なぜサイト運営を行うのに、ビッグワードドメインが必須なのか?

私は、よく子供の頃、親から「公務員は安定しているから公務員になったら?」と言われていました。

なぜ、公務員は安定しているのでしょうか?

それは、「ライバルがいないから」の一言につきます。

私は以前、あるメーカーの製品の開発の仕事をしていたのですが、メーカーというのは常にライバルとの戦いでした。ライバルに勝てば売り上げが上がるし、ライバルに負ければ売り上げが下がるわけです。

少しでもライバルより良いものを作るために、仕事内容は激務になります。全ては、たくさんのライバルがいて、ライバルに勝たなければならないからです。

これに比べ、公務員というのは、ライバルがいません。例えば市の仕事をできるのは市役所だけです。ライバルがいないので収入も安定するし、仕事内容も、「もっと頑張ってライバルに勝てるような物を作れ」とはならないので、基本的にはゆったりと仕事できます。

では、公務員以外は、そのようなライバルがいない、収入が安定した、あまり頑張らなくても良い仕事はないのか?というと、実はそういう仕事というのは、たくさん転がっています。

わかりやすい例でいうと、例えば駅前の一等地を入手できた場合、ライバルがいない、収入が安定したビジネスを行うことができます。なぜなら、駅前の一等地というのは、自分が取ってしまえば、他のライバルは取ることができないからです。

ライバルが存在するビジネスでも、ライバルが入手できない武器を持つことで、ライバルを気にすることなく、安定した収入を得られるわけです。

そこで何をするか?は、パン屋さんでも、不動産屋でも、何でもいいと思います。「駅前の一等地で」それをやることが、極めて重要なわけです。

よくありがちな間違った例として、例えばパン屋さんなら、「ライバルに勝てる、おいしいパンを作ろう」と頑張る人がいるのですが、おいしいパンはライバルも作ることができるわけです。そこで勝負してしまうと、ライバルとの勝負になってしまうので、安定した売り上げにはなりません。

それよりも、駅前の一等地を買い、そこで、そこそこおいしいパンを作った方が、売り上げは絶対に安定します。

もちろん、そのような一等地は、土地代も高額です。しかし、安定した売り上げさえあれば、いずれ回収できるでしょう。

私は、現在自営で、いくつかのビジネスを行っているのですが、そのビジネスに参入するか?の判断は、ライバルを気にせずに運営できるか?で決めています。

そして、このサイト運営も、私がやっているということは、ライバルを気にすることなく、安定した収入を得られると判断したから、やっているわけです。

でも、「サイト運営なんて、ライバルはたくさんいるじゃん」と思われるかもしれませんが、キーになるのがドメインです。

サイト運営で、最も注力すべきことは何だと思うでしょうか?それは、訪問者の信頼を得ることです。なぜなら、サイトから何かを買ってもらうには、まず訪問者の信頼を得る必要があるからです。

訪問者から信頼を得るには、訪問者の役に立つ、ためになる情報を発信する必要があります。

しかし、信頼というのは、それだけで決まるわけではありません。訪問者の信頼度を決める、1つの要素として、ドメインがあります。

以前に私が行ったキーボードのレビューで、以下のようなコメントがついたことがありました。

もっとキーボード関連やコンピュータ作業全般の知識をつけてから話すべきだと思います。不正確な表現も多々あり、知識不足(であろう部分も相まって)文体の第一印象は公平さを感じさせながらも、さほどそうでもない内容が前面に来ていて、その不一致がちょっともったいないですね。(ごく個人的にはそんな微妙な知識しかないなら「こんな形式のレビュー」をすんなって不快に思います。直截かつ無礼な表現で失礼。)「レビュー」というものは基本的に公平かつ公正、加えて正確で詳細な知識・情報のもと書かれているものだというのが暗黙の了解であって、そうでないなら、また、こんな大層なドメインを運用して「レビュー」をするなら、個人の見解であることを最初に明示するか、事実と論理的な考察、私的な感想を完全に分けて、それが誰にでもわかるように書くべきです。

引用元:KX1000s CRAFTのレビュー、パンタグラフとメカニカルはどちらが打ちやすい?

このコメントが全てを物語っていると思います。つまり、「大層なドメイン」と使っていたがために、私的サイトか?公的サイトか?まぎらわしいので、個人の見解であることを明示してくれ、と言われているわけです。

私的サイトか?公的サイトか?なら、信頼しやすいのは後者であることは明確です。

つまり、ビッグワードドメインを使うことにより、訪問者の信頼度の面でアドバンテージがあるわけです。これはサイト運営を行う上で、大きな武器になります。

そして重要なのが、ドメインは、ライバルが同じものを取れない点にあります。つまり、ライバルが入手できない武器なわけです。

ライバルが存在するビジネスでも、ライバルが入手できない武器を持つことで、ライバルを気にすることなく、安定した収入を得られます。

ただ、前述の通り、訪問者の信頼度は、ドメインだけで決まるわけではありません。それよりも、記事の内容が重要です。

では、訪問者が、「このサイトは良い情報を出している」と思われる一番いいコンテンツは何だと思うでしょうか?それが、商品レビューです。

普通の情報というのは、よほど知識がないと、訪問者の満足は得られません。

しかし、商品レビューとなれば話は別で、そこまで知識がなくても、その商品を持っているというだけで、その商品を持っていない訪問者からしたら、得たい情報というのはたくさんあるわけです。

そもそも商品レビューというのは、訪問者を満足させやすいコンテンツであり、それをreview.jpという信頼を得やすいドメインを使うことで、さらに信頼されやすいサイト運営を行えるわけです。

私は、このドメインを取れたからこそ、サイト運営のビジネスに参入しています。このドメインを取れていなければ、サイト運営はやっていないと思います。


ちなみに、このドメインは、お名前.comのオークションで30万円で入手しました。ドメインに30万円というと、何も考えていない人からしたら、馬鹿げた話かもしれませんが、訪問者からの信頼を得られやすいというメリットを考えると、金額以上のリターンがあります。

商品レビューというジャンルでは、review.jpのようなドメインの取得は難しいので、同じ事はできないと思いますが、ジャンルを変えれば、ビッグワードドメインというのは、たくさん転がっています。是非実践していただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください