?というと、そういうわけではないと私は考えています。

FXに例えるなら、車のレースで考えるとわかりやすいと思います。車のレースは、勝てば勝つほどウエイトのハンデが与えられます。上位に行けばいくほど重いウエイトを車に積んでレースをしないといけないので、遅くなってしまうわけです。なので、いくら過去に勝ったからと言って、今後も勝てるか?は、わかりません。FXもこれに似ているように思います。

未来予想ロジックとは?

通貨の強弱を見て、エントリーする通貨ペアが決まればエントリーを行うわけですが、今回はエントリータイミングを計るために、逆張りロジックと、ブレイクアウトロジックの2つロジックを用意されているようです。


まず、逆張りロジックについてですが、これはボリンジャーバンド±2σからの反転を狙う手法です。例えば買いなら、ボリンジャーバンド-2σにタッチしたところで、逆張りで買うという方法です。この手法は、数年前に販売されていた恋スキャFXのレンジ対応ロジックに、かなり近いものがあります。

そもそも関野さんは、数年前に販売されていた恋スキャFXのレンジ対応ロジックを使い、たくさんの金額を稼げるようになられたことは有名な話です。なので、その手法を今でも使われているのだと思います。いろいろな手法を作って商材化するのではなく、自分が本当に勝てると思って、長年使い続けてきた一貫した手法を教えるあたりは、好感が持てます。


次にブレイクアウトロジックですが、これは戻ってきているところにトレンドラインを引き、そのラインブレイクでエントリーする手法です。例えば買いなら、押している下降部に下降トレンドラインを引き、そのラインを上抜けたところで買うわけです。

この手法は、トレンドフォロー型のエントリー手法としてはとても有名で、例えばマエストロFXでも、このやり方によるエントリー手法の解説動画があります。

ただ、関野さんは、基本的には水平線つまりレジスタンスライン、サポートラインを重視するトレーダーなので、斜めのラインを使う今回の手法は珍しく、商材としても、このやり方でエントリーする商材は、今回が初めてなのではないかと思います。

毎月トレード成績を定期報告中!!

私は「最初に口座を1つに決めて、その口座のトータル損益を毎月報告する」という、不正が不可能なやり方でトレード実績を公開しています。情報発信する上で、自身が勝てているのか?を明確にすることは、とても重要です。勝てている人しか、勝ち方を教えることはできないからです。情報の信頼度を判断するために、まずは私の実績をご確認ください。
>>管理人のFX月間成績報告へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください