なぜサイト運営を行うのに、ビッグワードドメインが必須なのか?

なぜ、公務員は安定しているのか?

私は、よく子供の頃、親から「公務員は安定しているから公務員になったら?」と言われていました。なぜ、公務員は安定しているのでしょうか?それは、「ライバルがいないから」の一言につきます。

私は以前、あるメーカーの製品の開発の仕事をしていたのですが、メーカーというのは常にライバルとの戦いでした。ライバルに勝てば売り上げが上がるし、ライバルに負ければ売り上げが下がるわけです。

少しでもライバルより良いものを作るために、「もっと頑張ってライバルに勝てるような物を作れ」となり、仕事内容は激務になります。全ては、たくさんのライバルがいて、ライバルに勝たなければならないからです。

これに比べ、公務員というのは、ライバルがいません。例えば市の仕事をできるのは市役所だけです。ライバルがいなければ、ライバルに負けて売り上げが減ることはないので、安定した収入が得られます。仕事内容も、「もっと頑張ってライバルに勝てるような物を作れ」とはならないので、ゆったりと仕事できます。

では、公務員以外は、そのようなライバルがいない、収入が安定した、あまり頑張らなくても良い仕事はないのか?というと、実はそういう仕事というのは、たくさん転がっています。

わかりやすい例でいうと、例えば駅前の一等地を入手できた場合、ライバルがいない、収入が安定したビジネスを行うことができます。なぜなら、駅前の一等地というのは、自分が取ってしまえば、他のライバルは取ることができないからです。

ライバルが存在するビジネスでも、ライバルが入手できない武器を持つことで、ライバルを気にすることなく、安定した収入を得られるわけです。

そこで何をするか?は、パン屋さんでも、不動産屋でも、何でもいいと思います。「駅前の一等地で」それをやることが、極めて重要なわけです。

よくありがちな間違った例として、例えばパン屋さんなら、「ライバルに勝てる、おいしいパンを作ろう」と頑張る人がいるのですが、おいしいパンはライバルも作ることができるわけです。そこで勝負してしまうと、ライバルとの勝負になってしまうので、安定した売り上げにはなりません。

それよりも、駅前の一等地を買い、そこで、そこそこおいしいパンを作った方が、売り上げは絶対に安定します。

もちろん、そのような一等地は、土地代も高額です。しかし、安定した売り上げさえあれば、いずれ回収できるでしょう。

私は今、いろいろなジャンルのビジネスをやっているのですが、やっているのは、このような「ライバルが手にできない武器」をゲットできたビジネスのみです。

「ライバルが手にできない武器」がなければ、そのビジネスには参入しません。「ライバルが手にできない武器」がないと、ライバルと同じ土俵で勝負しなければならないので、そうなれば売り上げも安定しないし、仕事内容もきつくなるからです。

そして、このサイト運営も、私がやっているということは、「ライバルを気にすることなく、安定した収入を得られる」と判断したから、やっているわけです。

ビッグワードドメインの有効性とは?

サイト運営で、最も注力すべきことは何だと思うでしょうか?

それは、サイト読者と信頼関係を構築することです。信頼関係を構築できれば、「この人がおすすめする商品なら間違いないだろう」と思ってもらえるので、紹介した商品を購入してもらうことができ、売り上げを上げることができるからです。

では、読者から信頼を得るには、どうすればいいか?というと、まず第一に重要なのが、読者の役に立つ、ためになる情報を発信することです。

役に立つ情報を発信していれば、「これは良いサイトだな」と思ってもらうことができ、定期的にサイトを読みに来てくれるようになります。これを継続することでリピーターになり、接触回数が増えることで徐々に信頼関係が構築できていきます。

サイト運営で信頼を得るには、読者の役に立つ記事を書くことが重要になりますが、ただ、サイトの信頼度というのは、それだけで決まるわけではありません。サイトの信頼度を決める1つの要素として、ドメインがあります。

もっとキーボード関連やコンピュータ作業全般の知識をつけてから話すべきだと思います。不正確な表現も多々あり、知識不足(であろう部分も相まって)文体の第一印象は公平さを感じさせながらも、さほどそうでもない内容が前面に来ていて、その不一致がちょっともったいないですね。(ごく個人的にはそんな微妙な知識しかないなら「こんな形式のレビュー」をすんなって不快に思います。直截かつ無礼な表現で失礼。)「レビュー」というものは基本的に公平かつ公正、加えて正確で詳細な知識・情報のもと書かれているものだというのが暗黙の了解であって、そうでないなら、また、こんな大層なドメインを運用して「レビュー」をするなら、個人の見解であることを最初に明示するか、事実と論理的な考察、私的な感想を完全に分けて、それが誰にでもわかるように書くべきです。

引用元:KX1000s CRAFTのレビュー、パンタグラフとメカニカルはどちらが打ちやすい?

例えば、以前に私が行ったキーボードのレビューで、上記のようなコメントがついたことがありました。

このコメントが全てを物語っていると思います。つまり、「大層なドメイン」を使っていたがために、私的サイトか?公的サイトか?まぎらわしいので、個人の見解であることを明示してくれ、と言われているわけです。

私的サイトか?公的サイトか?なら、信頼しやすいのは後者であることは明確です。これはサイト運営を行う上で、大きな武器になります。

さらにビッグワードドメインは、もう1つ大きな有効性があります。それは、「覚えやすい」ということです。

前述の通り、読者と信頼関係を築くには、接触回数を増やす必要があります。いわゆるザイオンス効果というやつです。つまり、読者から信頼を得るには、定期的にサイトを見に来てもらい、リピーターになってもらわなければならないという事です。

では、リピーターは、どうやってサイトを見つけるか?というと、基本的にはサイト名で検索して見つける場合がほとんどです。中には気に入ったサイトがあればブックマークしておき、そこから再訪問する人もいますが、アクセス解析を見る限り、ほとんどの人が、Googleでサイト名を検索し、そこからサイトにたどり着いています。


引用:マンスリーランキング 総合 – Yahoo!検索データ
上記はYAHOOの検索ランキングですが、上記キーワードは、ほとんどが大手サイト名であることがわかります。つまり、ほとんどの人が、サイト名を記憶し、その名前で検索してリピートしているサイトを見つけている、ということです。

つまり、読者に再訪問してもらうには、サイト名を覚えてもらう必要があるわけですが、短くてわかりやすいドメインほど覚えやすいので、この観点からもビッグワードドメインが有効だという事です。

ここでよく質問をいただくのが、「それならサイト名を短くてわかりやすい名前にすればいいだけじゃないか?」という質問です。確かにサイト名を短くてわかりやすい名前にすれば、覚えてもらいやすくなります。しかし、それではGoogleで検索した時に、確実に1位表示できる保証がないわけです。

例えば、このサイトのreview.jpのサイト名を「レビュー」とするとします。しかし、レビューというビッグワードはみんなが上位表示を狙っているので、これだと上位表示は難しいわけです。


しかし、「review.jp」というドメイン名で検索すると、当然、このドメインである私のサイトが確実に1位表示されます。

テレビのCMなどで広告を出し、そこからどうやってサイトに誘導するか?ここの課題はとても大きく、たくさんの媒体が、いろいろな方法をとっています。例えばQRコードを出し、これを読み取ってもらうことで、サイトにアクセスしてもらう手法をとる企業も多いですが、これだと初回の誘導は成功しますが、2回目、3回目のリピートにつながらないわけです。2回目、3回目はGoogleでサイト名を検索してアクセスする場合がほとんどなので、やはりここの導線で対策する必要があります。


最近は上記のように、テレビCMで、「○○で検索!」として自サイトへ誘導させる企業が増えてきていますが、この戦略では、指定したキーワードで確実に1位表示できる保証がありません。


実際に「今夜」で検索してみても、Yahoo!ニュースが1位表示してしまっているわけです。他にも「今夜くらべてみました」などのテレビ番組もあるため、これら会社との上位表示勝負になってしまうわけです。

「今夜アナタと眠りたいで検索!」とすれば、1位表示はできると思います。しかし、名前が長すぎると、一度聞いただけでは覚えられません。

しかし、ビッグワードドメインをサイトタイトルにすれば、「できるだけ短くて覚えやい」「Googleの検索結果で確実に1位表示する」という2つの課題を、同時に解決することができるわけです。

