ダイヤモンド・トレンドFXのレビュー

クロスリテイリング社の新商材、ダイヤモンド・トレンドFXのレビューです。今回の講師は、ダイスケさんという方で、この方は以前にもクロスリテイリング社より、ミリオネア・トレードFX、トレンド・ストライクFX、FX彪ストロングトレードなどの商材を販売されています。

今回の手法の特徴は、ハーストというインジケータを使い、トレンドの強さを判断する、というものです。また、単体通貨チャートを使うという特徴もあり、これもトレンドの強さを判断するために使うようです。

商材名:ダイヤモンド・トレンドFX
販売ページ:http://fx-hurst.s3.amazonaws.com/top/non.html

実績の信頼度は極めて低い

販売ページには、ダイスケさんの実績として、以下のような、1ヶ月で717万円稼いだ実績が掲載されていますが、この実績については、信頼度は極めて低いと言わざるを得ません。

引用元:http://fx-hurst.s3.amazonaws.com/top/non.html

おそらくこの履歴は、MT4のレポート保存から出されたものだと思われますが、画像を見ると「Closed P/」という文字が見えます。これは「Closed P/L」つまり決済済みの履歴になるわけですが、出されているのはこれだけであり、未決済のポジションが公開されていません。これだと、含み損のポジションを塩漬けする、というやり方で、いくらでも実績のねつ造ができてしまいます。

なので、実績を公開する時は、決済済みの履歴はもちろんのこと、含み益、含み損の状況も出さなければ、見る側としては何も判断ができません。これは相場をやっている人なら、当たり前にわかることだと思うのですが、なぜこのような、誰が見ても明らかに不足していると思うであろう実績になっているのか?とても疑問に思います。

私も自分のトレード実績を毎月公開していますが、ここでは決済済みの損益はもちろん、未決済ポジションの状況も公開しています。

信頼度の高い実績がないということは、勝てていることの証明がないわけなので、このロジックが本当に勝てるか?は、購入して実践してみないとわからないということになります。ただ、本当に勝てているのであれば、信頼度の高い実績を出さない理由はないわけで、それが出せないということは、どういうことなのか?疑問に思ってみてもいいと思います。

私は本当に勝てているため、信頼度の高い実績を公開しています。
>>管理人のFX月間成績報告※6月1日更新

先日紹介した小林さんも、証券会社の社長ということで、理屈的に考えると勝てていそうだなと思って書籍を買ってみたわけですが、やはり信頼度の高い実績を公開されていました。
>>インターバンク流FXデイトレ教本のレビュー

本当に勝てるなら、信頼度の高い実績を公開し、それを証明したいと考えるのは当然です。

この他、プロダクトローンチの動画では、この手法の実践者の実績として、FX-Katsuさん、金本さん、みぽりんさんの実績が公開されていましたが、これも同じく公開されているのはClosed P/Lのみであり、保有中のポジションは出されていなかったので、やはり実績の信頼度は低いと言わざるを得ません。

トレンドは、強ければ強いほど勝ちやすいのか?

今回の手法の最大の特徴として、ハーストというインジケータを使い、トレンドの強さを判断する、というものがあります。これを使う目的は、トレンドの強さを判断するためです。販売ページには、以下のように解説されています。

引用元:http://fx-hurst.s3.amazonaws.com/top/non.html

また、単体通貨も使いますが、これも同じく一番強い通貨と一番弱い通貨を見極めて、よりトレンドの強い通貨ペアを選ぼうというものです。販売ページには、以下のように解説されています。

引用元:http://fx-hurst.s3.amazonaws.com/top/non.html

一番強い通貨と一番弱い通貨というのは、一番強くトレンドが出ている通貨ペアということになります。つまり今回の手法は、できるだけ強いトレンドが出ている局面で、それについていくという手法になります。ただ、これについて私が思うのが、はたしてトレンドは、強ければ強いほど、それについていくトレードで勝ちやすいのか?ということです。

先日は、信頼度の高い実績を公開している小林さんの書籍、インターバンク流FXデイトレ教本をレビューしました。
参考:インターバンク流FXデイトレ教本のレビュー

強くトレンドが出ている局面というのは、相場状況としては、例えば上昇トレンドが強く出ている局面というのは、買われすぎた局面ということになります。そして上記書籍では、買われすぎた局面というのは、みんなが既に買い終わっているわけなので、それ以降で買う人はいないため、その後売られやすいと書かれていました。

要は買われすぎた局面というのは、もう遅いわけです。買われすぎた局面で買っても、それ以降で買う人はいないので、その後上昇しないからです。そうではなく、みんなが買う前に、自分は買っておき、その後のみんなの買いを利用して、自分の保有ポジションの利益を増やしていかなければなりません。

もちろん、だからと言って、強いトレンドについていく手法が、勝てないと言っているわけではありません。ただ、上記の通り強いトレンドが出ている局面=チャンスでないと考える人もいるわけで、少なくとも「強いトレンドに順張り」という手法が絶対的に正解であるとは言えないわけです。

「強いトレンドについていく」という手法が絶対的に正解であり、本当に勝てることを証明したければ、信頼度の高い実績が必要です。しかし前述の通り、クロスリテイリング社の商材は、毎回実績の信頼度は極めて低いため、これで本当に勝てるのか?は、購入して実践してみないとわかりません。

ちなみに今回の手法は、これは過去にクロスリテイリング社から販売された、関野式エリオット波動塾に、かなり似た手法だと思います。この商材でも、通貨ペアの強弱を使い、できるだけ強いトレンドが出ている通貨ペアを探し、これについていこうという手法でした。以下でレビューしているので、よければ参考程度に見てみてください。
>>関野式エリオット波動塾のレビュー

「強いトレンドが出ている通貨ペアを選ぶ」という点においては、確かに通貨ペアの強弱を使うよりも、単体通貨を使った方が、わかりやすいので良いと思います。ただ、とは言っても、それ以前に、そもそも的に、「強いトレンドについていく」という手法が絶対的に正しいという大前提がないわけなので、それなら、いくら今回の手法が、トレンドの強さを判断しやすかったとしても、「これは勝てそうだな」とは思えないわけです。

EA化しない理由は?

これまでのクロスリテイリング社の商材は、半裁量商材という位置づけで、サインを受け取り、何かしらの判断を行った上でトレード判断を行う、という商材がほとんどでした。

一方、今回の商材は、裁量判断は必要なく、サインに従うだけでトレードが可能となります。販売ページでは、以下のように書かれています。

引用元:http://fx-hurst.s3.amazonaws.com/top/non.html

サインに従ってトレードできるのであれば、EA化ができるのですが、疑問に思うのが、なぜEA化しないのか?ということです。

注文する際に手動対応が必要な場合、仕事中や睡眠中など、全てのサインに対してエントリーすることはできません。しかし、EA化すれば、全てのサインに対して注文できるようになります。特に今回の商材は、エントリーチャンスが月に500回と、かなり多いため、EAなのか?手動対応なのか?により、注文回数は大きく異なってきます。もし今回のロジックが本当に勝てるのであれば、EA化し、全てのサインに対して注文すれば、手動対応にするよりも利益額としてはとても大きくなると思います。手動対応が必要である場合、注文回数としては、とても減ってしまい、結果稼げる金額も大きく減らすことになってしまいます。

さらに手動対応の場合、メールを受け取り、エントリーするまでにタイムラグが発生してしまうため、サインに対し、正確な発注もできなくなります。

さらに、手間的にも、EA化すれば、全て自動で運用できるので一切手間はかかりません。毎回手動対応が必要となると、手間がかかります。

つまり手動対応の場合、デメリットだらけになるわけなので、なぜEA化しないのか?は、とても大きな疑問なわけです。

先日、同じくクロスリテイリング社から販売されたOne Tap Trade FXという商材でも、まったく同じことを指摘していたので、以下、引用しておきます。

EAなら、全てのサインに対応できるので、簡単に、そのシステムの実力が完全に証明されます。実際、私も当初は今回の商材はEAなのかな?と思っていて、EAなら検証がらくにでき、さらに全てのエントリーに対応できるため、100%正確な検証結果が出せるため、購入して運用してみようと思っていました。本当に勝つ自信があるのであれば、EA化してシステムの実力を完全公開されても問題ないはずです。

しかし、実際は、なぜかバックテスト結果もない、フィルターを追加した手法で商材化され、手動対応の商材となっていました。人手対応が必要だと、全てのサインに対してエントリーすることは、とても難しくなります。そのシステムの実力が、正確な検証結果として公開されにくいということです。現状、手動対応が必要な商材を、24時間体制で、全てのサインに対応して検証するほど力を入れた検証サイトはありません。

これまで、クロスリテイリング社が販売してきた商材でも、今回のような「EA化できるのに、なぜやらないのか?」という疑問はあったのですが、特に今回は、エントリーサインにのみ従ってトレードした手法でバックテストまで行われていたにも関わらず、なぜか手法を変更してまで、テスト結果もない、フィルターを追加しての手動対応の商材となっていたため、いつもより一層、この疑問は大きかったです。

引用元:EA化しない理由は?

まとめ

基本的に、その手法が勝てそうか?を判断するには、まず一番わかりやすいのが実績です。

そしてその次に内容です。要は、根本を元にして考えて、理に叶った、合理的な手法であり、納得できるのか?ということです。手法に納得できれば、少しは勝てるかもしれないという期待も持てます。

今回の商材については、信頼度の高い実績もないし、内容的にも、なぜ強いトレンドについていくことに優位性があるのか?の論理的な説明もないため、内容的にも「これは勝てそうだな」とは思えません。

それに加え、EA化しようと思えばできるのに、なぜかEA化されていない現状。これらを全て合わせて考えると、私はとても購入してみる気にはなれません。

review.jpオリジナル特典“review.jp管理人のFX講座”のご紹介

私は、現在専業トレーダーとして、FXのみで生計を立てています。
以下で、月間損益を、毎月報告しています。
>>管理人のFX月間損益報告

当サイトのリンクを経由して商品をご購入いただいた場合、ご購入特典として、
私のトレードノウハウをまとめた“review.jp管理人のFX講座”をプレゼントさせていただきます。
特典の詳細は、以下ページをご確認ください。
>>“レビュー.com管理人のFX講座”のご紹介

オリジナル特典付きで購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。