review.jp

トレード成績公開中!実績ある専業トレーダーによる商品レビューブログ。

アフィリエイト

AFFINGER4のレビュー/無料版STINGERとの違いなど

更新日:


これまで、無料のワードプレスのテンプレートとして、
比較的クオリティの高いものに、STINGER(http://wp-fun.com/)
というテンプレートがありましたが、
その有料版であるAFFINGER4というテンプレートが販売されているようですので、
無料版STINGERとの違いなどについて、レビューしたいと思います。

AFFINGER4販売ページ:稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

AFFINGER4とSTINGERの違い

今回のAFFINGER4と無料版STINGERの違いについて、
AFFINGER紹介サイトで以下のように解説されていました。

引用:アフィリエイトならAFFINGER(アフィンガー) - ブログやサイトが作れる人気テンプレート

これについて、新機能の具体的な解説と、
それが本当に便利なのか?について書いていきたいと思います。

>>AFFINGER4の管理画面を体験できます。
ちなみに、上記で管理画面用のデモサイトが用意されており、
購入者でなくても、簡易的に管理画面にアクセスすることができます。

トップページに任意の固定ページ挿入

タイトル通り、トップページに任意の固定ページを挿入する機能です。
基本的に、ワードプレスの場合、トップページには、新着記事一覧が表示されますが、
その上部に、例えば「お知らせ」など、任意のテキストが表示できます。

ただ、これについては、トップページ上部ウィジェットに「テキスト」を配置し、
そこに、任意のテキストを表示させれば、同じことができるので、
あえてこの機能を作った意味があるのか?と思いました。


実際に、私が今使っているMAGJAMは、トップページに任意の固定ページ挿入機能はありませんが、
上記方法にて、まったく同じ表示をさせることができています。

ページ毎の2カラムと1カラム、LPレイアウトの切り替え


ページ毎に、カラムの変更ができる機能です。
これは、よくキラーページなんかは、サイドバーのないランディングページにしている人も多いので、
そういう人にとっては、便利な機能だと思います。


ただ、この機能は現状、ほとんどのテンプレートでも、同じ機能があります。
現に、私が使っているMAGJAMでも、上図の通り、この機能はあります。
なので、便利ではありますが、他のテンプレートでも同機能がある以上、
他テンプレートと比較した場合に、評価が上がる、ということにはなりません。

管理画面にてアフィリエイトコードを使用したランキング作成


管理画面のフォームに、タイトル、アフィリエイトコード、説明文を入れるだけで、
上図のような記事ができる機能です。

この機能については、ないよりは、あった方が便利な機能ではありますが、
一度HTML文で作ってしまえば、後はそれをコピペして画像や説明文の部分を変えるだけなので、
そんなに手間のかかる作業ではありません。

また、テンプレート独自の機能で記事を書くことは、あまりおすすめしません。
なぜなら、テンプレートを変えたら、全ての記事を書き直さなければなくなるからです。
HTML文で書いておけば、テンプレートを変えても、書き直す必要はありません。

テンプレートというのは、どんどん新しいものが出てくるわけで、
将来、また変更する可能性は高いので、それを見据えて記事を書いた方がいいです。

固定ページのテキスト選択不可

コピペ対策として、サイトのテキストを選択できないようにする機能です。

この機能については、仮にこれでテキストを選択できないようにしても、
ソースを表示させればコピペできるので、あまり予防にはならないと思います。
右クリックまで禁止にしても、「CTRL + U」のショートカットにてソースの表示は可能なので、
ソースを表示させることができれば、コピーも可能になります。

それよりも、自サイトのコピペサイトを見つけたら、
Googleに通報するのが、予防としては効果があると思います。
以下のフォームより、通報することができます。
>>著作権侵害による削除

記事毎のindexとnoindex等の選択

質の低い記事はnoindexにする必要があるため、
現在のGoogleを考えると、この機能は必須と言えます。

ただ、やはりこれも、現状、ほとんどのテンプレートで、この機能はあります。
現に、私が使っているMAGJAMでも、この機能はあります。

また、「All in One SEO Pack」というプラグインを入れることでも、同じ機能をつけられます。

とても大事な機能ではありますが、他のテンプレートでも同機能がある以上、
他テンプレートと比較した場合に、評価が上がる、ということにはなりません。

固定ページの内部リンク設定


固定ページには、ページ属性という概念があり、
ここで親ページ、子ページを設定することができます。

例えば、レビュー.comであれば、
当サイト限定オリジナル特典のまとめのようなページが親ページで、
各々の特典紹介ページが子ページ、という使い方をします。


ワードプレスの管理画面に、「固定ページに子ページへのリンクを表示」という項目があり、
これにチェックを入れることで、自動で子ページのリンクが表示できる、というのが、この機能です。

これについても、自動でリンクを表示させなくても、HTMLで記述すればいいだけの話ですし、
また、ランキング作成機能同様、テンプレート独自の機能で記事を書くことは、おすすめしません。
もしテンプレートを変えた場合は、記事の書き直しが必要になるからです。

ちなみに、この機能は、無料版STINGER PLUSでも、同じ機能が実装されています。

リダイレクト用ページ作成

リダイレクトとは、任意のページにアクセスされた場合、
自動的に他のウェブページに転送させる機能です。

これについて、販売ページでは、
「リスティングなどのコンバージョン率を調べたい時など、
内部リンクからリダイレクトしたい時用のページ作成です。」
と説明されています。

リスティングは広告費がかかっているので、
その広告が利益が出ているのか?を調べる目的としてコンバージョンまで見る必要があるので、
リスディングをやっている人であれば、この機能は便利かもしれません。

SEOで集客する場合は、コンバージョン率までは見る必要はありませんし、
コンバージョン率を見る以外の目的で、リダイレクト用ページが必要となる機会もないので、
この機能は必要ないと思います。

Googleアドセンスも簡単設定


Googleアドセンスのコードを入れるだけで、サイト上に広告を表示できる機能です。

これについては、記事下に広告を出したいなら、
ウィジェットで、記事ページのタイトル直下に「テキスト」を配置し、
そこにコードを入れればいいだけですし、

サイドバーに広告を出したいなら、上記と同じように、
ウィジェットで、サイドバーに「テキスト」を配置し、
そのテキストにコードを入れるだけで、同じことができます。

また、「ウィジェットでアドセンスコードも簡単に設定できます。
サイドバーの追尾広告も健在です。」とも紹介されていますが、
サイドバー追尾についても、プラグインで簡単に実装できるので、
これがAFFINGER4のメリットになる、とは言えません。

その他のデザインも簡単設定


「ロゴ」「トップバナー」「背景」やその他の色を変更できる機能です。

この機能についても、同じ機能を持つテンプレートは多いです。
私が使っているMAGJAMでも同じ機能があります。
むしろ、こっちは、決められた色ではなく、好きな色を自分で決められるので、
自由度としては、MAGJAMの方が上です。

YouTube背景

YouTubeの動画を、ホームページの背景デザインにできる機能です。

http://af-themewp.com/
上記デモサイトでは、背景で雲が流れていますが、
これはYouTubeにアップされた動画からひっぱってきたものです。

上記デモサイトを見てもわかると思いますが、
やはり動画を背景にできると、かなりクオリティの高い印象になります。

ただ、例えばレビュー.comのような、コンテンツ重視のサイトの場合、
背景を動画にしてしまうと、コンテンツ部が見にくくなってしまうので、
このようなサイト向きではありませんが、

例えば、アーティストの公式ページのように、
サイト内では、ライブ情報やグッズを販売するだけで、
あまりサイト自体にコンテンツを入れない、みたいなクオリティ重視のサイトだと、
自身のプロモーションビデオを背景にしたりなんかすると、とてもいいサイトになりそうです。

現状、この機能を持っているのはAFFINGER4のみだと思います。
つまり、これは他テンプレートと比較した場合のAFFINGER4の長所と言えます。

一応最近では、DigiPressのVoyageurなんかでは、
同じようにYouTubeにアップした動画を背景として設定できる機能はありますが、
トップページいっぱいに動画が表示されるクセの強いテンプレートであり、
現実的な選択肢としては、AFFINGER4のみになると思います。
Voyageurのデモサイト:http://demo.dptheme.net/dp13/

デザインはどうか?

AFFINGER4の販売ページには、デモサイトが用意されていますが、
これだとコンテンツが充実していない、カテゴリ一覧も見れないので、
デザイン的に、どうなのか?の判断ができません。

そこで、AFFINGER4のテンプレートを使ったサイトで、
クオリティの高いサイトがないか?探していたら、1サイトだけ発見しました。

サイト名:モテたいくらぶ。
URL:https://motetai.club

余談ですが、このサイトのドメインは「.club」を使われており、
サイトタイトルは、ドメインも込みで「モテたいくらぶ」とされているようですね。

>>サイト運営を行う上で最重要項目はドメインである
上記でも解説していますが、やはりクオリティの高いサイトというのは、
サイトタイトルとドメインは一致させています。
ドメイン戦略込みで考えても、クオリティの高い、いいサイトだな~という印象を受けます。
記事も、いくつか読んでみましたが、内容的に独自性があっておもしろく、
「すごい濃厚な記事ですね!」というコメントもついていました。

ちょっと脱線しましたが、肝心のデザイン性ですが、
ぱっと見問題なさそうに思います。

>>賢威7 新テンプレートの機能説明&このテンプレートが使えない理由
上記、賢威のレビューでは、スペースの使い方が下手という点を指摘していましたが、
そういうこともなく、見やすいテンプレートだと思います。


しいて言えば、右サイドバーのサムネイル付きの記事一覧の部分で、
若干無駄スペース(赤枠部)が多いかなという印象をうけますが、
これくらいのスペースなら許容範囲だと思います。

 
ちなみに、無料版のSTINGERはどうか?ですが、
テンプレートの販売者さんのブログがSTINGERですので、これを見てみます。

サイト名:ENJILOG
URL:http://rentalhomepage.com/


やはりきれいですね。これも問題なさそうです。

AFFINGER4と見比べてみても、あまり変わらないと思うので、
やはりAFFINGER4は、機能面でのアップデートと言えそうです。

たくさんの人が使っているという安心感が最大のメリットか

私が考える、AFFINGER4の最大のメリットは、
無料版のSTINGERを、たくさんの人が使っている、
という点にあると思っています。

基本的にSEOというのは、正解は、Googleのみが知り得るわけで、
Google以外の人間には、どうやれば上位表示できるのか?
という正解は、知るすべがありません。

上位表示は、基本的にはコンテンツの良し悪しで決まるわけですが、
ソースの記述方法など、テンプレートの内容によっても、
少なからず、順位決定の要素には入っていると思います。

なので、できれば上位表示に有利なテンプレートを選びたいわけですが、
ここで、使っている人が少ないテンプレートとなると、多少不安があるわけです。
もしかしたら、ソースに変な記述があり、それが原因でペナルティを受けたかもしれない。

そうなった時に、使っている人が少ないと、
テンプレートが原因で、ペナルティを受けたのか?の切り分けができません。

でも、たくさんの人達が使っているテンプレートなら、
つまり、100人がペナルティを受け、その人達がみんな同じテンプレートだったら、
テンプレートが悪い、という切り分けができます。

たくさんの人達が使っているということは、
それだけたくさんのフィードバックが受けられている状態なので、
正解がわからない中でも、それを探る情報が豊富ということであり、
SEO上、有利である可能性が高まります。
なので、テンプレートというのは、できるだけ多数派に乗っかっておいた方が無難です。

これが、AFFINGER4の最大のメリットではないかと思います。

まとめ

AFFINGER4とSTINGERの違いについては、上記でレビューしている通り、
YouTube背景以外の機能については、あまりメリットを感じません。

機能面については、トップページに任意の固定ページ挿入機能や、
Googleアドセンスも簡単設定機能については、
この機能がなくても、他の方法で同じことができます。

noindex化や、広告追従については、プラグインで実装できます。
ただ、AFFINGER4の場合は、管理画面で簡単に設定できるので、確かに便利ではあるのですが、
プラグインを使う場合でも、作業頻度としては、一度やればいいだけのことであり、
この作業が頻発するわけではありません。
その作業が頻発するなら、それを簡易化できればメリットとなりますが、
そいういうわけではないので、これを簡易化しても、あまりメリットを感じません。

また、ランキング作成機能や、固定ページの内部リンク設定機能については、
一度HTML文を作ってしまえば、その後はHTML文をコピペして少し変えればいいだけなので、
やはり、あまりメリットを感じません。
むしろテンプレートに依存しないサイトにしたければ、
多少面倒でも、後々のことを考えると、HTML文で記述した方がいいと思います。

YouTube背景機能については、これはいい機能だと思いますが、
向き不向きがあり、コンテンツ重視のサイトでは不向きなので、
万人に対してメリットがある、というわけではありません。
YouTubeを背景にしたい人であれば、購入を検討してもいいと思いますが、
コンテンツ重視のサイトの人は、使わない機能だと思います。

テンプレートのクオリティ、SEO面での信頼性は高いですが、
無料版のSTINGERでも、このメリットはあるので、これで十分かなと思います。

もし、STINGERが無ければ、AFFINGER4は買いだと思いますが、
STINGERが無料で使えるなら、私ならこれを使うと思います。

ということで、クオリティの高いテンプレートを無料で配布する、という、
とても良心的な行動により、今回のAFFINGER4は不要という判断になってしまう、という、
ちょっと心苦しいレビューとなってしまいます。

ただ、今回の商材は、テンプレート以外にも、レビューはしていませんが、
「稼ぐサイトの設計図」という、サイト構成に関するマニュアルもついており、
さらに価格としても5千円と割安なので、この点が気になる方は、購入してみてもいいと思います。

と、上記まででレビューが終わっていたのですが、
なんと・・・

STINGERの公式ページを見てみると、
STINGERの無料配布が終了していました、、、orz

ということで、ブログ運営を始めるならAFFINGER4は、おすすめなので、
これからブログ運営を始める人、
現状他のテンプレートを使っている人は検討してみてください。

AFFINGER4販売ページ:稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

おすすめ記事

1

目次1 管理人のFX月間損益報告のまとめ2 実績のない商材を買うことの恐ろしさとは?3 「後出しじゃんけん」でよければ、実績の捏造(ねつぞう)は簡単4 信頼度の高い実績とは?5 どうやって勝てるように ...

2

※現在はローマ字ドメインに変更しています。変更した理由は、以下記事で書いています。 >>sedoで70万円のドメインreview.infoを購入&日本語ドメインからローマ字ドメインに変更した理由 私は ...

3

※現在はreview.jpに変更しています。変更した理由は、以下記事で書いています。 >>お名前.comの.jpドメインオークションでreview.jpを30万円で購入しました これまで私は、レビュー ...

-アフィリエイト

Copyright© review.jp , 2017 All Rights Reserved.