大事なのは、ライバルが持たない武器を持つこと

これまで説明してきたように、ビッグワードドメインは、信頼性と覚えやすさの面で大きなメリットがあります。そして何より重要なのが、同じものをライバルが取得できないということです。

どんなに強力な武器を手に入れても、それをライバルに真似され、ライバルも同じ武器を手にしてしまえば、自分が優位に立つことはできません。

ただ、ドメインなら、ライバルは同じものを取得できません。ビッグワードドメインには限りがあるからです。なので、ずっと自分が優位な立場で運営することができ、安定した収入を得られるわけです。

よくアフィリエイトの情報商材や書籍を買うと、アフィリエイトで成功するには、「読者を満足させる質の良い記事を書く」「上位表示させるために、たくさん被リンクをつける」といったことが書かれており、このようなことを頑張っている人はたくさんいます。

しかし、ここで勝負してしまうと、商品メーカーで働いていた時と同じように「ライバルに勝てる質の良い記事を書け」といって仕事内容は激務になり、もしライバルに負けてしまえば収益は減ってしまうわけです。

しかし、ライバルが入手できない武器を持っておけば、駅前の一等地でパン屋さんをやるように、そこそこ頑張るだけで安定した収入を得ることができます。なので、ライバルが入手できない武器を持つことが極めて重要なわけです。

どの分野でも、いい手法を考えれば、必ずライバルに真似されます。なので、それで稼げるのは、ライバルに真似されるまでのわずかな時間だけということになりがちです。なのでいい手法を考えるだけでは安定して稼ぐことはできません。

安定して稼ぐには、いい手法を考えることはもちろん、どうやればそれをライバルに真似させないか?まで考える必要があるわけです。

ビジネスを成功させるために必要な、ただ1つの力が”考える力”である

私は現在、アフィリエイト以外でも、様々な分野でビジネスを行っているのですが、あらゆる分野でビジネスを成功させるために必要な力が1つだけあると思っています。それは考える力です。

今回のようなドメイン戦略があれば、ライバルに対し、生涯にわたって優位にサイト運営を行うことができます。そしてこのような戦略は、自分で考えて構築しているので、サイト運営を成功させるために、何が一番重要か?と聞かれると、考える力ということになります。

考える力がないと、このような戦略を思いつきません。となると、「とにかく質の良い記事を書く」というような、ライバルと同じことしかできないわけです。しかし、アフィリエイトをやっているライバルなんて、何万人といるわけです。そんなにたくさんライバルがいる中で、何の武器も持たず、ライバルとまったく同じ土俵で勝負して、頭一つ抜きんでることは、かなり難しいです。


review.jpは、お名前.comのオークションで30万円で入手したものです。

ドメインに30万円というと、何も考えていない人からしたら、馬鹿げた話かもしれませんが、このサイトからは、既に数千万円という利益が出ており、この利益を得るのに、ドメインの力が一役買っています。最初に30万円払うだけで、今後何十年も、ドメインの力を使えるわけなので、これが30万円というのは、むしろ安すぎるわけです。

今でこそ、tenki.jp、eiga.comなど、ビッグワードドメインでサイトを運営する企業は多いですが、私がreview.jpを取得した当時は、ドメインなんてみんなテキトーで、ドメインに何十万円という金額を払う人はいませんでした。なのでreview.jpというお宝ドメインが、たったの30万円で買えたわけです。こんなに安く買える理由は、他の人が、私のような戦略を思いつかないからです。

みんな、私のように、手法を自分で考えることをせず、ネットを見たり教材を買ったりして、成功者の真似をします。

しかし、何事においても、やはり先にやった人が一番おいしい思いをするわけです。私はこの手法を記事で公開していますが、ある程度使えそうなドメインは、全て自分で取得した後に、情報公開しています。

そこそこ使えそうなドメインであれば、今でも残っていますが、少なくともreview.jpみたいな使い勝手のいいドメインを取るには、一番最初に手法を実行する必要があったわけです。そして一番最初に手法を実行できるのは、その手法を考えた人だということです。

なので、自分で戦略を考えることが、極めて重要なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました