review.jp

トレード成績公開中!実績ある専業トレーダーによる商品レビューブログ。

FX

本当に正しい通貨ペアの選び方とは?

更新日:

先日書いたトレンド・ディスカバリーFXのレビュー記事では、「通貨の強弱を使って通貨ペアを選ぶ」という手法について、それが本当に理にりにかなったやり方なのか?いまいち納得できない、という趣旨の記事を書いていました。

今回の記事では、それなら私はどのような判断方法で通貨ペアを選んでいるのか?について、書いていきたいと思います。基本的に私のトレード手法については、特典内のみで解説予定なのですが、今回はトレンド・ディスカバリーFXのレビュー記事に付随した内容となるため、特別にメインブログで一般公開することにします。

まずは前回の記事のおさらいになりますが、関野さんが、どのような判断方法で通貨ペアを選んでいるのか?について、おさらいしてみたいと思います。

関野さんの通貨ペアの選び方は、まず、ドル円とユーロ円の双方で上昇しているチャートがあったとします。この場合、どちらを買うか?ということになるわけですが、その判断方法として、ドル円とユーロ円が上昇中ということは円が売られていることになります。なので、もう片方の通貨は買われていれば、より強いトレンドが出ていることになります。

そこでユーロドルチャートを見て、どちらの方が買われているか?を判断し、仮にユーロドルが上昇していればユーロが買われているので、ユーロ円の方がより強いトレンドが出ていると判断し、トレードする通貨としてユーロ円を選ぶというやり方になります。

しかし、ここで私が疑問に思うのが、なぜ直近のチャートを見て、より強いトレンドが出ている通貨ペアが、今後も強いトレンドが出ると言い切れるのか?ということです。強いトレンドが出ていたのは過去の話であり、過去に強いトレンドが出ていたからと言って、未来もそれが継続して強いトレンドが出るとは言い切れないと私は考えています。


トレンド・ディスカバリーFXの販売ページには、トレード例としてユーロ円の5分足を掲載されていたので、ユーロ円5分足の現在のチャートを見てみてます。

注目していただきたいのが、番号を振っているトレンドです。まず①の上昇については、この上昇トレンドの継続性は極めて短いものとなっています。波としては、わずかに1波で終了しています。もしこのトレンドを見て、それについていくトレードをしていれば負けているでしょう。次に②の下落についても同じように、この下降トレンドの継続性は極めて短いです。これも波としてはわずかに1波で終了しています。

その後の上昇トレンドは、ある程度継続しており、その後の下降トレンドのある程度継続しています。ここでなら、トレンドについていくトレードをしていれば、利益が出せそうな感じがします。

しかし、その後の③の上昇については、この上昇トレンドの継続性は短く、波としてはわずかに1波で終了しています。その後④の下落についても、この下落トレンドの継続性は短く、波としては3波で終了しています。

全てを総合して考えると、私には、あまり強いトレンドが出たからといって、そのトレンドが継続しているとは思えません。ある程度上げたら下げ、そしてある程度下げたら上げる、というように、上げ下げしている時もあって、むしろ割合としては、こっちの方が多い印象すら受けます。

なので、トレンドについていくというよりも、むしろある程度上げたら売り、ある程度下げたら買う、というように、逆張りのトレードの方が勝てるのではないか?とすら思ってしまいます。


もしFXのチャートが、上記のように、本当にトレンドの継続性が長いチャートが多いのであれば、確かにトレンドについていくトレードが有効だなとも思えるんです。しかし、このようにトレンドが長く続くチャートがどれほどあるのか?ということです。

ご自身でMT4で見ていただければわかると思いますが、おそらくこのような大きなトレンドが発生している時は、ほとんどないと思います。なので私は、強いトレンドが出ている通貨ペアを選ぶ、ということは、基本的にはやっていません。

上記のような大きなトレンドが出ることが稀ということは、基本的にある程度大きなトレンドが出たら、そのトレンドは終了する可能性が高いと考えるべきです。ということは、既にある程度トレンドが出ている通貨ペアを選んだ場合、それはもう遅すぎるとも言えます。おいしいところは終了した後であるということです。マエストロFXの佐野さん的に言うと、「出遅れ追っかけ」なわけです。

では、私は、どのような判断方法で、通貨ペアを選んでいるのか?それは、経済情勢です。基本的に価格は、経済情勢を加味して動いているので、合理的なやり方、理にかなったやり方で判断したければ、経済情勢で考えるというのは、ごく当たり前の話だと思います。むしろ価格が経済情勢を加味して動いているのに、なぜこれで判断しないのか?が私は疑問です。


具体的な考え方ですが、例えば直近だと、特典サイトの方で、バルセロナ車暴走テロ関連のトレード解説を行っていたと思います。これは基本的にはリスクオフを根拠としたトレードでした。リスクオン、リスクオフについては、FXをやるなら基本中の基本なので、わからない方は是非勉強されてください。

簡単に説明すると、通貨は基本的には大きく2つに大別されます。1つはドルや円のような先進国の通貨です。特徴としては、あまり暴落する危険性がない通貨ですが、金利が低いので、保有していてもほとんどお金が増えないのがデメリットです。

もう1つは豪ドル、NZドル、トルコリラなどのようにな発展途上国の通貨です。特徴としては、暴落するリスクもある通貨ですが、そのかわりスワップ金利が大きいので、これを買って保有しておけばお金が増えるというメリットがあります。

つまり、先進国通貨も発展途上国通貨も、それぞれ一長一短あるわけですが、傾向として世界経済が安定していれば、暴落するリスクが少ないだろうということで発展途上国通貨が買われる傾向にあります。スワップ金利が高いので、これで利益を出そうと考えるわけです。これがいわゆるリスクオンです。

逆に世界経済が不安定になれば、発展途上国通貨は暴落するリスクがより高いため、暴落する可能性が少ない先進国通貨が買われることになります。これら通貨はスワップ金利は低いので、この通貨を買ってもお金を増やすことはできません。つまり発展途上国通貨のように、リスクをとってお金を増やすことをしない、という状態で、これがいわゆるリスクオフです。

上記に上げた通貨以外の通貨がどうなのか?については、スワップ金利で考えてください。スワップ金利が高ければリスクオン時に買われる通貨、スワップ金利が低ければリスクオフ時に買われる通貨と考えていただければ大丈夫です。

つまり、私が行ったトレードというのは、バルセロナ車暴走テロ関連により、世界経済が不安定になり、リスクオフで円が買われるだろう、ということを根拠にしたトレードということになるわけです。つまり、この時点で円を買う、ということが確定しています。では、通貨ペアは、それを選ぶか?基本スタンスとしては、円を買うため、もう1つの通貨は売られる通貨を選びたい、ということになります。

前述の通り、根拠となっているのは世界経済が不安定になることにより、安全な円が買われるであろうということが根拠です。前述の通り、世界経済が不安定なのであれば、発展途上国の通貨というのは売られる傾向にあります。つまり、もう片方の通貨は、発展途上国通貨を選べば、より大きなトレンドが出やすいということになるわけです。つまり、豪ドル円を売ったり、NZドル円を売ったり、トルコリラ円を売ったりするということです。

また、今回はテロがバルセロナで起きたわけなので、より経済が不安定になるのは、このテロが発生した地域ということになります。バルセロナの通貨はユーロなので、ユーロ円を売る、という選択もあったと思います。

逆にNGなのは、ドル円を売るという選択です。なぜなら、ドルと円は、どちらともリスクオフで買われる通貨なので、双方で買われればトレンドが出ないからです。よくFXの商材を買うと、何の根拠もなしに「ドル円はトレンドが出にくい」と言われていますが、ドル円がトレンドが出にくい理由は、ここにあります。おそらくここまで根拠を解説している商材は、ないと思います。

なので、ドル円という通貨ペアは、日本やアメリカで独自の経済的な材料があった場合は別として、FXの基本であるリスクオン/リスクオフ的に考えると、基本的にはトレードには適さない通貨ペアということになります。


一応チャートで確認してみます。バルセロナのテロが最初にyahooニュースで報じられたのが日本時間で8月18日の1時37分なので、この時刻に縦線を入れています。MT4の時刻は日本時間です。

ボラティリティが違うので、一概にpips数で判断することはできませんが、チャートの見た目的には、ユーロ円の方が大きく下落していると思います。

私はこのようにして、通貨ペアを選んでいます。

ドル円とユーロ円で、どちらを買うか迷ったら、ユーロドルを見て、ユーロドルが上昇しているからユーロ円を選ぶ、というやり方よりも、よっぽど理にかなった、合理的な選び方だと思わないでしょうか?

ちなみに、今回は経済情勢のみを焦点にあてて、経済情勢的に通貨ペアを選ぶ方法を解説しましたが、実際にトレードする場合、チャート形状とスプレッドも考慮して、通貨ペアを決めているので、基本的には経済情勢、チャート形状、スプレッドの3つの要素で判断しています。

今回は、関野さんの解説が、根拠の乏しい内容であったため、その対比として、より理にかなった解説、根拠的な解説をしたかったため、その解説が可能な経済情勢の内容をメインに解説してみました。

チャート形状については、どのようなチャートがチャンスなのか?については、他のレビュー記事で所々解説していますので、参考にしてみてください。特典でも詳しく解説しています。

スプレッドに関しては、解説するまでもないかと思いますが、スプレッドの低い通貨ペアがトレードに適しているということになります。

おすすめ記事

1

目次1 管理人のFX月間損益報告のまとめ2 実績のない商材を買うことの恐ろしさとは?3 「後出しじゃんけん」でよければ、実績の捏造(ねつぞう)は簡単4 信頼度の高い実績とは?5 どうやって勝てるように ...

2

※現在はローマ字ドメインに変更しています。変更した理由は、以下記事で書いています。 >>sedoで70万円のドメインreview.infoを購入&日本語ドメインからローマ字ドメインに変更した理由 私は ...

3

※現在はreview.jpに変更しています。変更した理由は、以下記事で書いています。 >>お名前.comの.jpドメインオークションでreview.jpを30万円で購入しました これまで私は、レビュー ...

-FX

Copyright© review.jp , 2017 All Rights Reserved.